不倫はダブル不倫に限る!W不倫が幸せになれる5つの理由

不倫はダブル不倫が最適

ダブル不倫は危険?
いえいえ、危険どころか、最も楽しいのがダブル不倫かもしれません。
今回はダブル不倫の楽しさと、ダブル不倫が生活に与えてくれる幸せなメリットについてお教えします。

「帰る場所がある」のはやっぱり安心!気持ちに余裕が出来る

独身者と既婚者で大きく違うのは、「独身者はデートから帰って来ると一人きりになってしまう」ということです。

不倫相手と別れて一人になると、急に寂しくなり孤独感を感じる…次に会えるのはいつかな?このまま不倫を続けていて、いつか自分は結婚できるのかな、なんて不安も考えてしまう。

でも既婚者同士ならお互いそんな心配をしなくていいので、とっても気が楽なんです。
家に帰れば、家族と団欒をする。
デート中も、帰って来てからも幸せなんて、これ以上の贅沢はありませんよね!

ストレスを溜めないダブル不倫で、家庭も円満に!

女性は毎日、多くのストレスに晒されています。
家庭を守っている主婦なら細々した家事の煩わしさ、働いている主婦なら家庭と仕事を両立させなければいけない責任…。

でも仕事や家庭の中で不満や多くのストレスを感じても、不倫相手に合うことで楽しい気分になり、もやもやした気持ちが吹き飛びます。

不倫相手とのデートですっかり癒されて家庭に戻れば、イライラした気持ちを家庭に持ち込まずに済みます。
家族に対して、優しい気持ちで接することが出来、家庭の雰囲気がよくなるのです!

勿論、家庭でも癒されることはあるのでしょうが、それと不倫相手に癒してもらうのは全く違います。
不倫相手しか与えてくれない、ドキドキするデートや、胸がときめくエッチは特別なものなのです。

不倫相手に夢中になり過ぎない=イイトコどりのお付き合い

お互い家庭があると分かっているので、離婚して欲しいなんて考えないし、それぞれの家庭を優先しなければいけないというルールを自然と守れます。

会えない時間は自分の家族と一緒にいればいいので、寂しい思いをすることもないし、相手の家族に嫉妬することもありません。

自分にも家族があることで、不倫につきものの「切ない気持ち」を感じずに済むのです!
これはW不倫でしか味わえない特権。

勿論デート中はお互いラブラブ!
W不倫は「イイトコとり」なのです。

究極の現実逃避。いつもと違う自分になれる

不倫

家庭では、女性として扱われるよりも「妻として」「母として」の立場を求められます。
キレイにお化粧をするよりも、部屋をキレイに片付けること、お洒落な洋服を着るよりも、美味しいご飯を作ることを要求されるし、自分でもそうしようと努めるものです。

でも、家を出て不倫相手に会うときは違います。

「女性としての自分」を目いっぱい表現しようと頑張ることができます。

流行りのコーディネートで、バッチリメイクをして、エコバッグやマザーズバッグではなく、小ぶりの可愛らしいバッグでヒールを履いて出掛けるとテンションが上がります。

さらに不倫相手に「今日もカワイイね」と、家庭ではまず言われないセリフを言ってもらえば、うっとり。

日頃の自分を忘れて、「恋する女性」になれる時間なのです。
家庭を持つ女性であれば、この時間がどれほど魅力的で素敵なものか分かりますよね?

不倫相手との恋愛は、独身時代のラブラブ恋愛に近い

好きあって結婚した旦那様ですが、結婚後は「カップル」ではなく「夫婦」になってしまいます。

勿論それはそれで魅力的なのですが、やはり女性はいつまでも恋人とイチャイチャしたいと思いますよね。

彼氏から旦那になり、いつの間にか与えてもらえなくなった「ドキドキ感」を不倫相手ならたっぷり味わわせてくれるのです。

そのドキドキ感の有難さと貴重さが既婚者なら良く分かっているので、不倫相手とのデートを特別に感じ、心から楽しむことが出来るのです。

ダブル不倫=純愛

W不倫なんて不純だ!と言われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?
結婚をするということは、相手と自分の未来を約束するということ。

それは愛情だけではなく、金銭的に支え合うことや、子供を作るか作らないか、将来の親の面倒はどうするか?等々、沢山の責任を2人で分け合うということです。

お金の問題や、お互いの家のことなど、沢山の条件をクリアしないと結婚は出来ません。
「好きだけじゃ結婚できない」のです。

でも、不倫は違います。
「好きだけで不倫してる」のです。

特にお互い既婚者であるなら、相手に離婚して欲しいとか将来を約束して欲しいなんて思いません。
ただ相手のことが好きだから、一緒に居たいと思うから、不倫しているのです。

相手に望むのは「一緒に居てくれること」だけなのです。
愛情だけで繋がっている、もしかしたらW不倫こそ本当の純愛なのかもしれません。

むすび

どうでしょうか?ダブル不倫は幸せになれる、ということを十分に分かって頂けたかと思います。
不倫には色々な形がありますが、ダブル不倫がお互い最も幸せになれる理想の形です。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。