不倫は純愛

妻が旦那にイライラする4つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦が「もう旦那に愛情を感じない」「もっと他に良い男性がいるのでは…」と思うきっかけは、やはり旦那にイライラし始めるから。

世の中の主婦はほぼ100%、何らかの理由で自分の旦那にイライラしており、他の男性の方が素敵だとか、元カレと結婚していれば…と多かれ少なかれ思っています。
主婦たちは何が原因で旦那にイライラしているのか、まとめてみました。

家事を「やらされている」気分になる

旦那は外で仕事をしてお金を稼ぎ、妻はその間家事をして家庭と夫を支える、その役割は、主婦は皆理解しています。
しかし、家事を「やらされている」と感じてしまう瞬間があるのです。

それはズバリ、夫が「家事に協力的でない時」
例えば週末、日用品の買い物に付き合ってくれると言ったのになかなか出掛ける準備をしない、自分で使った食器やコップを片付けない、トイレットペーパーが切れたのに替えずに出てくる、ご飯が出来たのにパソコンやゲームに夢中でなかなか食卓に来ない…等々。

ほんの小さなことですが、主婦は男性が考えるよりもずっと忙しい仕事。
何時までにあれをしてこれをして…と計画立てて動いていますから、ちょっとでも自分の仕事が増えたり、遅れたりすると本当に迷惑なのです。
子供じゃないんだから、自分で出来ることは自分でしてよ!と旦那にイライラしてしまいます。

自分の為に時間とお金を使えない

主婦にだって息抜きは必要です。
毎日毎日家の為に働くのは疲れるのです。

土日位休みたいと思っているのは当然ですが、それがなかなか出来ないのです。
何故なら、旦那が家にいるから。

どこかに出掛けたい、買い物をしたいと思っても、いちいち旦那を誘わなければいけない雰囲気があるのです。
さらに旦那に、「ウィンドウショッピングなんてつまらない」「外食は勿体ない」なんて文句を言われてしまったらイライラするのも仕方がありません。

土日はゆっくり休みたい、好きなことをして過ごしたいと思うのはお互い様。
お互いに譲り合って良い休日を過ごせるように心掛けるのが、いつまでも仲良し夫婦でいるコツなのです。

uranaiadb1

期待したとおりに行動してくれない

働いてお金を稼ぐのが男の仕事、それは間違っていないのですが、主婦は旦那にそれ以外の事も求めています。
紳士的であって欲しい、いつまでもカッコよくいて欲しい、家族を大事にして欲しい、子育てに参加して欲しい…。

「男は仕事が全て!」と思ってしまっている旦那さんは、妻をイライラさせます。
例えば自分の誕生日、どこか素敵なレストランで外食したいとかプレゼントを買ってもらいたいと、女性なら誰しも願います。
しかしその女心を理解出来ない男性は、「家でゆっくりケーキを食べる方が良くない?」「プレゼントは家計の中から出していいよ」なんて言って妻をガッカリさせてしまうのです。

結婚しても子供を産んでも、女性は「女として扱われたい」と望んでいます。
そうでなければ、自分は家政婦か召使のように扱われていると感じてしまうからです。
世の男性はもっと妻の女心を大切にし、期待に応えてあげる必要があるのです。

仕事の愚痴がしつこい

仕事をしていれば毎日沢山の愚痴が溜まるのは仕方ありません。
それを外で言うよりは…と、妻に話すことでストレス解消をしている旦那は多いもの。
勿論、旦那のケアをするのも妻の仕事の1つですから、多少であれば問題ありません。
正直言って、男性が外でどんな風に仕事をしているかは妻には分かりません。

「俺は優秀なのに、部下が使えなくて…」と旦那が愚痴れば、「本当に優秀かどうかは分からないけれど、とりあえず本人がそう言うのだから、聞いておこう」という広い心で受け止めているのです。

妻が黙って聞いていてくれるからと言って、調子に乗らないこと!
仕事の内容や職場でのことなど結局女性は理解出来ませんし、ハッキリ言って興味もありませんから、どれだけ喋られても本音では「つまらない」と思っているのです。
それでも旦那の為に、「つまらない話」を我慢して聞いているのです。

しかしそれが毎日毎日、家に帰ってくるなり仕事の話、では妻がイライラしてしまうのも当然です。
旦那はたまには妻に「君は今日、どんな風に過ごしていた?困った事とか、なかった?」と優しく聞いてあげましょう。

むすび

女性は元々イライラしやすい生き物なので、一緒に生活している旦那が自分の思い通りにならないと感じるとすぐにイライラを溜めてしまいます。
ただでさえ仕事で憂鬱な日々を過ごしている男性に、家に帰っても気を抜かず妻に優しく接しましょうとか気を利かせましょうと言っても無理な話だと思いますので、ここでは一つだけアドバイスを致します。

これさえ守れば、絶対に夫婦仲が悪くなることはありません!
それは「妻の話を聞くこと」です。

「今日、何かあった?」とか何か見つけたら「これどうしたの?」とか、なんでも良いので積極的に話しかけて、会話をしましょう。

女性が相手に親しみを持つには、「会話」が必要不可欠なのです。
会話が少なくなればなるほど、家庭の雰囲気は悪くなるし妻の機嫌が悪くなります。
自分の話をするばかりではなく、「妻の話を聞く」クセを付けて下さい。
妻を上手くコントロールに出来てこそ、「理想の旦那」です!

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事