不倫は純愛

男性必見!女性にモテる会話術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にモテる男性とそうでない男性の違いは、見た目ではなく「会話術」です。

例え顔がイケてなくても、女性との会話を盛り上げる事が出来れば必ずモテます。
人とコミュニケーションをとるうえで会話は欠かせませんし、誰だって「話していて楽しい人」と一緒に居たいと思うもの。

また、沢山お喋りをすればするほど、相手への信頼や愛着が沸きます。
絶対に女性にモテる、とっておきの会話術をお教えいたします。

相手に喋らせて、自分は聞き役に回る

女性と話すのが苦手、会話術に自信が無い、という人でも出来る簡単な会話術です。
自分が喋るのではなく、相手に喋らせること。

人は誰かの話をじっと聞いているよりも、自分が喋っている時の方が快感を感じます。
話題は何でも良いので、相手が喋り始める「きっかけ」をどんどん提供しましょう。

「出身はどこ?」「最近見た映画は?」「昨日のテレビ見た?」「いつもどこに買い物に行くの?」「ランチにお勧めのお店は?」「USJ行ったことある?」等々、何でも良いのです。

出来れば、自分にも相手にも共通点のある話題が一番良いですね。
「これ知ってる?」と聞いた時に、知らないよりも知っていることの方が話は盛り上がります。
普段から相手の事をよく観察し、どんなことに興味を持っているのか、好きな物は何なのかを探っておくと会話をする時に役に立ちます。
女性が気持ちよく喋れるように、適度に相槌を打つこと、話の途中で口を挟まない事、もお忘れなく。

話の主役を「女性」にする

女性は、他人よりも自分のことに興味があります。
特に付き合っていない相手の自慢話や経験談にはほとんど興味も関心もないと知っておきましょう。
モテる男性ほど、女性自身の事を聞き出すのがとても上手です。

女性は、自分の事を沢山話すほど「この相手は自分の事をよく知ってくれている」と親近感を感じ、信頼を寄せるようになります。
例え女性が全く知らない、興味のない話題を喋り始めたとしても「それって何?もっと詳しく聞かせて!」と女性を主役にしたまま、どんどん喋らせましょう。

決して、女性から主役を奪ってはいけません!男性の内輪話や自慢話程、女性にとってつまらない話はありません。

uranaiadb1

女性の話に共感し、とにかく褒める

女性が怒っている時や悲しんでいる時、「そんな事で傷つくなんて、考え過ぎだよ」とか「大げさに言い過ぎだよ」なんて言ってはダメ。
女性は常に、相手に共感してもらうこと、理解してもらうことを求めています。

あなたが女性に「その気持ち、分かるよ」と言ってあげるだけで、彼女はあなたのことを「自分の味方、理解者」だと思うようになります。
「彼女の為を思って、キビシイことを言う」というのは、相手との信頼関係がしっかり出来てから。

仲良くなりたいのであれば、出来る限り彼女の気持ちに寄り添いましょう。
また、女性の事を褒めることも大切です。

彼女の話を聞くときは、「それって凄いね!」「面白いね!」「それは可愛いね」等、どんどん褒めましょう。
女性を褒める時のコツは、分かりやすく褒める事。

ただ「可愛いね」と言うよりも、「その髪色、明るくて春らしいね、可愛いよ」等と「どこが、どんなふうに良いのか」が分かりやすいように具体的に褒めましょう。

適当に「すごい」「可愛い」と繰り返しているだけでは、女性にすり寄りたい下心が丸出しです。
褒められるとどんな女性でも気分が良くなりますから、その後の会話が盛り上がります。

喋る時は、物語に「伏線」を用意する

女性と話す時に、ダラダラとオチの無い話をする男性はモテません。
「自分が伝えたいこと」「この話の面白い所」はどこなのかをしっかりと決めて、お喋りをスタートしましょう。

女性との会話に慣れてきたら、物語の中に「伏線」を用意することを意識してみて下さい。

例えば、「この前、駅前の居酒屋に飲みに行ったんだけど、そこに凄く美人の店員さんが居たんだよ。盛り上がって飲んでたら同期のAって男がベロベロに酔っぱらっちゃって、家まで送り届けるからタクシー呼んで下さいってお店の人に頼んだら、なんとその美人店員さんがAの奥さんだったんだよね!結局、奥さんが連れて帰ってくれたよ。びっくりしたなあ」

このように、「美人店員」「同期のA」、全く関係のないように思えた2人(話)が後で繋がるというように話した方が、物語は盛り上がります。

「お店の美人店員さんが同期の妻で…」と最初にネタバラシをするのではなく、伏線とオチを用意して話し始めるのがコツです。

女性に共感してもらいやすい、分かりやすい話をするというのもポイント。
彼女に「面白い!」と思ってもらえるように、頑張ってお喋りしましょう。

むすび

女性と話をする時に、「下手なことを言って嫌われたくない」「つまらない事を言って場をシラけさせたくない」と臆病な気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、モテる男になる為には会話術は絶対に必要なスキルです。

経験を積むことでお喋りはどんどん上手になっていきますから、今回の記事を参考に、是非積極的に女性に話し掛けて下さいね。
お喋り上手になって、モテ男になっちゃいましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事