不倫相手の奥さんからメールが来た時の対処法

「○○の妻ですが」で始まるメールが届いたら、心底ビックリしますよね。
気持ちが動転して、とても落ち着いてはいられなくなるでしょう。

しかし不倫関係というのはいつ誰に二人の関係がバレて、どんな責められ方をするのか分からないものです。
もしもの時でも冷静に対処できるよう、覚悟と心構えをしておきましょう。

相手の奥さんからメールが来た!不倫バレしたの?

相手の妻から連絡が届いた時は、ほとんどの場合不倫バレしたと考えて間違いありません。
よほどの確信がない限り、妻が直接夫の不倫相手女性にメールを送ることはしません。

特にそれが男性の携帯アドレスから送られてきている場合、ほぼ間違いなくあなたが不倫相手である証拠を握られています。
しかし、あなたと男性が不倫関係にあるという確たる証拠がなくても「万が一」を考えてあてずっぽうでメールを送る妻もいます。

ここでもしあなたが不倫を認める内容の返信をしてしまうと、それが「不倫の証拠」になってしまうので注意して下さい。
あなたが一番最初にやるべきは、妻から送られてきたメールを良く読み、何とかして不倫相手男性と連絡を取って、本当に二人の関係が妻にバレたのか?メールは確かに妻から送られてきたのか?ということを確認することです。

メールを送ってきた目的は

妻が不倫相手女性に直接メールを送る目的はどのようなものでしょうか。
相手の目的を読み解くことで、どう対処すべきかが分かります。

妻が不倫相手女性にメールを送る目的は、ほとんどの場合「警告」「事実確認」です。
本当に夫と不倫をしているのかということを、直接女性に聞くことで「自分自身で確認」したいのです。
また、すでに夫との離婚を決意している場合は、女性とコンタクトを取ろうとはしません。

メールを送ってきたということは、「自分は夫と離婚をするつもりはないから、諦めて夫と別れなさい」という意思表示をしています。
不倫がバレたという事実を教えることで女性を脅し、牽制したいのです。
この時あなたがすべきことは、慌てないこと。

不倫関係は決して「相手が既婚であることを知りながらお付き合いをした、女性だけが悪い」わけではありません。
既婚男性にだって、不貞行為を働いた罪があるのです。
罪はあくまで5:5だということを忘れず、落ち着いて対応しましょう。

不倫

返信する?無視する?

女性に直接メールを送ってくる妻は、非常に感情的で感情の起伏が激しい女性だと言えます。
出来るだけ相手の気持ちを刺激しないように対処したいですよね。

下手に返信して相手の感情を逆なでしたくはないけど、無視をするのも相手をイライラさせてしまうでしょう。
どうすれば良いのか分からず混乱するでしょうが、私は「無視すること」をお勧めします。
不倫の責任は相手男性と5:5だとは言いましたが、奥さんには罪はないのです。

あなたがどんな内容を返信しても妻がそれで納得することはないし、メールの内容があなたに有利に働くことはありません。
もし返信しないことを責められ、理由を問い詰められても、「登録アドレス以外からのメールは受信しないように設定している」「携帯が故障してメールの確認が出来なかった」などいくらでも言い訳をすることは可能です。

妻と話をする前に、出来るだけ早く相手男性と話をしなければいけませんし、全員が頭を冷静にするためにも時間が必要です。
返信をして状況を悪くするよりも、とりあえず時間を稼ぐためにメールは返信せずに無視しておきましょう。

今後の不倫の進め方

メールの内容や彼との話し合いで、「妻は不倫の証拠を持っているわけではなく、疑っているだけ」と分かれば、事実を認めずに誤魔化してしまいましょう。
「誤解させてしまったことについては謝罪しますが、奥様が心配するような関係ではありません」とハッキリ伝えることでその場を収めることは出来ます。
今後は同じことが無いよう、不倫バレに十分注意してお付き合いを続けて下さい。

妻が二人の不倫関係を確信している場合は、しばらく彼と距離を置いてほとぼりが冷めるのを待ちましょう。
その場合でも、あなたが直接妻と話し合いをしなければならなくなるような事態にはならないよう手を尽くしましょう。

妻との話し合いは出来る限り男性に任せ、あなたは話し合いの場に出て行かないのがコツ。
不倫相手女性の顔を見て直接対峙するとなると、妻はどうしても感情を高ぶらせて過激な言動に走ってしまうからです。
夫婦で十分に話し合いをしてもらい、その間あなたは彼とは連絡を取らずに大人しくしていましょう。

むすび

妻からメールを受け取った時、あなたは恐ろしくて、不安で心細くて、夜も眠れないような日々を過ごすでしょう。
しかし、怖がることはありません。

メールは妻からのただの「警告」であり、今すぐあなたをどうしようというつもりはないのです。
慰謝料を請求したり、あなたの家族や知人に不倫の事実を広めるといったような強硬手段をとるつもりはなく、メールはその前の「ワンクッション」なのです。

相手女性にメールが送られた後は、ほとんどの場合夫婦間の話し合いのみで決着がつきます。
慌てず落ち着いて、冷静に対処して下さいね。
あなたがこの先も彼と良い関係を続けられるよう、応援しています。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。