略奪成功のその後、幸せになるコツは?

大好きな彼を、念願叶って奥さんから略奪完了!
さあこれからは彼と二人で思う存分イチャイチャして過ごすぞ♪なんて浮かれるのはまだ早い!

折角略奪したのであれば、その後は何のトラブルも気まずさもなく、静かに彼との愛を温めていきたいものですよね。
略奪直後は元妻含め全員が興奮状態になり、ちょっとしたことでも大げさに振る舞いがちです。
皆が落ち着くまでは冷静に行動し、二人が幸せな結婚生活を送れるよう、良いスタートを切りましょう。

過去のことは終わったこと!彼の元妻には粛々と対処する

離婚直後は夫婦ともに生活が大きく変化し、ストレスが溜まる時期です。
上手くいかないことがあるとすぐに「離婚したからこんなに辛い思いをしなければいけない」「離婚なんてしなければ良かった」と後悔や恨みの気持ちでモヤモヤしてしまいます。

元妻の方から彼を頼って連絡があるかもしれませんし、慰謝料請求があった場合はその支払い手続きもしなければいけません。
離婚した彼を見守る時は出来るだけ口を出さず、彼が疲れている時や困っているときに相談相手になる程度に留めておきましょう。

元妻のことについてはもう「終わったこと」と捉え、相手が何を言ってきても、元妻について彼が何をしていても気にせず、冷静に対処するように勤めましょう。
周りが慌てている時ほど、自分は冷静に!ですよ。

略奪した時の「一番愛されている自分」をキープする

彼を略奪するまでは、彼に好かれようと一生懸命尽くしたり、自分を見てもらおうと必死に美容に取り組んだりしたことでしょう。
その努力は、略奪完了後もしっかり継続しなければいけません。

彼が奥さんと離婚を決意した理由、それはその時のあなたが輝いて見え、妻と離婚してでも絶対に手に入れたいほど魅力的だったからです。
その時の自分から「レベル」を落としては絶対にダメ!

離婚した途端に彼女が自分磨きをサボり、それまで素晴らしかった彼女が急激に衰えていったらガッカリしてしまいますし、「離婚前の方が、彼女は素敵だった」という寂しい気持ちになってしまいます。
彼がまた他の女性に浮気をする原因になってしまいますので、略奪成功後も自分と彼の幸せの為に「自分磨き」はしっかり頑張りましょう。

不倫

離婚後、時間を置いてから入籍する

彼と奥さんの離婚が成立!すぐにでも彼と入籍したいと思うでしょうが、ちょっと待って下さい。
離婚後すぐの入籍は流石に周りから色々噂されてしまいます。

ただでさえ「あの人離婚したらしいよ」と噂の的になるのに、加えて「再婚した」という話が広がれば、様々な憶測をかけられてしまうのは当然のこと。

折角成就した略奪愛なのですから、これから先は誰にも邪魔されることなく彼とより一層強い愛を育んでいきたいし、略奪後「幸せ」になる為には沢山の人に祝福されて彼と結婚したいですよね。

「人の噂も75日」と言いますし、離婚後3か月我慢すれば周りもあれこれ言うことはなくなります。
彼の離婚成立後しばらくは、「普通のカップル」としてのお付き合いを楽しみましょう。

今まで行けなかった賑わっているお店や派手なデートスポットに行き、彼と腕を組んで楽しい時間を過ごすも良し、奥さんにバレないようコソコソと隠れて連絡をする必要もないので、長電話だってイチャイチャメールだって、思う存分しちゃいましょう。

それまで我慢していた分、彼の恋人として堂々と振る舞うことはあなたにとって究極の達成感と幸せです。
入籍はタイミングを見て、ゆっくり決めれば良いのです。

彼のことを信じて疑わない、しかし甘やかさない!

さて無事に入籍し、晴れて彼の「妻」となったことで全てが終わった、と考えてはいけません。
あなたがそうであったように、魅力的な彼に、また違う女性が引き寄せられてくるかもしれません。

苦心して略奪した彼なのですから、もう誰にも渡したくありませんよね?
しかし彼に浮気をされるのが怖いからと、きつく束縛したり、常に女の影を警戒して彼を見張るのは逆効果。
あなたの存在を窮屈に感じた彼が、他所の女性に心を向けてしまうかもしれません。

夫を浮気させないコツは、「彼のことを信じつつも、自由にはさせ過ぎない」絶妙なさじ加減です。
「どんなに遅くなっても良いけど、泊りだけはしないで家に帰ってきてね、一緒に眠りたいの」と彼にお願いしましょう。

「外泊」は浮気をする一番のきっかけです。
「信じる」ことと「全て許す」ことは違うのです。
折角繋がった赤い糸なのですから、末永く大切にしましょう。

むすび

何事も始めるのは簡単ですが、継続するのは難しいものです。
略奪成功後幸せになれるかどうかは、「彼とずっとラブラブでいられるか」にかかっています。
慰謝料の支払いがあっても、奥さんがしつこく恨み言を言ってきても、彼とあなたの仲が永遠にラブラブであり続けることが出来れば、どんな時でも「私は幸せだ」と胸を張って言えるはずです。
手に入れた幸せを、もう決して手放さないようにしましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。