好きだった既婚上司からのアプローチ、私から行動すべき?誘いを待つべき?

相談内容

お名前:ゆきの
性別:女性
年齢:30代後半

以前務めていた会社の上司(41才既婚二人の子持ち)と業務引き継ぎなどもあり連絡を取っていたのですが先日、上司からプライベートのメールアドレスを教えて頂きそちらで連絡を取る様になりました。
私自身頼れる方だったので好意はありましたが…業務に支障が出ると思い在籍中行動は、控えていました。
また、辞める際に上司なのにほんの気持ちだからとプレゼントまで頂きました。
二人で良く話す事も、多々ありました。
しかし…辞めてから上司から愚痴のメールや業務連絡内容、冗談まじりに「ホテル行く?」なんてメールが届き、正直どうしたいのかが分かりません。
なので「本当に?」と返したところ「こっちが本気?って聞きたいよ」と返信があり「○○さん(上司)次第です♪」と返しました。
すると、「いつでもイイですよ」と何とも曖昧な回答が…(笑)
私の気持ちは、決まっています。
ただ…相手がある事なので私の気持ちを押し付けてまでどうこうするつもりは、ありません。
また、略奪したいとかでもありません。
私がハッキリするべきなのか…時間を置いて相手から何かしらのアクションを待つべきなのか…どうしたら良いのでしょうか?

不倫

あんゆにお越しいただきまして、ありがとうございました。
お互いに両想いの男性と、どのようにW不倫を始めればよいのか分からずにいらっしゃるのですね。
W不倫を始める前に知っていて頂きたい注意点と、W不倫の始め方についてアドバイス致します♪

W不倫初心者がやってしまいがちなミス

W不倫は基本的には、最もバレにくく、長続きしやすい不倫です。
それはお互いに「家族が最優先」という意識が身についており、不倫バレをしないように細心の注意を払うこと、そして何より、お互いを束縛することなく適度な距離感でお付き合いが出来るからです。
しかし不倫初心者は、不倫の楽しさに浮かれて、ついうっかり「NG行動」をとってしまうことがあります。

・相手の家庭を無視して、自分の都合を押し付ける
例えば、自分の夫が急に出張になった時、不倫相手とデートをする絶好のチャンスだと思い、相手を誘いたくなりますよね。
しかしどんなに好機だと思っても、相手の都合に会わない日であればデートは出来ません!「こんなチャンス滅多にないのに、どうして会ってくれないの?」なんてダダをこねないように注意して下さい。

・相手の妻に嫉妬する、相手のプライベートを知りたがる
自分と妻の、どちらがより愛されているのか、休日は家族でどんなふうに過ごしているのか、奥さんとはどのくらいの頻度でセックスをしているのか…彼のことが好きであればあるほど、気になってしまいます。
しかし、家族がいるのはお互い様だと諦めて、彼とは適度な距離感でお付き合いをしましょう。

・愛してる?としつこく聞く。
愛していなければ、不倫なんてしません!いつでも、彼に愛されている自信を持って下さい。

W不倫に「告白」は必要ない!

男女のお付き合いが始まるきっかけには、「告白」が必要です。
曖昧な気持ちのままお付き合いを始めたくない、いずれセックスをする関係なのだから、愛情の有無を確認しておきたいと思うのは当然です。

しかし、W不倫の場合、実は「告白」がなくてもOKなのです。
言葉の節々や振る舞い方で「大切にされている」「好意を持ってくれている」とお互いに認識することが出来れば、それで良いのです。

なぜなら「好きです、お付き合いをしましょう」を言った後に二人きりで食事をすると、それは「デート」になってしまいます。

しかし、気持ちを確認したことがなければ、「気の合う友達と食事をしただけ」であり、不倫でも何でもないのですから、誰かに気兼ねしたり罪悪感を持つことはありません。
とっても気楽なお付き合いなのです。

W不倫が始まる時は、ただ何となく相手とお出掛け(デート)をする、その気になって、抵抗がなければホテルへも行く…という流れで大丈夫なんです。
気軽に始められちゃうのが、W不倫の魅力ですよ。

W不倫に未来ってあるの?

ハッキリ言ってしまうと、W不倫のお付き合いに「未来」はないんです。
何故なら、二人とも結局のところ「自分の家庭」を第一に考えてしまうから。
子供が居れば特にそう、自分の家族に贈る愛情と、不倫相手に捧げる親愛はまったく性質が違うものなのです。

あくまでお互いの家庭を第一に考えて、それとは違う「家族にも秘密のプライベート」で恋人とのデートを楽しむのが、スタンダードなW不倫の形。

勿論、稀に「両家族とも離婚をして、不倫を成就する」なんてドラマティックなカップルもいますが、数はとっても少ないです。

そんなわけで、「不倫のゴール」「2人の未来」がイメージしづらいんです。

でも、よく考えて下さい。
もともと不倫を始めたのは、「彼と結婚したいから」ではなく、「愛しい人と楽しい時間を過ごしたいから」だったはずです。
大好きな人とお付き合いを楽しみつつ、家族との生活も充実したものにすることが出来れば、それが「理想のゴール」なんです。

思い切って、一歩踏み出す勇気を!まずはデートから♪

ゆきのさんは、「自分がハッキリするべきなのか、相手からのアクションを待つべきなのか」と仰っていらっしゃいますが、相手はすでにしっかりしたアクションを送ってくれていますよ。

「ホテル行く?」なんてメールを頂いているではないですか。
おそらくお相手の男性もゆきのさんと同じく、略奪したいとか、自分の気持ちを押し付ける気持ちはないんです。

「魅力的な異性だと思っているから、是非一度お相手願いたい」ということです。

ゆきのさんの方から「じゃあホテルに行って、エッチしますか♪」というメールを送りづらいなら、「今度、お食事でもいかがですか?」という風に遠回しにお誘いをしてみてはいかがでしょうか?

デートが決まれば、彼の方が積極的にリードしてくれるはずです。
「W不倫だ!」「略奪だ!」なんて重く考える必要はありません。
お互いに恋愛感情があることを意識しつつ、まずはデートをしてみましょう。

顔を合わせて話をすれば、メールだけでは分からなかった相手の感情や、自分の本当の気持ちを確認することが出来ます。
お二人の関係がより盛り上がりますよう、応援しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。