不倫相手の奥さんへの嫉妬してしまう気持ちを抑える6つの方法

考えてはいけない、してはいけないと分かっているのに、どうしても止められない彼の奥さんへの「嫉妬」
彼は自分と確かに愛し合っているのに、何故離婚しないの?どんなに楽しいデートをしても、彼の為に尽しても、結局最後は奥さんのところに帰っていくなんて、ズルイ。

不倫をする女性なら誰しも持っている感情です。
しかし、この気持ちがあまりに強いと、心をぎゅっと締め付けられるような苦しみを感じてしまいますよね。
その辛い嫉妬の感情を、少しでも紛らわせる方法を沢山ご紹介いたします。
是非試して下さいね。

自分の良い所、個性は何なのかを考える

彼の奥さんに嫉妬をしてしまう女性は、「自己評価」が極端に低い傾向があります。
「なんと言っても、やはり彼は奥さんの事が好きなんだ」「美人だし、私よりも背が高いし」と、自分よりも奥さんが優れている点を意識し過ぎるのです。

そんな方は是非、ご自身の良い所や、個性を探して下さい。
「キレイな髪が自慢」「ジム通いでキープしているからスタイルが良い」「唇の形が可愛い」という身体的な特徴や「子供と遊ぶのが得意」「同性の友達が多くて、人気者」「読書量なら誰にも負けない」という内面に関する個性でもOKです。
ちょっと照れてしまう位の自己評価をすることで、「だから私は彼に愛されている!」という自信を持つことが出来ますよ。

不満があるなら彼にきちんと伝える

彼にお願いしたいことがあるのなら、正直に伝えてみましょう。
どんな小さなことでもいいんです。
彼は愛しいあなたの為に、そのお願いを叶えてくれるはず。
そうなれば、「彼にオネダリを聞いてもらえた」という安心感と、愛されている実感を得られます。
「たまには写メ付メールが欲しいな」とか「今度のデートはこういう風にしたいな」等、すぐに叶えてもらえる簡単なお願いを積み重ねると良いでしょう。

妄想を禁止する

嫉妬心が強い女性は、非常に妄想上手です。
ポジティブな妄想なら良いのですが、何故か暗い出来事や最悪の事態を妄想してしまいがちなんですよね。
「今頃、奥さんとエッチしてるかもしれない」とか「そろそろ奥さんが妊娠してしまうかもしれない」なんて、「絶対にそうなって欲しくないこと」を考えて、落ち込んで、彼の奥さんを憎んでしまうんです。

大抵の物事は心配しているほど悪いようにはなりませんし、妄想は自分の気分が悪くなるだけで、一つも良い事はありません。
彼の家庭や奥さんについてネガティブな妄想をするのは禁止!と自分に言い聞かせましょう。

不倫

とにかく寝る

寝不足になると、体も心も疲れ、気持ちを明るくすることは出来ません。
起きていると余計なことを考えてしまう、彼や奥さんのことばかり考えてしまって辛いと言うのであれば、その日やるべきことが終わったら、夜更かしをせずにさっさと寝て下さい。

睡眠時間を増やせば、夜中に食べ物を食べずに済んでダイエットに繋がりますし、髪も肌も今までよりも必ず綺麗になります。
良い事づくめですので、今夜もこの記事を読み終わったらもう寝てしまって下さいね。

運動系ダイエットに打ち込む

寝る、以外に時間を使う方法として、運動系ダイエットにハマることをお勧めいたします。
すぐにジムに登録して、体を動かして汗を流しましょう。

奥さんに嫉妬をしてしまうあなたは、現在大きなストレスを感じているはず。
ストレス解消法には様々な方法がありますが、運動はその中でも最上位です。
やっているのといないのとでは、大きな違いがあります。

ジムに通うのはちょっと難しいというのなら、毎朝早く起きてウォーキングやランニングをしましょう。
早起きをするために早寝をする習慣もつきますし、「今日も頑張って歩いたぞ!」という達成感や心地良い疲れは、必ずあなたを癒し、嫉妬する気持ちを自然に失くしてくれます。

日記を書く

嫉妬を早く打ち消すためには「日記」を書くのがかなり有効な手段です。
その日一日、奥さんの事を考えてしまったら、どのように考えたのか、そして自分はどんなふうに考えたのか、その辛さや悩みを、誰にも見られないよう紙の日記に書いて下さい。

ブログという形でネットに公開してしまうと誰かに見られてしまうので、ダメですよ。
毎日日記を付けて見れば気付くのですが、実は「強い嫉妬」というものは長続きしないものなんです。
1週間もすれば、意外と嫉妬心無しに生活出来ている自分に気付くはず。

「日記は長続きしないから」なんて思わずに「奥さんへ嫉妬心を感じたら、その時に書く」くらいの軽い気持ちで始めて見て下さいね。
絶対に効果があるので、お勧め致します。

むすび

自分に合いそうだ、これなら実行できそうだと思えるものがありましたでしょうか?
嫉妬をするのはそれだけ彼の事を本気で愛している証拠でもあるのですが、やはり彼と良いお付き合いを長く続けていく為には「苦しみ」「寂しさ」は出来る限り少ないに限ります。
上手に嫉妬を紛らわせて、これからも楽しい不倫を続けて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。