不倫は純愛

既婚者と付き合って後悔したパターン4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
既婚者男性と付き合って後悔

甘くて楽しい、そしてちょっと切ない既婚者とのお付き合い。
うまくやれば刺激的な恋の体験になりますが、失敗すると一生トラウマの黒歴史になってしまいます。
恋の結末をハッピーエンドに導くために、逆に陥ってはいけない「後悔ルート」を知っておきましょう。

長年付き合った不倫相手に最終的にフラれた

不倫を一時的なものとして楽しむ人がいれば、奥さんと離婚してもらい、略奪愛を狙う女性がいます。
相手の男性が魅力的であればあるほど、また思い込みやすく恋にのめり込みがちな女性が迷い込みやすいルートです。

既婚男性は、不倫相手と出来るだけ長く交際を続けるために「妻とはうまくいっていない」「いつかは離婚して君と一緒になりたい」という嘘をよく言います。
嘘であれ本当であれ、彼がそう言うのなら…と信じてしまうのが乙女心。

しかし何年経っても彼が離婚する様子はない。
気が付けば長い時間を不倫に費やしたままアラサーをとっくに越えてしまった。
このままではまずいと彼に真相を問い詰めると、「妻と離婚する気はない」と手のひらを返されてフラれる。

今更他の結婚相手を探すにしては年を取り過ぎてしまったし、出会いもない。
彼と幸せな結婚生活を夢見ていたのに、脆くも泡と消え、これからの人生に暗雲が立ち込める。
もしかして、私はもう結婚できないの?一生独身のまま?
しかし後悔しても時間は巻き戻せない、バッドエンドです。

不倫がバレて困る女性
uranaiadb1

周囲に不倫関係がバレた

不倫は周りに秘密にするもの。
しかしちょっとしたきっかけや、うっかり友達なんかに喋ったりしてしまうことで、不倫がバレてしまうことがないとは言えません。

不倫というのは、経験したことがない人からは白い目で見られたり、批判されることか多い恋愛です。
相手が社内の人間や、近所の既婚者であった場合などは不倫がバレたことによって、その後仕事を無くしたり引越しを余儀なくされることもあります。

頑張っていた仕事を辞めることや、愛着のある土地から引越しをすることに、強い後悔やストレスを感じてしまうでしょう。
不倫の証拠隠滅を怠ったり、つい友達に不倫を告白してしまう、うっかりさんがこの末路に進むことが多いです。

女子力が落ちた

不倫というのは本来、女子力が上がる恋愛です。
特に男性が年上である場合、彼に見合う女性になろう、奥さんよりも魅力的な女になろうと、必死の努力が必要になるからです。

見た目だけではなく、彼に会えない間も落ち込まないように努めることで心が強くなり、奥さんを妬んだり彼の家庭を嫉妬しないようにと考えることで懐が広く深くなっていきます。

しかし、この心のあり方を失敗すると、女子力だけではなく人間力が一気に低下します。
連絡をくれない彼に恨みつらみを重ね、奥さんの存在を嫌悪して憎み、どんどんネガティブな方向へ心が病んでいくのです。

精神的に病んだ女が不倫を続けられるはずはなく、当然やがて彼にも捨てられます。
そうなると一層呪いを募らせ、もう男なんて信用できない、恋愛なんて面白くない、と大切な「恋する気持ち」を無くしてしまいます。

恋をしない女性は、綺麗になれません。
人を想う心こそが、女性を美しく、魅力的に輝かせるのです。
ヤンデレ女に美人なし、ブスENDです。

不倫相手の子を妊娠
uranaiadb1

妊娠、そして…

不倫で悔やんでも悔やみきれない後悔といえば、やはり妊娠です。
既婚者の子供を妊娠してしまうと、その後の人生を大きく左右する重要な決断を迫られます。
不倫相手の妊娠をきっかけに奥さんと離婚、不倫相手の子供を一緒に育てて行く…という結末もなくはないのですが、残念ながらごく少数です。

子供は産みたいけど、シングルマザーとして育てていく自信も力もない…泣く泣く子供を諦め、残ったのは大きな後悔と彼に対する失望感だけ。
あの人と付き合わなければ、こんな思いはしなかったのに…。
しかし、絶望的に思えるこのルートには、一発逆転起死回生の裏技があります。
それは先程書いた、彼が離婚して自分のところに来てくれた場合。

もしくは、彼に子供を認知してもらってシングルマザーとしてしっかり自分の家庭を築くことです。
シングルマザーとして生きていくのは、当然楽ではありませんが、不幸とは言えません。
本当に愛する男性の子を産み、育てるというのは幸せな事です。
やがて子供の存在は、何よりも大切な宝物になります。
妊娠、という大きな出来事に直面しても、ぜひ諦めずに一発逆転を狙って下さい。
その前に、もちろん避妊は忘れずに。

むすび

不倫に限らず、何事にもメリットがあれば必ずデメリットがあります。
大切なのは、いかに不幸を回避してメリットのみを受け取り続けられるかということ。
不倫は二人でするものですから、お互い十分に気をつけながら交際していれば、今回紹介したようなバッドエンドは楽勝で回避できます。
不倫を怖いものだとは思わないで下さい。
相手にハマり過ぎず、誰にも秘密にして、心はピュアなまま、避妊は完璧にして、不倫を楽しんで下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事