不倫相手と別れて後悔する4つの瞬間

不倫って面倒なことが多い…彼とも最近なんだかマンネリ気味だし、もう別れちゃおうかな…と思っているそこのアナタ!ちょっと待って!
どうかこの記事を最後まで読んでから、本当に彼と別れるかどうかを決めて下さい。

「大切なものは、失ってから気付く」とよく言われる通り、残念ですが失ってみないと「自分にとって何が本当に大切だったのか」が分からないんですよね。

彼と離れて一人になってふとした瞬間、あなたは彼を失ったことをきっと猛烈に後悔します。
これから、不倫相手と別れて後悔する瞬間をご紹介いたしますので、どうぞ「もし、自分がこうなったら」とリアルに想像しながら読み進めてみて下さいね。

新しい恋人探しが上手くいかない

独身女性が不倫をしていると、「恋人」「将来の結婚」への不安の間で激しく揺れ動く時期が必ず来ます。
不倫なんて続けていたらきっと自分はいつまでも結婚出来ない…彼から離れて、独身男性と結婚前提のお付き合いをしなければいけない、その為の第一歩としてまずは不倫を終わらせることが一番だ!と思うかもしれません。

しかし不倫を辞めたとして、長く付き合える最高の恋人がすぐに見つかるとは限りません。
彼と別れてもすぐに次の恋人が見つかると思っていたとしたら、あなたはショックを受けるでしょう。
どうしようもなく寂しい夜、誰かに温めてもらいたい時があっても、これまであなたの隣に居てくれた彼はもういません。

自分のワガママで彼とのお別れを選んでしまったことを、その時あなたは必ず後悔するでしょう。
今の彼と別れることはいつでも出来ますが、新しい恋人はチャンスとタイミングに恵まれなければ、そう簡単には出来ません。

不倫相手とお付き合いをしながらでも、「結婚相手探し」をすることは可能です。
何事も、焦って行動しては良い結果にはなりません。
今の彼と、新しく出会った彼とを比べながら、「自分が本当に一緒に居たい相手は誰なのか」をしっかり見極めて下さいね。

「デート場所」を一人で訪れた時

「知り合いに会いにくい」「予算内」「現地集合・解散が可能」等、不倫デートの為の条件が揃ったデート場所を探すのは面倒で困難ですから、毎回の行き先はどうしても固定されてしまいがち。
不倫というお付き合いは他人の理解を得られず、2人だけの純愛です。

「愛しているから一緒に居る…誰にも許されなくても…」そんな切ない思いを、デートの度に彼と共有していたはずです。
愛していると告白してくれた思い出のレストラン、何度も体を重ねたホテル、初めてプレゼントを買ってくれたお店など…。

恋人と歩いた町の中には、そんな「思い出のカケラ」が沢山散らばっています。
彼との思い出は二人だけのものとして、別れた後もあなたの中でいつまでも輝き続けることでしょう。
彼と別れた後、ふとしたきっかけでそのデート先を訪れた時、彼と別れたことをどうしようもなく後悔してしまいます。

不倫

思い出のメールを読み返して…涙

不倫相手とのメールは読んだら即削除!がテッパンのルール。
でも、誰にも見られることのないメールボックスや、PCメールアカウントの中にこっそり保存しているという方も中にはいるでしょう。
保存するということは、まだそれだけ彼のことを想っている証拠でもあります。

彼と別れると決めたのであれば、不倫の証拠として残ってしまうメールや彼からのプレゼントは、全て捨ててしまいましょう。
「いつでも捨てられるから、今でなくても」なんて言わずに、お別れを決めたその日に処分して下さい。

それが出来ないということは、あなたの中にはまだ彼を愛する気持ちが残っているということです。
愛しているのに、まだ彼に執着したいと本当は思っているのに別れてしまったら、あなたは絶対に後悔します。
メールのやりとりを1通ずつ読み返すうちに、楽しかった日々が思い出されて涙せずにはいられません。

自分と別れた後、幸せそうな彼の家庭を見た

不倫をしていた女性が、彼と別れた後に最も傷つき、後悔する瞬間…それは、彼と彼の家族に幸せそうな様子を見てしまった時です。
彼と家族が仲睦まじくお出掛けしている様子にばったり会ってしまったら、彼の隣を歩いているのが自分ではないことを激しく嫉妬し、またこれまで自分を愛してくれていた彼の言葉と態度は本物だったのかどうなのかという疑いを抱き、困惑せずにはいられません。

彼とずっと付き合っていられれば、そんな気持ちにはならなかったはず。
もう一度、彼と会って話がしたい、彼と自分の本音を確かめたいと強く思うでしょう。
不倫をする女性は、感情に流されず、彼とお付き合いを始めるのも別れるのも冷静な気持ちで決意出来ることが重要です。

むすび

今回ご紹介した内容を自分に置き換えて考えてみた時に、思わず涙が出そうになった…という方は、まだ彼と一緒に居るべきです。
不倫の恋が終わるのは、不倫バレした時など「どうしてもそうしなければいけなくなった時」か、どちらかが「相手に対する愛情を完全になくした時」だけです。

まだ相手のことを好きなのに、無理やり理由を付けて別れても、あなたも彼も納得できず、後悔することになってしまいます。
折角自分の中に生まれた純愛なのですから、いつまでも大切にして下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。