不倫は純愛

「束縛されたくない!」不倫相手を束縛してしまう既婚男性の心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚男性にしつこく束縛されると、「ちょっと納得いかない」と思いませんか?

相手は妻が居るけれど自分としてはそれに納得してお付き合いをしているから「奥さんと別れて!」なんて一度も言ったことがないのに、「俺以外の男とは、絶対に付き合うなよ!」なんて相手男性に束縛されたら…。

「自分には妻が居る癖に、私と他の男性の仲を邪魔するのはどうして?」って思ってしまいますよね。
そんな我儘で子供っぽい既婚男性の心理を読み解き、対処法を考えましょう。

男女で違う束縛の仕方

まず知っておかなければいけないのは、束縛の仕方は男女で全く違うという点です。
女性は相手の「時間」を支配したがりますが、男性は「行動」「思想」を束縛する傾向にあります。

女性は「自分だけを見てほしい」「いつも一緒に居て欲しい」と、恋人に対して自分の存在感を示そうとしますが、男性はそうではなく「自分の思い通りに動いて欲しい」と女性に望みます。

恋人の女性が自分と同じように考えて行動してくれるように誘導し、縛るのが男性の束縛の仕方なのです。
「女性はこうあるべき」という、男性の価値観を押し付けられていませんか?自分でも気づかないうちに、あなたは彼に束縛されているかもしれません。

プライドが高い男の束縛

男性と言うのは総じてプライドが高い生き物ですが、女性が他人に対して自分の優位性を示そうとするのとは違い、男性は「自分自身が、理想としている在り方にどれだけ近づけるか」ということに躍起になります。

「俺はモテるに違いない」「妻も恋人とも上手く付き合ってみせる」「まさかフラれるはずがない」と強い自信を持ち、それを証明するために女性を束縛したがります。

この手の男性の特徴は、とにかく「マイルール」を沢山作ってそれを女性に押し付けること。
「家に帰り着いたら必ず連絡してね」「不倫デートだからって地味な服を着ないで、綺麗にして来て」「男と2人きりで会うのは禁止」等々、鬱陶しいくらいのルールで女性を縛り付けようとします。

そんな彼に束縛を止めさせるにはとにかく愛情表現を沢山してあげること。
「好き」「愛している」とマメに伝えることで彼の自尊心を満たしてあげます。
そうすると女性に次第に信頼を寄せ、ルールを減らしてくれるようになりますよ。

恋愛依存男の束縛

ストレスを抱えていて、さらに家にも職場にも居場所がない既婚男性は不倫に走りやすいのですが、その上恋愛依存に陥りやすいので注意が必要です。
既婚男性にとって恋人は、唯一癒しを与えてくれる大切な存在です。

辛い事や嫌なことがあればすぐに彼女に連絡し、愚痴を言ってストレスを吐き出したがります。
しかし不倫をしている後ろめたさと、恋人に対する申し訳なさもあって、思考は非常にネガティブです。

「こんなみっともない男から、彼女はいつか離れて行ってしまうかもしれない」と不安を抱え、なんとかして彼女を手放したくないと願うあまりに束縛してしまうのです。

しかし既婚男性が独身女性を束縛するのは、基本的にルール違反!お互いのプライベートには踏み込まないのが、不倫のルールです。
こんな男性には、不倫以外の息抜きを提案してみましょう。
スポーツや趣味などを紹介し、彼がそれに夢中になることが出来れば束縛から解放してもらえます。

uranaiadb1

自己チュー男の束縛

考え方が子供っぽく、女性の都合を考えない我儘男が存在します。
「俺と付き合っている間は、お前は俺の物なんだから、浮気厳禁!」と態度で示してくる既婚男性。

見栄っ張りで、カッコつけたがりなのです。
他の男性と少し仲良くしたり、男友達とLINEのやりとりをしただけでも激しく怒ってくるのが特徴です。
本気で彼女を愛していると言うよりも、「他の男に自分の彼女を盗られる」のが気に食わないのです。

こんな男性の束縛には、束縛で返しましょう!

「それなら、あなただって他の女の子を見ないでよ~」「私だけを愛しているって、言ってくれる?」と可愛らしくお願いして下さい。
この手の男性は、女性に頼られたりお願いされることが大好きで、「女性のオネダリを叶えてあげる俺、カッコイイ!」と思うタイプなので、言う事を聞いてくれるはずです。

むすび

不倫相手を束縛してしまう既婚男性の心理は、先程紹介した3パターンのどれかに必ず当てはまります。

自分の彼はどのタイプか、チェックしてみましょう。
女心の本音としては、ちょっとくらい嫉妬したり束縛したりして欲しいですよね。

それが愛されている実感に繋がることがあるからです。
しかし、執拗に女性のプライベートを詮索したり、携帯の中身までチェックしてくるようならちょっと考え物。
不倫相手を束縛するような既婚男性は、感情のふり幅が大きく、ちょっとしたことでカッとなる人が多いものです。

今、彼に束縛されているのなら今回ご紹介した彼の束縛を和らげる方法を是非試してみてください。
それでも彼の束縛が治らない場合や、暴力に近い程酷い束縛をされる場合は、厄介なことになる前に彼とは上手にお別れした方が良いかもしれません。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事