不倫は純愛

すべては腕次第?不倫相手の女性が喜ぶセックステクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手を夢中にさせるには、やはりセックス!

優しさや男らしさをアピールしたりというコツコツとした努力も必要ですが、その点が多少物足りなくても、気持ちいいセックスをしてくれる男性とはやはり離れられないのが女性の本音。

しかし、残念なことに、女性がどうすれば気持ちよくなれるのか、ということを勘違いして覚えてしまっている男性が多いのです。
その誤解を改め、不倫相手の女性をメロメロにさせるセックステクニックを身に付けましょう。

女性にとってのセックスは、ホテルに入る前から始まっている!

女性と男性とではセックスに対する考え方が違う、というのは周知の事実ですが、どれほど違うのかというと、スタート時点から違います。
男性からしてみれば、セックスと言うのはホテルの部屋に入ってから始まるものですが、女性は違います。

ホテルに入る前、デート中から女性にとってのセックスは始まっています。
デート中、嬉しい言葉をかけてもらったり、目が合ったり、手を繋いだり…その仕草1つ1つで、女性は感じることが出来ます。

男性から「愛されている」ということを実感する度に、「この人に抱かれたい」と気分を高めていくことが出来るのです。
男性からすれば理解できないことかもしれませんが、これは本当です!

最終的にホテルに至るまでに、いかに女性を感じさせることが出来るかによって、ホテルで体を重ねる時の感度が違ってきます。
信じられませんか?

これを理解出来ない男性はモテません。
試しに次のデートでは、ホテルに入る前から「セックス」を意識してみて下さい。

相手の目を見つめて見たり、手を繋ぎながら指で彼女の手を愛撫したり、好きだよと囁いてあげて下さい。
ホテルでの感度が、驚くほど違ってきますよ。

激しくすればいいというのは勘違い!

これを勘違いしている人が本当に多いのですが、セックスは激しければいいというものではありません。

乳首をつまむ力が強すぎ…
膣内で乱暴に指を動かさないで…
腰の動きも激し過ぎ!
ちょっと落ち着いてー!

と言いたくなる男性が多すぎます。

でも、女性からはなかなか言い出しにくいんです。
勿論、体への刺激は快感を引き出しますが、女性にとってもっと重要なのは「脳で感じる」ことなのです。
いやらしいシチュエーションや、男性のエッチな仕草や言葉を感じて、徐々に感度が上がっていくのです。

激しく突けばいい、かき回せばいいというものではありません。
いきなりガッつくのではなく、「焦らす」というテクニックを覚えて下さい。

乳首を摘まむ前にわざとその周りをいじる、膣の入り口を浅く行き来する、挿入する前に「これが欲しいの?」「どうして欲しいの?」と、羞恥心を刺激しながら焦らす…等々。

面倒だと思わずに、そのひと手間をかけて下さい。
焦らされれば焦らされるほど、脳内感度がぐんぐん上がっていきますよ。

uranaiadb1

新しいオモチャや体位は、女性を怖がらせない程度から始めて

不倫セックスというのは、普段のパートナーとは出来ないアレコレを試したくなりますよね。
パートナーとは出来ないような恥ずかしい体位や、使ったことがないアダルトグッズに挑戦したくなるのは男女共通です。

しかし、エロ本やAVで色々勉強している男性に比べて女性は知識が少ないですし、経験豊富なAV女優と、ただの一般人でしかない不倫女性は全く違います。

女性にとってやはり直接体を弄られる行為である以上、どんなことでも初挑戦は怖いものなんです。
新しい体位に挑戦する時は「痛かったら言って」「無理はさせないからね」と一言かけて下さい。

オモチャを使う時は、いきなり体に当てたりせず、「これ使ってみない?怖くないようにするから」と安心させてから使って下さい。
女性は、恐怖心や不安な気持ちになると、素直に感じることが出来なくなります。

快楽よりも、怖いという感情の方が先に出てくるからです。

「ヤってるうちに良くなる」なんていうのは男性の一方的な勘違い!
女性を怖がらせないように、安心しながら楽しめるセックスを心掛けて下さいね。

ピロートークも大切に

ピロートークというのはご存知の通り、セックスの後2人でイチャイチャしたりお喋りを楽しむことです。
長く付き合っている不倫カップルだと、この時間がおざなりになってしまっているのではないでしょうか。

セックスが終わった後なのだから、お互い何をしていても関係ないだろう、というのは大間違い。
長く付き合える不倫カップルこそ、この時間を大切にしています。

このピロートークを、どれほど充実した幸せな物にできるかで、セックスの満足度も変わってくるというもの。
お勧めピロートークは、「お互いの良いところを褒め合う」「セックスの感想」「次のデートの約束」等。

愛し愛されていることを実感できる内容が良いでしょう。
「ヤり終わったんだし、さっさと着替えて帰りたい」なんて言わず、是非ピロートークを楽しんで下さい。

むすび

男性と女性ではセックスに対する感じ方が違うとはいえ、やはり不倫カップルにとってセックスは重要なコミュニケーションですから、大切にしたいもの。
お互いにもっともっと気持ちよくなるセックスで感じ合って下さいね♪

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談