不倫は純愛

悪用厳禁!不倫男性の本心を確かめる6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってしまうのは怖いけど、どうしても知りたい、相手の本音。
私は本当に愛されているの?
このまま彼とズルズル不倫関係を続けていてもいいの?
彼は本当に私と結婚する気があるの?
私の将来はどうなるの?
考えれば考えるほど泥沼にハマってしまいますよね。
彼の本心、本当に知りたいですか?

彼の言葉やメールは信用してはいけない

例え何百回、何万回「愛してる」と言われても、それだけで信用してはいけません。
「今忙しいから、会えないんだ」
と言われて鵜呑みにしてはいけません。
本当にあなたのことを愛し、大切に思っているのであれば、忙しさを理由にあなたを寂しくさせたりはしません。

分かっているとは思いますが、彼は奥さんに嘘をついてあなたと不倫をしているのです。
信用できるのは言葉ではなく、彼の態度や行動だけだということを心に決めて下さい。

1.彼の行動を客観的に観察する

手帳や日記に、自分に対する彼の行動を徹底的に記録して下さい。
その際、彼から言ってもらった言葉や送られたメールの内容は一切書いてはいけません。

ただ「メールで連絡が来た」「30分電話した」「デートに誘われた」「映画館でデート、食事の後ホテルに行った」など、事実のみを箇条書きで書いて下さい。
これをしばらくつけていると、「デートはいつも同じところにばかり行っている」「最近メールも会う回数も少なくなったかも」と色んな事に気付くことが出来ます。

2.デートを断ってみる・連絡を絶ってみる

よくある手ですが、とても簡単で有効です。あなたから連絡がなくなったことで、彼が心配した様子を見せたり、何かあったの?と聞いてきてくれるようであれば、少なからず彼はあなたへ愛情を持っています。
もし彼から何の連絡もないのであれば、あなたに対して「別れても仕方ない」と思っているようです。

3.婚活を始めた・告白された、と言ってみる

婚活パーティに行ってみた(誘われている)または「○○くんに告白されて、付き合おうか悩んでいる」と言ってみましょう。
「そうなんだ、頑張ってね」「いいじゃん、付き合ってみれば?」等と言うようでは、間違いなくあなたのことを愛していません。
他の男性にとられても構わないと思っています。
本気であなたと結婚する気があれば、「どうして婚活なんてするの?」「そんな男さっさとフッてくれよ!」と怒ってくれるはずです。

4.あなたのことについて詳しいかどうか確かめる

彼はあなたに対して興味を持っていますか?
昔彼に話した内容や、あなたが好きな物、もちろんあなたの誕生日や出身地や仕事のことなどについて、本当に彼があなたのことを好きなら詳しく覚えているはずです。
彼との会話の中で「昔話したあのこと覚えてる?」とさりげなく聞いてみましょう。
覚えていなかったり、誤魔化すようであれば残念ですが彼はあなたに興味を持っていません。

5.エッチを拒んでみる

1か月間、エッチなしでデートしてみましょう。
誘われても、「今日はもう帰らなくちゃいけないから」「今夜はちょっと、ごめんね」等はぐらかすようにして拒否してみてください。
エッチをしなくてもそれまでと変わらない優しい態度であなたと会ってくれたり、デートの回数が減ったりしないようであれば、彼はあなたのことを大切に思ってくれています。

6.ズバリ!彼に直接聞いてみる

本当に奥さんと別れる気があるのか、どうしても気になるなら直接聞いてみてください。
いつ頃?私はいつまで待てばいいの?
と明確な時期まで詰めてみてもいいでしょう。
この時、彼が明確に「来月妻ときちんと話すつもり」とか「○○という弁護士に相談している」など具体的に話をしてくれるのであれば一安心です。
しかし、慌てて挙動不審になったり、話題を変えるように促してくるのであれば、彼は本気ではないようです。
ただこの方法は、あまり強く彼に詰めよってしまうと「重い女だ」と思われ、その後彼に距離をおかれてしまうかもしれないので注意して下さい。

絶対にやってはいけない確かめ方

追いつめられた女性なら一度は考えたことがあるかもしれませんが、「妊娠した」と嘘を言うのは絶対にやってはいけません。
いつかは嘘だとバレますし、その瞬間に彼はあなたの元を去ってしまうでしょう。

締め

もし彼が本気でないと感じたのであれば、あなたは彼とは別れるか、もしくは一生日陰の女として生きていくのか決断しなければいけません。
知ってしまう前より、もっと思い悩むことになるかも。
この方法を試すときは慎重に、よく考えてから試してみて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談