不倫は純愛

忙しい彼でも放置できない!ウザくない「かまってちゃん」の特徴4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性に一番嫌われる女性は、なんと言っても「かまってちゃん」
男性の都合を考えずに、欲望のままに「かまってアピール」をしてくる女性は扱いづらいし、恋に夢中になって周りを見えていない様子が「不倫バレの原因になるのでは」と男性をハラハラさせるからです。

しかし実は、全てのかまってちゃんが男性に嫌われているわけではないんです。
かまってちゃんの中には、「つい相手をしてあげたくなる」「俺を必要としてくれる感じが可愛い」と、男性に大変好評なコもいるんです。

今回は、ウザくない「愛されかまってちゃん」の特徴をご紹介致します。
是非真似して、彼にもっともっとかまってもらっちゃいましょう。

若さは恋の免罪符!20代まではかまってちゃんも許される

女性の年齢が相手に与えるイメージって、どうしても大きいもの。

30歳を過ぎた女性が「あなたが居ないとダメなの!」「もっと私を見てよぉ」なんて言っていると「重い」「自立していない」と悪印象ですが、まだ20歳を過ぎたばかりの学生気分の女の子が年上の男性に「もっと私に構ってよ~!」なんて言うのは「可愛い」「幼いカンジが守りたくなる」と男性を萌えさせるんです。

彼に思い切り甘えても許されるのは、若いうちだけ!今20代のあなたは、今のうちにどんどん「かまってちゃん」をしましょう。

好きだから構って欲しい♪愛ゆえの我儘

嫌われるかまってちゃんは、「愛されたい」という気持ちが強すぎるのです。
「もっと私の事を知って欲しい、愛して欲しい」という欲望を持って相手に絡むので、「私の話を聞いて!もっと私を見て!」と要求してしまうんですよね。

どんなに相手の事を好いていても、「やれ」と言われるとやりたくないのが人間の心理です。
その点、愛されるかまってちゃんは「あなたの話を聞きたい、あなたの事を教えて!」と、「好きだからもっと近づきたい」という気持ちをアピールします。
自分の事を知りたいと言ってくれる女性の存在って、男性からしてみれば可愛らしいものです。

「そんなに俺のことが好きなのか?仕方ないなぁ、じゃあどこかで話でもする?」と、女性とのデートや電話に喜んで対応してくれます。
男性に構ってもらいたいのであれば、相手を無理矢理自分の方に向かせるのではなく、自分から彼に寄り添っていくように心掛けましょう。

「既読無視」でも気にしない!とにかくポジティブ

厄介なかまってちゃんは、「既読無視」を本当に嫌がるんですよね。
「LINE見てるのに、どうして返信してくれないの?もしかしてわざと無視してるの?」という風に、思考ベースがネガティブなんです。
男性に好まれるかまってちゃんは、とってもポジティブ。

既読無視をされたとしても、「既読ついた!読んでもらえて良かった♪」と既読無視を喜んじゃうくらい前向き。

既婚男性と不倫をしている場合、スマホ画面を一瞬確認することは出来るけど、返信を打つ時間は無いとか、家族が側に居るから今は返信出来ないということが多くあります。
本当なら、既読を付けてもらっただけで充分満足するべきなんです。

また、彼の前で彼の家族の悪口を言う根暗かまってちゃんは男性に最も嫌われるタイプです。
「私と奥さん、本当はどっちが好きなの?」「どっちとのエッチが気持ちいいの?」なんて、最低の質問ですよ。
いつもポジティブな愛されかまってちゃんは、彼の本当の気持ちなんて聞きません。

彼と奥さんは「家族」として一緒にいるのであり、彼の「恋人」である自分とは全く違う意味で彼にとって必要な存在であることを受け止めているからです。

恋人としての立場で彼と愛し合うことを受け入れているし、彼の愛情を心から信じることが出来ているんです。
彼に自分を受け止めて欲しいと思うのなら、ネガティブ思考はもう止めて、不倫関係を楽しもう!というもっと前向きな気持ちを持って下さいね。

誰でもいいわけじゃない、愛されかまってちゃんは恋に一途

メンヘラかまってちゃんは、「誰でもいいから構って欲しい」という気持ちが根底にあるんですよね。
だからSNSでコソコソと自撮りや意味深な投稿を繰り返して、常に「自分の相手をしてくれる誰か」を探し求めています。

そんな態度では、彼から愛想を尽かされるのは時間の問題。
愛されかまってちゃんは、一途に彼だけを愛して、彼だけに構って欲しいと望んでいます。
他の人に相手をしてもらうことなんて、求めていないんです。

そしてその一途さが、「俺が側にいてあげなければ」という男性の庇護欲を煽るというわけ。
「他の人じゃダメなの」という真実の愛を彼にアピールして下さいね。

むすび

ウザくない、愛されるかまってちゃんの特徴を分かって頂けたと思います。
恋をすれば、誰だって愛しい人ともっと一緒に居たいと「かまってちゃん」になってしまいます。
どうせなら彼に愛される、ウザくない「かまってちゃん」になりたいですよね。
忙しい彼でもついつい相手をしたくなる、「愛されかまってちゃん」を目指しましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事