不倫は純愛

いつも2番目の女になってしまう女性の特徴8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫恋愛は、決して「2番手に甘んじる」というものではありません。
愛がなければ、不倫は成立しないのです。

妻と同じくらい愛されている、ただ、彼との付き合い方が違うだけ。
「2番手でもいい」というのはあまりに悲しい恋愛です。

この、「2番手という立場に甘えてしまう女性」「本命として扱われず、いつも2番手になってしまう女性」には共通する特徴があります。

性格ブスの外面美人は2番手

男性が、本命彼女にしたい、いつか妻と別れて結婚したいと思うのは、美人でなくても性格が良い、気配り上手な女性です。

いつも既婚男性の単なる浮気相手、2番手にされてしまう女性は、顔が美しくても性格にどこか欠点があります。

男性は、浮気相手には多くを求めず、ただ顔がよければ良い、セックスの相性が良ければいいと思っているのです。

本命の不倫相手になりたいのであれば、見た目だけでなく性格も磨くように心掛けましょう。

人付き合いが良くて場に流されやすい

2番手にされてしまう女性は、とにかく場の雰囲気に流されてしまいやすいのが特徴。
男性から強く言われたり、ノリで誘われると断れません。

自分が断ることで相手を不快にさせるのも申し訳ないと思い、「2番手」の立場を受け入れてしまうこともあります。
不倫は純愛第一!ノリや勢いでセックスをするのではなく、お互いを愛し合える不倫をしましょう。

男性に対して警戒心がない

本命彼女になりたいのであれば、たまには男性を疑う心が必要です。
男性を信じすぎ、言いなりになってしまう女性は、遊びの不倫を繰り返す既婚男性に振り回されてしまいます。

「この人は本当に私を愛してくれているの?」「大切にしてくれるかな?」と、男性の本心を観察する冷静な気持ちを持ってください。

なんでも尽くしたがる

不倫恋愛を長く良く続けていくためには、お互いを思いやる気持ちが必要です。

既婚男性とお付き合いをする場合、相手の家庭の都合に合わせてデートの日取りを決めたり、家族と一緒に居る時はメールを送ることすら憚られたり、とにかく女性に我慢が強いられます。

家庭を持っている彼に対する気遣いは絶対に必要。
でも、尽くしすぎてはダメなんです。

いつでもどこでも彼を第一に行動していると、男性から「自分の言うことをなんでも聞いてくれる、都合の良い女」と思われてしまい、永遠に2番手の立場に置かれてしまいます。
男性が本命にしたいのは、「ちょっと手が届かない高嶺の花」なのです。

uranaiadb1

恋愛=セックスだと思っている

良い不倫をする為には、充実したセックスをすることがとっても重要。
でも「すぐにセックス出来る女」は単なる浮気相手に過ぎません。

男性に誘われたからとか、つい雰囲気に流されて…という理由で、簡単に男性を家に上げたり、ホテルについて行ってはいけません。

本命の彼と不倫をする場合、セックスをするまで少し焦らしましょう。
ちょっと声をかけたら簡単にセックス出来た、という女性よりも、「ずっと口説き続けて、ようやくベッドイン出来た」女性の方が男性にとって価値が高いのは当たり前のことです。

真剣に恋愛を楽しみたい素敵な彼との不倫、すぐにセックスしたい気持ちになってしまいますが、そこをグッと我慢してちょっともったいぶるのが「本命になれるモテ女子」のテクニックなのです。

自分に自信がなくネガティブ思考

「どうせ私なんて、彼の本命になれるわけない」「どうせ私よりも、奥さんのことを愛しているんでしょう?」こんなことばかり言っているネガティブ女性は、2番手にされてしまって当然です。

彼の本命になりたいのであれば、もっと自分に自信を持って「あなたに奥さんがいても関係ない、私は心からあなたのことが大好きだし、愛しているの!」と素直な気持ちを伝えましょう。
「どうせ」なんていう、後ろ向きな言葉は封印して下さい。

「二人なら、きっと大丈夫だよ、幸せなお付き合いをしようね」と明るい気持ちをかけ続ける方が、彼もその気になってくれます。

友達が少なく、思い込みが激しい

同性・異性に関わらず、なんでも相談できる心からの親友は何人いますか?
恋や仕事、人生に悩んだ時にすぐに悩みを打ち明けられる友達を持っていますか?

そんな人、一人もいない…という女性は、「2番手体質」かもしれません。

男性が魅力的に感じるのは、「社交性が高く、明るくて人気者の女性」です。
社交性がある女性は、自分の恋愛に対して高いプライドを持っています。

自分が2番手とかただの浮気相手として扱われることを嫌い、「男性に愛されたい!」という意識を強く持っているんです。

友達が少なくて、「もしかしたら、彼に本気で愛されてはいないのかも…でも、相談出来る友達がいないから分からない」という女性が、いつも「2番手としての恋愛」しか出来ないのです。

男性経験が少ない

男性経験が少ない女性は、「男性に声をかけられた!既婚者から誘われるなんて、私ってモテるのかも!」と勘違いをしてしまいがちです。

本当にモテる女性は、「男性に選ばれて喜ぶ」のではなく「自分で選んだ男性とお付き合いをすることを喜ぶ」のです。

男性経験が少ない女性ほど、女性経験豊富な既婚男性に遊ばれてしまいがち。
相手が自分のことを愛してくれているのか、大切にしてくれそうなのか、良く見極めてからお付き合いをスタートして下さいね。

むすび

2番手にされてしまう女性には、男性をそうさせる原因があります。
男性が思わず「本気で付き合いたい!」「心から愛している」と言いたくなるような本命女性を目指して、「2番手になってしまう癖」をやめましょう!

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事