不倫は純愛

忘れられない不倫の恋の忘れ方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
別れた彼氏と復縁したい

生涯不倫を覚悟したり、奥さんから略奪して不倫相手との恋を成就させる方も確かにいらっしゃいますが、ほとんどの場合不倫は「一時的な恋」です。
多くの方が、不倫相手との切ない別れを経験しています。

もう終わってしまった恋なのだから、相手への未練を断ち切りたい。
そう思っては居ても、なかなか失くせない切ない想い。
どうすれば楽になれるのでしょうか?

不倫相手の彼にこんなに執着してしまうのは何故?

不倫恋愛の大きな特徴として、「情熱的な愛情を相手に注ぐ」ことが挙げられます。
人間とは、禁止されている事ほどやりたくなり、手が届かないものほど欲しくなります。
既婚の彼が、妻よりも私を選んでくれたら…今の家庭を捨てて私と一緒になってくれたら…その先には、至上の幸福が待っているような予感がするようになります。

平坦な道のゴールよりも、困難な道のりの果てにあるものの方が、より価値があるに違いない。
辛い思いをすればするほど、今更引き返すなんて出来ない、このまま突き進めば、幸せな未来が待っているはず。
そんな風に思い込み、既婚の彼との恋愛にズブズブにハマっていきます。
不倫期間が長ければ長いほど、失恋した時のショックは大きくなります。

全てをかけて愛した彼との別れを、到底受け入れることが出来ず、心がひたすらに苦しいです。
もう忘れた方がいいと分かっているのに、忘れられない、引きずってしまう、苦しくて悔しくて辛くて、心がドロドロに溶けてしまいそう…。
その心を楽にする方法をこれからご紹介しますので、是非じっくり読んでみて下さい。

読書する女性
uranaiadb1

本を読む

まずは「不倫」を体験した自分自身と、距離を置くことです。
その経験からくる感情に心が縛られている間は、前向きな気持ちになることは出来ません。
不倫以外の事を考えるようにしましょう。

手っ取り早くて簡単なのは、本を読むことです。
本屋に平積みで紹介されている話題の図書でもいいですし、タイトルが気になるからとか、表紙が可愛いからとか、そんな本でもいいです。
難しい本を読む必要はないので、自分が興味を持って、物語に入り込めるような本を選びましょう。

当然ですが、不倫がテーマの小説なんかは読まないようにして下さい。
本には、人を物語の中に引き込ませる力があります。
ファンタジー小説や、ライトノベルでも構いません。
まるで自分が本の中に入りこんで、登場人物の一人になっているかのように感じます。

物語に浸っている時間は不倫のことを忘れていられますし、読後は本の内容と自分の現状を比べることで、改めて自分自身を見つめ直し、自分の「理想の生き方」「理想の恋」について考えることが出来ます。

旅行に行く

また、旅に出るのも良い方法です。
見たことのない風景や食べ物、旅先でのちょっとした出会いは、辛い思い出を癒し、新しい出来事に目を向けるきっかけになります。
大げさに遠くへ行かなくても、ちょっと電車に乗って隣県へ行くだけでもいいんです。

仲の良い友人と連れ立って行くのもお勧めです。
信用出来る相手なら、旅行先で失恋したことを相談しましょう。
他に誰も居ない場所なら、お互いにゆっくり話が出来ますし、思う存分語り合うことが出来ます。
「傷心に浸るのは今日まで!明日からはまた観光を楽しんで、すっきりした気持ちで家に帰ろう」と決めれば踏ん切りもつきます。
「いつもとちょっと違う環境」に自分を置くことで、気持ちを切り替えるスイッチが入ります。

旅行に行く
uranaiadb1

実家に帰る、兄弟に会う

「不倫に失恋した後に実家に帰っても、気まずいだけ…恋愛関係の事を親に聞かれたりしたら鬱陶しいし、家族になんて会いたくない」と思われる方は多いと思います。
しかし、そんな時ほど実家に帰るべきです。

終わったはずの恋を忘れられないのは、現実を受け止めきれていないから。
心のどこかで、「まだ彼と居たかった」「もしまた彼が戻って来てくれたら」と期待しているから、気持ちの整理が出来ないんです。

少し荒療治ではありますが、実家に帰り、母親に「恋人はいないの?」「結婚はまだなの?」と言われましょう。
思わず耳を塞ぎたくなりますが、そこをぐっと我慢!

逃れられない「現実」を鼻先に突きつけられることで、それを「受け止めざるを得ない」状況に自分を追い込んで下さい。
それに、「恋人なんていない」と口に出せば、案外そのことがストンと胸に落ちてきたりするものです。
「ああ、もう本当に終わってしまったんだなぁ」と自分の中で決着がつかなければ、忘れることは出来ません。
別れを受け止め、納得することが、恋を忘れる為には絶対必要です。

むすび

不倫の恋をしている間は、とろけるように甘く、夢のように幸せな時間を過ごしたことでしょう。
未練を感じてしまうのは仕方のない事です。
しかし、相手と別れると決めたのなら、スッパリその想いは捨て去らなければいけません。
思い出だけは大切に、相手の事はもう忘れてしまいましょう。
新しい恋が、あなたを待っていますよ。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談