不倫は純愛

不倫相手の赤ちゃんを堕胎、どうしても彼の子どもが欲しくて復縁したけどこれでいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談内容

お名前:きい
性別:女性
年齢:30代後半

昨年6月に10年前の不倫相手と復縁しました。
出会いは19歳の時、彼は16歳上の元上司です。
約6年付き合いました。
彼には子供が二人います。一人は私と出会う直前に産まれており、二人目は私と付き合っている最中です。
二人とも奥さんとはセックスはしておらず、精子だけ渡したと言ってます。
私も彼の子供を妊娠しましたが、降ろしています。
その時彼は何も言ってくれませんでした。
私は凄く後悔しています。
今更ですが復縁の理由は、彼の子供が欲しいと思ったからです。
別れてからも私の事は忘れた事がないと言ってくれてる彼ですが、だけど何もなかったように過ごしているのが許せなくて。
彼には私の気持ちは伝えています。
彼が好きすぎて、でも悔しくて、人生一度きりなので思ったように進みたくて、これで良いのでしょうか?


あんゆにお越しいただきましてありがとうございます。
10年前に別れた不倫相手と復縁、彼の子供が欲しいと思っているのですね。
ずっと昔に別れた不倫相手と復縁する意味と、その先どのように進んでゆけば良いのかを考えてみましょう。

10年越しの復縁…これって運命?

ずっとずっと昔に別れた不倫相手と、10年以上経ってから復縁!
一度はお別れしたけれど、やはり別れられない運命の相手だったのだと感じますよね。
ドラマティックな展開に、本当にお互いが想い合っていてどうしても忘れられないからまた導かれ合ったのだと、そう思いたくなるかもしれません。

しかし、復縁に浮かれ上がる前にまずは冷静に考えてみて下さい。
彼と別れてからの10年間、どんな風に過ごしてきましたか?
彼との思い出に引きずられず、新しい彼と真剣に向き合ってきましたか?

「彼との愛が、最高で最後の恋だった」なんて感傷に浸ることなく、「もっと自分を磨いて、次はより良い恋愛をしよう!」と前向きな気持ちでいましたか?

別れた不倫相手と復縁することは決して悪いことではありません。
しかし厳しいことを申し上げますが、なぜ復縁するまで10年もの長い時間がかかったのでしょうか?
本当に相手を愛する気持ちを持ち続けていたのであれば、もっと早く復縁出来たはずです。
「10年ぶりに再会したのは、運命に導かれたから」なんて都合よく妄想するのは止め、「なぜ10年間も放っておかれたのか?」という理由を追及して下さい。

復縁カップルの心構え…離婚の可能性は低い

かつての不倫相手と復縁、昔とはお互い身も心も変化してきていますから、心機一転、気持ちを新たに相手と向き合いましょう。

かつて「愛しているよ」「妻とは別れる」と言ってもらっていたとしても、今でも相手がその気持ちであるとは限りません。

と言うよりも、長い年月が経過してなお婚姻関係を継続しているということは、この先今更相手が離婚する可能性はほとんどありません。

1~2年期間が空いただけならともかく、10年以上経ってから復縁したカップルは、ここから「妻と離婚して結婚する」という展開を望むのはかなり厳しいことを覚悟して下さい。
夫婦が最も離婚しやすいのは新婚時代です。

夫婦である時間が長くなればなるほど、離婚はしづらくなってきます。
妻への愛を失くしていたとしても「同居人」として家族の体裁をとることは出来ますし、年を取ってから離婚をするというのは子供や親からの理解が得づらくなってしまうからです。

復縁後に一番大事なのは、やっぱり「愛」

もう離婚は出来ないかもしれないのに、どうして今更復縁するの?この不倫は、どんな結末を迎えるの?と、苦しい気持ちがするかもしれません。

別れてからずいぶん経つのに、どうして今更復縁をするのか?
それはやっぱり「彼のことが好きで、忘れられなかったから」です。
恋愛と結婚は別物です。

どんなに好きでも、様々な条件やタイミングが合わなければ結婚は出来ませんし、逆にどんなに嫌いでも抜群の好条件を持つ相手となら結婚出来てしまうのが現実です。
しかし、不倫に条件は関係ありません。

必要なのは唯一、「愛しているかどうか」だけ!
きいさんは復縁の理由を「彼の子供が欲しいと思ったから」だと仰っていますが、この言葉には大きな愛情が込められていると推測します。

「もはや彼が手に入らないことは覚悟しているし諦めているけれど、本気で大好きな相手だから彼の子供を産んで育てたい」というお気持ちなのでしょう。
素晴らしく強い、大きな愛を彼に捧げておられるのだなあ、と感じました。

人生は一度きり!やらなかった後悔は、取り返しがつかない

好きになってはいけない相手を好きになった時、諦めることが出来るのであればそれでも良いでしょう。
しかし、どうしても諦められないというのであれば、自分で思ったように挑戦してみるべきです。
「やっぱりあの時、ああすれば良かった」とやらなかったことを後悔するほど勿体ないことはありません。

人生は一度きり、出会いは一期一会なのですから。
ただ、きいさんに一つだけお考え頂きたいのは、「生まれてくる子供のことをどう考えているのか?」ということです。
彼の子供を手に入れれば、きいさんのお心は慰められ、満足するかもしれませんが、その時生まれた子供はどう感じるでしょうか。
子供にとって、父親がいないというのはとても大きな問題です。

結果的にそうなってしまったわけではなく、初めから「片親になる覚悟で妊娠する」というのは、子供に対してあまりにも過酷です。

恋愛はあなたと彼の二人でするものであり、そこに子供を巻き込むべきではないと私は思います。
どうか、復縁するのは「彼の子供が欲しいから」ではなく、「彼に愛されたいから」だと、素直に仰って下さい。

きいさんは、本音では「彼に愛されたい、彼を手に入れたい、彼の妻と子供が羨ましい」と、お思いなのではないですか?

そのお気持ち自体は何も悪いことではありませんし、復縁する十分な理由に値するものです。
どうか焦らずに、彼の愛情を手に入れることを目的に不倫を続けて下さい。
不倫の際、子供が出来ないように避妊をするのは男女ともに最低限のマナーです。
きいさんが彼の愛を手に入れ、不倫を楽しまれますよう、応援しております。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事