不倫は純愛

悪用厳禁!既婚男性を束縛する5つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫関係のお付き合いをしながら、相手を束縛しようとするのは絶対に厳禁。
でも、出来ることなら束縛したいしされたいのが本音ですよね?

自分からガッツリ束縛するのはご法度だけど、今回ご紹介するテクニックを使えば自然に彼を束縛することが可能。
愛しの彼を束縛しちゃう、または彼に束縛されちゃう、秘密のテクニックをご紹介します。

可愛いツンデレでオネダリ

電話やメールをして欲しい、デートに行きたい、等「もっと私に構って!」とアピールしたい時はツンデレでおねだりしましょう。

普通にお願いすると鬱陶しがられてしまうので、向こうから構いたくなるようなツンデレテクニックを使うようお勧めします。

例えばなかなか電話やメールの返信をくれない彼なら、連絡が取れたときに「返事くれるのが遅いっ!忙しかったからなんて言い訳はダメだよ、あなたっていっつもそうなんだから!」と怒った後、「大好きな人からの電話、ずっと待ってたんだから…声聞けて嬉しい。あんまり待たせないでね?」とデレるんです。

厳しいツンの後の極上のデレは、男性にとって甘い甘いご褒美です。
突き放された後に甘えられるツンデレの快感は、どんな男性をも虜にしてしまいます。
ツンデレおねだりを繰り返しているうちに、彼は「あの子に電話してあげようかな」と心を束縛されてしまうのです。

ボディタッチで「あなたは私のものよ」アピールをする

男性を束縛したいのであれば、体と心に快感を与え続けなければいけません。
男性の体を満たすなら、やっぱりボディタッチが一番効果があります。

彼が他の女性と話している時、またはうっかり家族の話をした時などは、言葉にせずボディタッチで伝えましょう。
他の人には見えないようにさりげなく彼の足やお尻、手や腕を一瞬撫でるのです。

女性に不意に触られると、男性は頭の中にビリッと電気が走るような刺激を感じます。
言葉にしなくても、「あなたは心も体も私のものなんだから、よそ見をしないで」という気持ちが伝わりますよ。

軽いメールで束縛する

鈍感な彼にも分かりやすいように束縛したいのであれば、メールで直接束縛しちゃいましょう。
「返信して!」と相手にメールを要求すると鬱陶しがられてしまうので、こっちからメールを送ることで「彼の気を引いて束縛する」ことにします。

執拗な束縛は相手をイライラさせるだけですが、軽い束縛くらいなら「やきもち」と感じ、相手も悪い気はしません。
相手の迷惑にならず、鬱陶しがられずに束縛するメールのコツは「短文で写メ付き」です。

返信を要求しない、例えば「帰り道で可愛い猫発見!」と猫の写メを送るとか、「ネットで超笑える画像見つけたー!」と画像を添付するなど、返信を要求しない内容を送ること。

相手の心にヒットすれば返信を貰えるでしょう。
自撮り画像は誰かに見られるといけないので、彼が携帯を手に持っていると確信出来る時以外は送ってはいけません。

仲の良い男女サークル仲間
uranaiadb1

充実した休日を過ごしていることを彼に見せつける

自分が束縛するだけじゃ足りない、彼の方からも束縛して欲しい!というのであれば、逆に「あなたが居なくても、私は全然寂しくなんてないのよ」という態度を見せましょう。

休日や祝日は彼を家族にとられてしまい、モヤモヤした気持ちになってしまいますよね。
その気持ちを彼に伝えても「俺には家族がいるんだから仕方ないだろう、束縛するなよ」と言われてしまいます。
そこで逆に、彼以上に休日を満喫して嫉妬心を煽りましょう。

「この前の休みは、皆で集まって飲み会したよ!すっごく盛り上がって楽しかった!」とか「今週の休みは、最近知り合った人と出掛ける予定なんだ」と、彼が居なくても全く問題なく休日をエンジョイしていることをアピールします。

男性は自分から離れて行く獲物程追いかけたくなるもの。
彼の狩猟本能を刺激し、「俺以外の男なんて見るなよ」と束縛してもらいましょう。

彼の全てを理解する

既婚男性を束縛する時に最も大事なのは、「相手の全てを理解する」為の努力をするということです。
彼の行動を自分に縛り付けたいと一方的に望んでも、受け入れられないのは当たり前。

2人の間に信頼関係があり、彼の全てを理解出来る存在になれれば、「家庭よりも職場よりも、不倫相手の側に居るのが一番安心するし癒される」と彼は感じるようになります。

そうなったら、女性から束縛されても「自分は愛されている、彼女の束縛が心地良い」と束縛されることを肯定的に考え始めるのです。
そうなればこっちのもの!好きなだけ彼を束縛出来ちゃいます。
自分の気持ちを押し付けるばかりではなく、まずは彼の気持ちや状況をよく理解するように努力して下さいね。

むすび

「束縛」というとちょっと怖い、相手の迷惑になる我儘、というイメージがあるかもしれませんが、本人同士が納得しあっているのであればそれは「愛情表現」になるのです。
今回ご紹介した束縛テクニックを使って、もっと深く愛し合えるラブラブカップルになって下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事