不倫は純愛

「もしかしてストーカー!?」警戒されてしまう不倫女性の行動5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーカーは、自分のことを「ストーカーだ」とは認識していません。
自分が相手に対して起こしている行動は全て愛情ゆえであり、まさかそれが原因で相手に迷惑をかけているとは思わないのです。

今回は、男性から「もしかしてストーカー!?」と思われてしまう、「ストーカー予備軍女性」がやりがちな行動をご紹介致します。

まったくの善意でやっているつもりでも、彼には「ストーカーみたいで怖い!」と思われている要注意行動です。
自分に当てはまることがないか、チェックして下さいね。

待ち伏せをしておいて偶然を装う

彼がよく行くランチのお店や、利用している駅や通勤ルート、仕事の内容や成果について調べてみたことはありませんか?

また、「この時間なら彼に会えるに違いない」と目処を付けて現地に駆けつけ、「こんなところで会えるなんて、ビックリ!」と偶然のふりをして彼を待ち伏せしたことがあるあなたは、確実にストーカー予備軍です。

彼自身や彼の周辺についてバレないように調べているつもりでも、あなたのコソコソした態度は彼にバレていますし、不信感を与えています。
「聞いても教えてもらえないかもしれないから」「待ち合わせをしても、断られるかもしれないから」という不安や後ろめたさがあって、内緒で相手のことを調べるのはストーカーのやり方です。

「好きだから、彼に会いたい」「愛しい人のことをもっと知りたい」という気持ちは、直接伝えましょう。

ハンカチ、ネクタイ、時計など「身に付ける物」をプレゼントしたがる

離れている間も自分との繋がりを感じて欲しい、そう、奥さんとの結婚指輪に負けないくらい…。
「これを見る度に私のことを思い出してね」という願いを込めて、ネクタイや時計等、常に彼が身に付けていられるもの、それもある程度高価なものをプレゼントしたくなるでしょう。

しかし、不倫関係の恋人に「身に付ける物」を贈るのはとても危険。
特に金額の大きなものとなれば、「誰からもらったの?」と妻に問い詰められる可能性があるのは当たり前のことです。

自分の存在を、彼や彼の周囲に対してアピールしたがるのはストーカー女性特有の悪い癖。
何がきっかけで妻や知り合いに不倫バレするか分かりませんし、彼にも「俺に首輪を付けたいの?」と嫌がられています。
不倫を安全に続けていく為にも、相手の迷惑にならないものを贈るように心がけましょう。

高額なプレゼントや食事を奢るなど、恋愛に対して沢山お金を使う

ストーカー気質の女性は、「お金をかければかけるほど、愛してもらえるに違いない」という妄想を抱きがち。
沢山お金を使うことで、「自分はあなたに対してこれだけのことをしてあげられる」というアピールと、「私は彼のことを愛しているから、こんなにお金を使える」という自分への自信を得ているのです。

しかし男性が独身であるならともかく、女性が既婚男性に対して「貢ぐ」のはあまりに不自然。
お金で相手の気持ちを得ようとする行為は、ストーカーの始まりです。
お金を使って相手との繋がりを作ることは簡単かもしれませんが、それを続けていると愛情の存在が薄くなり、結局二人の関係は早く終わりを迎えることになってしまいます。

自作の歌やポエムを送る

ストーカーになってしまう女性は、基本的に夢見がちでロマンティスト。
非常に繊細な感性を持っていて語彙力も豊富なので、自分の心の中や相手に対する感情を歌やポエムにして表現することがしばしばあります。
自分の愛を素直に表現したそれらの作品を、是非とも相手に見て欲しいと思うでしょう。

しかし、男性からしてみれば女性のそんな行動は「イタイ」「怖い」のです。
どんなに素敵な作品が完成しても、それは相手には見せず自分の思い出の中にだけしまっておくことをお勧めします。

私のブログやSNSをチェックして!と彼に要求する

メールや電話で近況を伝えあうよりも、SNSを利用してお互いのことを報告し合った方が不倫バレしにくいし気楽でいいよね♪と思うかもしれません。
相手に自分のブログURLやSNSアカウントを教えることは問題ありませんが、それを「毎日チェックしてね!」要求するのはいかがなものでしょう。

ストーカーは相手のことを知りたいと思う気持ちと同じくらい、自分のことを知って欲しいという願望が強いのです。
SNSを「連絡手段」として利用するのではなく、「自分のことを知ってもらうため」に使うのはストーカー認定されても仕方ありません。

むすび

自分としては愛情を込めてやっていることであり、相手と自分との絆を強いものしたいと純粋に望んでいる故の行動でしょう。

しかし、現実として「恋人」「ストーカー」の境はとても曖昧なもの。
相手が嫌だと感じれば愛情ゆえであってもそれは「ストーカー行為」になってしまうのです。

ストーカー行為にならないためには、行動を起こす前に一度冷静になって「相手の迷惑にならないか」「自分の感情を押し付けていないか」「行き過ぎたやり方ではないか」を考えてみることです。
不倫中は感情が高ぶって無茶をしてしまいがち、常に自分の頭の中をすっきりさせておくことを心がけて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事