不倫は純愛

正しい聞き方は?男性の弱音や愚痴の相手をして距離を縮める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性はほとんどの場合、女性に対して愚痴を言ったり弱みを見せたりしたがりません。
常に女性よりも優位な立場にありたいと望んでいるからです。

でも、もし相手男性が愚痴をこぼし始めたら大チャンス!
彼の心に入り込み、今以上に仲良くなるよいきっかけになるはず。

でも、女性って愚痴を聞くのが下手なんですよねぇ。
男性と女性では考え方や話の仕方が違うので、仕方ないことではあるんですが。

彼に「相談して損した」「言うんじゃなかった」と思われないためにも、正しい愚痴の聞き方を覚えておきましょう。

愚痴を言うのは、信頼している証拠!

愚痴を言う男性なんて、女々しい!そんなの聞かされても困っちゃうし、なんて思ってはいけません。
実は男性自身も、「女性に愚痴を言うなんて情けない」という気持ちがあるんです。

それでも相手に話をしたいと思うのは、相手女性のことを信頼しているから。
他の誰にも内緒にしてくれそう、良いアドバイスをくれるかも、自分の話をしっかり聞いてくれそう。

または、自分のことをもっと知ってほしい、という気持ちもあるでしょう。
彼の愚痴に付き合わされるということは、それだけ彼に信用され、頼りにされているということなんです。

上手に愚痴を聞き、彼の気持ちをすっきりさせてあげることが出来れば、「この人といると気分が楽になる。また二人で会って話をしたいな」と思われ、二人の距離は間違いなく縮まります!

uranaiadb1

相手の話は最後まで黙って聞く

「大丈夫!私は人の相談に乗るの得意だし!」と仰る女性ほど、残念ですが相談相手には向きません。

何故なら、いわゆる「ガールズトーク」でのテクニックは男性には全く通用しないからです。

女性だらけの愚痴会と言うと、お互いの不平不満を言い合い、「分かる分かる!そういう時って頭くるよね~!私も前に彼氏に酷い事を言われたことがあるんだけど…」とお互いの「不幸自慢」をしつつ「私って可哀想でしょ?」マウンティングをする場所かと思います。
女性は何故か「不幸自慢」が好きですよね。

相手の話を聞いているフリをしつつ、自分の事について話し始めるキッカケ探しに夢中…そんなギスギスしたトークで、男性が癒されるわけありません。
男性が自信の弱音や愚痴を打ち明け始めたら、女性は徹底して「聞き役」に回るべきです。

相手の話に頷きながら、適度に「そうなんだ」「それは大変だね」「それで?」と相手が気持ちよく話せるよう相槌を打ちましょう。

アイドルが歌っているのに合わせて、コール&レスポンスを入れるのに似ています。
相手がもっとノッて話せるよう、相手の話をより深くまで聞き出せるように、自分は観客のつもりで聞き役に徹しましょう。
途中で話を遮るなんて持ってのほかですよ!

アドバイスはほどほどに

男性が話す愚痴と言えば、会社か家庭の事と相場が決まっています。
ハッキリ言ってですね、部外者である女性がその件についてアドバイスや助言をするなんてことが出来るわけがありません。

相手だって、女性に真剣に「相談」しているわけではないんです。
ただ溢れそうな自分の感情を言葉にして吐き出し、楽になりたいだけなのです。

くれぐれも出しゃばって「そういう時はもっとこうした方がいいよ」「次はああしてみたら?」なんてアドバイスをしないように。
かといって全く自分の意見を言わないと言うのも、本当に話を聞いてくれたのか、理解してくれたのかと男性も不安になるでしょう。

しかしそうであっても、「それは辛かったね…でもあんまり気にしない方がいいよ」「残念だったね…次はきっとうまく行くよ」とか、適当に励ましておけばそれで十分です。

男性が自分を頼ってくれたことが嬉しくなり、つい「よし、ここは相手の心に響くような良いアドバイスを言わなければ!」と張り切ってしまう気持ちは分かりますが、そんなことは誰も求めていません。

uranaiadb1

最後は相手を目いっぱい褒める

相手の話を黙って聞き、適度な相槌と適切な励まし、ここまで出来たらあと一歩。
彼が最も言って欲しい言葉で、相手を慰めましょう。
それはズバリ、褒めることです。

「○○さんはいつも女性に優しいから、女子社員は皆○○さんのこと、良いって言っていますよ」とか「いつも遅くまで残業してますよね、頑張ってること知ってます」「私はこの前、○○さんに助けてもらって、すごく感謝してるし尊敬しているんですよ」とか、もう何でもいいので相手の気分がアガるセリフを言ってあげましょう。

愚痴を言ってスッキリした後に女性に褒められたら、どんな男性だって気分が良くなります。
「私でよかったら愚痴くらい、いつでも付き合いますよ!」
これで解散!完璧です!
相手からあなたへの好感度は急上昇です。

むすび

愚痴を聞くときの正しい作法、しっかり分かって頂けたことと思います。
女性というのは男性に愛されてナンボ、好かれて損をすることはほとんどありません。
特に職場の男性というのは恋愛感情が無くても頼りにしたい、味方になって欲しい存在ですよね。
相手の愚痴をしっかり聞いて、ちゃっかり好感度アップしちゃいましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事

電話占い体験談