不倫は純愛

彼女のイライラも頂点に!残念な彼氏にあちがちな4つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カップル口喧嘩

不倫恋愛というのは、特殊なお付き合いの形です。
バレてしまえば周りから後ろ指をさされるし、お互い将来どうなるのか分からない…。
結婚を前提に付き合っているカップルや、婚姻契約を交わした夫婦とは違い、いつ終わるかも分からない期間限定のお楽しみです。

でもだからこそ、相手と一緒に居られる時間を大切に思うし、恋人とは精神的に繋がっていることを実感できる、「濃い恋愛」です。
初めは彼女のことを大切に思い、出来るだけ傷つかないように、嫌な思いをさせないようにと気遣ってきたことでしょうが、最近はどうですか?

お付き合いがマンネリ化し、彼女に対して雑な態度を取ってしまっていませんか?
「残念彼氏」にならないように、いま改めて自分の振る舞いを見直してみましょう。

お金にだらしない

家庭ある男性にとって、不倫相手とのデート代を支払うことが負担になることがありますよね。
会うたびに彼女の分の食事やデート代を払ってあげていたら、お財布の中がスッカラカン!になってしまうことがあると思います。
そんな時、まさか彼女にデート代をオネダリなんてしていませんよね?

「お金がなくてデート出来ないくらいなら、私が払うよ」と言ってくれる彼女の優しさに甘えて、つい…なんて。
本当にお金が無い時、1度や2度なら彼女も許してくれますが、回数が多くなると問題です。
今は快くお金を出してくれるように見える彼女でも、お金がかかる「残念彼氏」からはいつか必ず離れていきます。

イチャイチャするカップル

女にだらしない

彼女とは結婚前提に付き合っているわけではない、あくまで不倫の関係。
そうであっても、彼女の前では「愛している」と口にしてあげましょう。
「どうせ彼女と結婚するつもりはないし、愛情をやり取りするなんて無意味だよね」と決めつけて、奥さんを大事にするそぶりを見せたり、他の女性に目移りをしたり、彼女に分かるように風俗に通うのもNGです。

女性からしてみれば、結婚出来ないかもしれない、しかも妻がいる男性と、リスクを覚悟で不倫をしています。
せめて嘘でもいいから、愛情くらい与えてもらえなければやり切れません。
不倫相手だからこそ、妻にかけるのと同じか、それ以上の愛情をもって接して下さい。
また、恋人が風俗通いをしていると知って、良い気分がする女性なんて絶対に居ません。
風俗に通うなとは言いませんが、それは妻にも不倫相手の彼女にもバレないようにして下さい。

セックスに執着しすぎる

男はどうして不倫をするのか。
それはやっぱり、「妻以外の女性とセックスをする快感」に夢中になるからかもしれません。
勿論、安らぎやときめきを感じさせてくれるから、とか、仕事や家庭から離れた非日常を味わえるからとか他にも理由はあるのでしょうが、やはりセックス抜きには不倫は出来ないもの。
しかし、だからと言って不倫相手にセックスだけを求めてはいけません。

女性が自分より年下である場合、年上の自分が彼女が知らないような性の快感を教えてあげたいとか、セックステクニックを仕込んで自分好みの女に育てたいとか、様々な欲望を感じるでしょう。
それは悪いことではありません。

女性にとっても、愛しい男性の好きな色に染められることは快感に繋がるからです。
しかし、それは「愛あれば」の話。
女性が嫌がるプレイを無理やり強要したり、セックスを目的にお付き合いをしているような態度は、女性をイラつかせるだけです。
彼女とよく話し合いながら、お互いが感じ合える、愛あるセックスを楽しみましょう。

女をものとして扱う

女を物として扱う

不倫慣れした男性に多いのですが、女性と不倫することを「カッコイイ」と思っている場合があります。
「結婚しても、まだ独身女性とお付き合いが出来る俺はカッコイイに違いない」
「不倫という禁断の恋をしている俺は、特別な存在に違いない」

こんな風に勘違いをして、不倫すること自体や、若い女性を連れ歩くことだけを目的に考えてしまう男性です。
確かに、既婚でありながらなお女性に言い寄られる、愛されるというのはとても特別なことです。
男性自身に、魅力がある証拠でしょう。

しかし、女性は男性のためのアクセサリーではありません。
自分の都合の良いように彼女を振り回していませんか?
もっと思いやりを持って、女性とのお付き合いを純粋に楽しむことは出来ませんか?
彼女のことよりも、自分の気持ちを優先してしまっていないか、一度良く考え直してみてください。

むすび

恋愛であっても夫婦関係であっても、男性がイニシアチブをとることは悪いことではありません。
しかし、男性の好きなように女性を振り回していいわけではありません。

相手の気持ちを考えず、自分の好き勝手に振る舞っていては、「残念彼氏認定」されてしまうのは当然です。
仕事と家庭があって、さらに他の女性との恋愛を楽しむというのは金銭的にも精神的にも、そして体力的にも負担が大きいことですが、その分得るものも多いはず。
相手女性を大切にして、「最高彼氏」になってくださいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事