不倫は純愛

付き合う前のメールで注意したい7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想い人と恋愛関係になれるかどうかは、それまでのメールにかかっています。
メールを上手に使って距離を縮め、2人きりのデートや、その先のお付き合いに繋げましょう。

好きな人との恋愛を発展させる為のメールテクニックを7つご紹介致します。
是非参考にして下さいね。

じっくり読んでほしいから、朝より夜に送る

朝起きてまず考えるのは、大好きなあの人の事。
昨日の話の続きをしたいし、「おはよう!今日も頑張ろうね」と一言メールを送りたくなるかもしれません。

でもそれ、ちょっと待って!
朝は忙しい時間帯です。
特に男性の場合は、時間が許すギリギリまで寝てたいと思う人も多いものです。
起床後はさっさと身支度を整えて家を出て、いつもの電車に乗らなければいけません。

1分1秒すら惜しく、メールの着信を確認するのすら煩わしく感じるのです。
メールは朝ではなく、仕事が終わって帰宅し、くつろいでいる夜に送る方がじっくり読んでもらえますし、返信をもらえる確率も高くなります。

相手からのメールには即レスが基本!

相手が自分に気があると分かっているのならともかく、お互いの気持ちが分からない場合に「焦らしテク」を使ってはいけません。

「返信は3通に1通」とか「少し時間を置いてからメールをする」なんていうのは、お付き合いが始まったばかりの頃に相手の気を引くためにやるのが一番効果的なのです。
付き合う前は、基本的に即レス!どんどん返信して、沢山メールするほど相手との仲は親密になっていきます。

メールの個性は自分ではなく相手に合わせる

顔文字や絵文字を使う頻度、写メを添付するかどうかなどの「メールの個性」は相手に合わせましょう。

「絵文字を使わなきゃいけない」「頼んでもいないのに写メが送られてくる」なんていうメールは、相手にストレスを与えてしまうからです。
デコレーションだけではなく、メール本文の長さも出来るだけ相手と同じ程度の揃えるようにすると、相手はメールを送りやすく、あなたに親近感を持ってくれるはずです。

ネガティブな内容は絶対にNG!

仕事で失敗した時や落ち込む出来事が合った時、好きな人に話を聞いてもらいたい、励ましてもらいたいと思うでしょう。
お付き合いが始まった後はお互いの素直な気持ちを伝えあうことで関係は深まっていくので、多少ネガティブなメールを送ってもOKですが、付き合う前にそのようなメールを送ってはダメ。

明るく、可愛らしい自分を相手にアピールしなければ、お付き合いには繋がりません
気持ちが落ち込んでいる時は下手に連絡を取ろうとせず、ゆっくりお風呂につかる、早めに寝てしまうなど気持ちをリラックスさせて、早く元気になって下さいね。

uranaiadb1

メールは3日に1通で充分

メールを沢山送るほどに仲良くなる…とは言っても、毎日メールを送るのは流石に重すぎます。
かと言って、メールの数が少ないといつまで経っても二人の仲は進展しません。

目安は、「3日に1通」です。
同じ会社で働く彼なら「お仕事お疲れ様でした、○○さんが飲み会を企画しているそうなので、そのうちお誘いがありそうですよ」、そうで無い彼なら「週末のテレビに、○○(相手が好きなタレント等)が出演するそうですよ!」と当たり障りのない情報を送って、相手の様子を伺いましょう。

メールで送る話題をゲットするために、アンテナは常に広く張っておいて下さいね。

相手から返事が来なくても気にしない

折角メールを送ったのに返信が無いと、落ち込んでしまうかもしれません。
でも、目標は「メールの返信をもらうこと」ではなく、「相手と恋仲になること」です。

1度や2度メールを無視されたからと言って、いちいち凹んでいてはダメです。
返信をもらえなくても、相手は必ずメールを読んでくれています。
特に男性の場合は、「後で返信しようと思っていたら、そのまま忘れてしまった」というのはよくあることです。

不倫を疑われるような内容は送らない、恋人ぶらない

相手のことがどんなに好きだからと言っても、メールでその思いを伝えてはいけません。
誰かに見られて困るようなメールを既婚者に送るのは相手の迷惑になります。

また、仲良しになれたとしても、恋人に送るようなイチャイチャメールや、他の人に嫉妬する内容もNG。
「安心してメールが出来る距離感」がなければ、警戒されてしまいます。
ラブラブなやり取りをするのは、恋人同士になってからのお楽しみにとっておきましょう。

むすび

好きな人にメールを送るのは楽しいし、ドキドキする時間ですよね。
ついつい感情が盛り上がってしまい、NGメールを送ってしまわないよう注意しましょう。

メールは相手の顔が見えないので感情が伝わりにくいのが欠点ですが、逆に考えれば「妄想」を膨らませやすく、恋愛感情を発展させやすい便利なツールです。

例えあなたがスッピンでくしゃくしゃの部屋着のままでも、メールの中でならキラキラ輝く「良い女」を演出できちゃうんです。
「もしこの子と付き合ったら、良い思い出を沢山作れるんだろうな」と思ってもらえるような、明るくてポジティブなメールを沢山送って下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談