不倫は純愛

既婚者も萌える!年下女子の可愛い行動7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うんと年上で、家庭を持っているしっかり者の彼が、年下の自分なんかに興味を持ってくれるわけないし、ましてや不倫なんて絶対にしてくれない…」いえいえ、諦めるのはまだ早いですよ。

不倫を始めるのに必要なのは「恋心」、つまりトキメキです。
年下女性ならではの「萌えさせテク」で、素敵な既婚男性をオトしちゃいましょう。

うっかりタメ口、若者言葉で話す

相手が年上だから、気を遣って常に敬語で話さなければいけない、と、正しい言葉遣いを意識するのは良いことですし、相手に好感を持ってもらえることですが、たまには「うっかりタメ口」で話してみる事をお勧めします。

ビックリした時に、「えっ!それ本当?」と思わず叫んでみたり、面白い話しに笑いながら「それ、ウケる!」と若者言葉を使いましょう。

頻繁に使うと「バカっぽい」「軽い」と思われてしまうので、本当にたまーに使うのがコツ。

また、大勢の前ではなく、彼と2人きりの時だけにして下さい。
男性は、年下の女の子が思わず使ってしまうタメ口に、「自分に懐いてくれているんだな」「今時の子の喋り方って、新鮮だな」とキュンキュンするんです。

頼る、甘える

男性は常に女性より強い自分をアピールしたいもの。
相手が年下女性となれば、なおさらです。
なんでも出来る彼に認められたくて、ついつい背伸びをしたり頑張り過ぎたりしてしまっていませんか?

実は、年上男性をオトしたいのなら頑張り過ぎちゃダメ!
無理な事や、自分一人で出来ないことは素直に彼を頼りましょう。
「○○さん、助けて下さい」とか弱い年下女性に可愛く懇願されて、喜ばない男性はいません!

適度に男性を頼るクセをつけましょう。
勿論、力になってもらったら、しっかりお礼を言いましょうね。

一生懸命やっても失敗しちゃう

同じ職場にいる、年下既婚の素敵な彼。
仕事で迷惑をかけてはいけないと一生懸命頑張っているのに、彼の目の前でミスをしてしまった!
ショックで引きこもりたい…なんて、落ち込む必要はあります。

男性から見て、「年下女性の失敗」なんて、むしろ可愛いくらいです。
若い頃は誰だってミスをするし、一生懸命やっても全てが上手くいくわけではありません。

しかし、「頑張っている姿勢」というのは必ず相手に伝わっています。
失敗を怖がらずに、彼の前ではどんなことでも一生懸命頑張りましょう。

機嫌が良いと思い切りはしゃぐ!

年下女性の愛らしいところ、それは感情表現が素直で豊かなところです。

何があっても動じない、すっかり落ち着き払っている女性というのも品があって良いものですが、男性にとって「萌え」なのは、やはり素直で明るい女性。

一緒に食事に行ったときに、「これなんですか?初めて食べました、美味しい!」とオーバーリアクションをしてくれたり、「今日はとっても楽しかったです!今度またご一緒させてください」と大げさなくらい喜ぶ様子を見せられたら、悪い気がしないのは当然です。

意中の彼の前では、喜びの感情は大げさなくらいの態度で表現しましょう。

意外にしっかり者、というギャップをアピールする

「ギャップ」に萌えるのは、男も女も同じです。

年下でまだ少し頼りないと思っていた彼女が、実はPCの扱いに凄く詳しかったり、実は読書家で本を沢山読んでいたり、ひ弱そうに見えて実は運動部出身でマラソンが得意!というギャップがあったら、男性は興味を持たずにはいられません。

「こう見えて、実は私、○○なんですよ!」と彼にアピールできるギャップがあったら、どんどん見せて行きましょう!

年上男性を立ててくれる

年下女性は、男性の隣に並ぼうと思わないこと。
常に一歩引いたところから、男性を立てる言動を心掛けましょう。

年齢差が原因で彼の好みや知識を古いと感じても決してそうは言わず、「そういう考え方もあるんですね、勉強になりました、もっと色々教えて下さい」と、男性を立てる物言いをして下さい。

年下女性に褒められれば、彼のハートはキュンとしちゃいます。

年上男性を励ます、慰める

「自分より年下の女性から慰められるなんて、男としてのプライドが許さないのでは?」その考えは大間違いです。

年上の彼は、思っている以上に多くのストレスを抱えています。
彼に甘やかされる事ばかり考えず、彼が疲れている時は積極的に彼を癒してあげましょう。

男性だって、いくつになっても誰かに甘えたいと思っているのです。
「お疲れなら、マッサージしましょうか?」「私で良ければ、愚痴を聞きますよ」という、心遣いの声掛けは積極的にしましょう。

むすび

いかがでしたか?年下女性そのままの姿で、充分「萌え」なんだと分かって頂けたと思います。

年上の彼に近づきたいけどなんとなく近寄りがたいとか、年下の自分があまり出しゃばったら迷惑かもとか、失礼になるかもとか、余計なことは考えなくてOK!

年下らしいはつらつとした魅力で、どんどん彼にアプローチしていくべきです。
男性は年下女性の事を好ましく思うものですし、可愛がりたいと思っています。
自信を持って、自分らしく彼にアピールして下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事