「このまま彼氏と付き合っていいの?」不倫に悩んだ時に考えたい5つのこと

不倫をしているとふとしたタイミングで「私はいつまで不倫恋愛を続けるんだろう」「このまま、彼と付き合っていてもいいの?」「私の将来はどうなるんだろう」と不安になり、不倫を続けることを悩む時期が必ずあります。

彼と本気で別れたいわけじゃない…でも、ずっとこのままかもしれないと思うと、胸が締め付けられるように苦しくなる。
そんな切ない感情の乗り換え方、お教えいたします。

彼と結婚する?しない?

まず、一番不安なことから解消しましょう!彼と本気で結婚する気が、あるのかないのか。
相手が既婚者の場合、離婚してくれるかどうかは、女性がいくら考えても分からないことなので考えなくてOKです。

自分自身が、自分の将来のことをどんな風に想像しているのかはっきりさせましょう。
不倫をしていると、「結婚のことを考えるのが怖い」「なんとなく、分からないままにしておきたい」という気持ちになりますが、実はこの部分が悩みの一番の原因です。

「彼のことは好きだからこのままお付き合いを続けたいけど、相手の家庭を壊してまで一緒になるつもりはない」というのであれば、それはそれでOK。
自分の本音をハッキリさせておくことで、将来に対する不安がなくなります。

「不倫のタイムリミット」を決めよう

結婚に対する悩みがすっきりしたら、次は「いつまで?」という不安を解消しましょう。

「このまま彼と付き合っていていいのか分からない」というのはつまり、「自分はいつまで不倫恋愛を続けるのか?」という迷いがあるということ。

自分の中で、現時点で考える「不倫のタイムリミット」を設定してください。
「あと2年」とか「今年中」とか、彼との区切りをつける時期を決めましょう。

「あと2年待って、それでも彼が離婚してくれないようであれば別れよう」「今年中は彼との不倫を楽しんで、来年からは新しい恋愛をしよう」と理由をつけて期限を決めることで、不思議と不安な気持ちが治まり、目の前の彼に集中できるようになります。
不倫に悩んだ時は、是非試してみて下さいね。

不倫

彼以外の男性とお付き合いしてみよう!

既婚者と付き合っていて不安になるのであれば、彼以外の男性とお付き合いをしてみることで「自分の本音」が分かります。

彼のどんなところが好きなのか、不倫恋愛が自分にとってどんな良い影響を与えてくれるのか、「他の男性との恋愛」をしてみることで改めて実感出来ます。

勿論、他の男性に浮気をしていることが彼にバレてしまうと大変なことになりますので、内緒にしておいて下さいね。
浮気と言わず、ふたりきりで出掛けたり、食事に行ってみるだけでも十分効果はあります。
悩んだ時の気晴らしだと思って、挑戦してみて下さい。

視野が狭くなってない?気持ちに余裕を持って

恋愛以外の部分で充実できる生活をしていれば、意外に悩むことは少ないものです。
不倫恋愛と、その他のバランスが取れていない人がストレスを抱えてしまいます。

ちょっと視野を広げて、彼以外の男性に目を向けてみてはいかがでしょうか?
既婚者とお付き合いをしていると、相手が家庭に束縛されている週末や長期休暇は一人ぼっちになってしまいがち。
そんな時に自分を楽しませてくれる他の友人や、一人でも楽しめる趣味を持ちましょう。

いつも不倫相手のことばかり考えているから、会えない時間が憂鬱になってしまうのです。
気持ちに余裕を持ち、不倫相手のことばかりではなく自分のことも大切にしましょう。

不倫相手に依存してない?

彼からの連絡を期待してずっとスマホを握りしめてしまったり、彼と一緒にいないとどうやって時間を使えばよいのか分からない、外出する気にもなれない…というほど不倫恋愛に依存している女性。

彼のことが好き過ぎるあまり、「不倫」という現実が悲しくて、このまま付き合っていて良いのかと、ネガティブな思想に陥ることがあります。

不倫恋愛を続けていく中で、「依存」は最もNG!
依存からくる「嫉妬」「不安」という感情は、お互いに悪い影響を及ぼしてしまいます。

自分が彼に依存しすぎていて、お付き合いを続けていくことにも悩んでいるというのであれば、思いきって不倫恋愛を少しお休みしてみましょう。

「仕事が忙しいから、これからはなかなか会えないかもしれない」と言って、彼から距離をとってみて下さい。

少し離れることで、自分にはやっぱり彼が必要だから、別れることは出来ない!不倫恋愛を続けていきたい!と、モチベーションを持ち直すことが出来ます。
彼と離れている間に新しい友達や趣味を増やして、依存する気持ちも解消することが出来れば一石二鳥ですよ。

むすび

女性が悩む時、ほとんどの場合その答えは決まっています。
「彼とお別れしようかな、どうしようかな」と悩んでいるうちは、「彼と別れたい」とは本気で思っていないもの。

大切なのはどうやって「自分の本音」を見つけるか、ということ。
そして、「気持ちの後押し」をしてくれる、ちょっとした出来事を得ることです。
自分の気持ちに素直になって、是非これからも不倫を楽しんでい下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。