不倫は純愛

「だから不倫は止められない」不倫を繰り返す男の本音4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族を悲しませ、妻を泣かせることをしていると分かっていても不倫を止められない男性は沢山います。
なぜ不倫を止められないのでしょうか?

何度言っても外に女を作ることをやめない夫に、妻はウンザリしてしまいます。
「うちの夫は女好きだから」だと思いますか?いえいえ、それは違います。

男性が不倫を繰り返してしまうのには、実は深い理由があるのです。
叱られても痛い目を見ても、それでも不倫を止められない男性の心理をご説明いたしましょう。

多くの子種を残したい、男の本能

女性が一生のうちに産むことが出来る子供の数には限りがありますが、男性はその気になれば死ぬまで子作りが可能です。

出来るだけ多くの子種をこの世に残し、子孫を繁栄させたいと望むのは古来よりの男性の本能です。
結婚をしたからといってその欲求がおさまるわけではありませんし、性欲だって常にあるのです。

妊娠中や子育てに夢中になっている妻相手だけでは欲望が満たされず、家庭外の魅力的な女性についつい手が伸びてしまうのは仕方のないことかも。

不倫相手女性を性欲解消の相手として見ているのか、それとも本当に愛情を持って接しているのかは、実は男性自身にもよく分かっていないのです。

体を重ねれば重ねるほど相手に対する情が湧いてきますし、離れ難くなるもの。
不倫の愛情とセックスは常に表裏一体なのです。

uranaiadb1

女性を支配する「快感」がたまらない

共に家庭を作り、支え合う妻の存在は、恋愛相手というよりはもはやパートナーと言えます。

結婚という契約を交わして一生を共にする相手ですから、毎日付き合う妻との立場は自然と対等なものになります。
しかし本来男性は、他者を支配し束縛したいという欲求を持っています。

特に女性に対しては、自分の言うとおりに相手を従わせ、優位な立場に立つことに快感を感じます。
自宅には家守ってくれる妻がいて、外には自分の支配欲を満たしてくれる女がいる、という状況は男の永遠の憧れです。

結婚しても家庭に縛られたくない、自分で付き合う女性を自由に決め、女性を従わせてコントロールしたいと考えているのです。

恋愛に浸っている間は現実から逃避出来る

独身時代はお金の管理も休日の使い方も自分の好き勝手に出来たし、仕事で辛いことがあれば同僚や友人と朝まで飲み明かしたり風俗に行って思いっきり不満を発散することが可能でした。

しかし家庭を持つとそうはいかず、「不平や不満は家族に癒してもらわなければいけない」という義務感に縛られます。

しかし「~しなければいけない」という制限がある環境で、男性の疲れが癒されるはずはありません。
気分に任せて好きな物を食べたいと思っても、妻の料理の味付けが好みに合わなくても、それを口に出すと妻を不愉快にさせるだろうしと気遣って言いたいことも言えない。

どんな男性でも必ず、家庭内でもストレスを溜めているのです。
しかし不倫恋愛にハマっている間は、まるで自分が独身の頃に戻ったかのように錯覚することが出来ます。

好みの女性と、誰にも秘密で恋愛をする。
誰にも秘密ということは、どんな自分で居ても良いと言う事です。

思うままに振る舞う解放感、女性と愛し合う満足感は、男性を現実から解放し癒しの世界へ導きます。
その心の潤いを手放すことが出来ず、不倫を繰り返してしまうのです。

uranaiadb1

女性と付き合うことで自己承認欲求を満たす

特に若くして結婚した男性は、「自分はまだまだ女性にモテるはず」というモヤモヤをずっと抱えています。

妻が自分を愛してくれていることは分かっているけど、他の女性も自分を好きになってくれるハズだと信じているのです。

そんな落ち着かない気持ちで居る時に、妻以外の女性から「○○さんってカッコイイですよね」なんて言われたら、ついついその気になってしまいます。

不倫恋愛に発展し、不倫相手の女性とセックスをし心も体も満たし合っていることを実感することで「自分は男としてまだまだイケている」という自己承認欲求が満たされるのです。

仕事をし、家庭を持っている男性は自分に自信満々なんだろう、というのは女性の勘違い。
「結婚をしても、子供を産んでも、いつまでも女として見られたい」と女性が望むのと全く同じことを男性も考えているもの。

不倫相手の存在は、男性にとっての自信につながるのです。

むすび

どんなに叱られても咎められても、懲りずに不倫を繰り返すのにはそれなりの理由があるのです。

逆に言えば、男性が不倫に求めているものを全て妻が満たしてあげることが出来れば、不倫を止めさせることが出来るかもしれないということです。

夫が肉体的にも精神的にも満足するセックスをし、毎日の支配権を与え、時には現実を忘れられるような夢のようなデートをし、家の中で充分に夫を認めて褒めて承認欲求を満たしてあげる。

かなりの努力が必要ですが、どうしても夫の不倫を止めさせたいのであれば、これが一番確実な方法です。
夫の不倫に悩んでいる女性の皆さまは、是非参考にしてみて下さい。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談