不倫は純愛

不倫相手の奥さんから慰謝料請求された際の交渉術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫の事実が相手の妻にバレて、慰謝料を請求されてしまったら。
どうして良いか分からずパニックになってしまうでしょう。

とにかく一刻も早く現在の恐ろしい事態を収めたいと、相手の妻が言うままの金額を支払いたくなるかもしれません。
お金で解決するのであればそれで構わない、と思うかもしれませんが、お金のやり取りは感情で行うべきものではありません。
相手の言い分とこちらの主張を上手く擦り合わせ、適正な金額の慰謝料を支払うようにしましょう。

不倫は両成敗!相手の感情論に飲みこまれないようにする

相手の妻は、あなたに向かって「この泥棒猫!」「人の家庭を壊しておいて、ただで済むと思っているの?」など、酷い言葉を沢山ぶつけてくるかもしれません。
確かに、彼に妻がいると知っていながらお付き合いを始めた以上、それなりの責任があるのは当然のことです。

しかし、不倫は「どちらかだけが悪い」なんてことはないのです。
女性が既婚男性のことをどれほど好きになっても、男性がその気持ちを受け入れなければ不倫は始まらないのです。

女性だけではなく、男性も責められるべきです。
勿論、それを妻に向かってハッキリ言ってしまっては火に油、余計怒らせるだけなのであなたの胸の中だけに留めておいて下さい。
妻の酷い言葉や感情論に飲みこまれて言われるがままに慰謝料を払うことのないよう、相手の妻と対峙する時は、「決して私だけが悪いわけではない、不倫は1人ではできない」という強い気持ちを持ちましょう。

慰謝料の相場を把握しておく

初回の慰謝料請求額は、まず間違いなく驚くほど高額な金額を告げられます。
「いきなり大きな金額をぶつけて相手を怯ませ、そこから徐々に金額を落とすことで譲歩の態度を見せ、最終的に自分が本当に欲しかった金額に落ち着かせる」というのは交渉の基本だからです。

また、「金額はあなたが決めなさい、誠意を見せて」と言われる場合もあります。
どちらの場合にせよ、あなたが払う必要があるのはあくまで「慰謝料の相場」程度で十分!
慰謝料の相場を簡単にお知らせしておきます。

不倫のみ(夫婦が離婚をしない)場合は50万~100万円。
不倫が原因で夫婦が別居に至った場合は100万~200万円。
不倫が原因で夫婦が離婚をした場合は200万~300万円。

慰謝料の金額が大きくなるのは、不倫が原因で夫婦仲が悪くなった、女性の方が不倫に積極的だった、初めから既婚者と知りながら浮気をした、不倫相手女性が既婚男性の子供を妊娠した、不倫相手に反省の様子が見られない、等の場合です。

つまり、彼が既婚者と知らずにお付き合いが始まり、不倫期間が短く、不倫発覚後も夫婦は婚姻生活を継続し、あなたが十分に反省している場合は最低限の慰謝料金額が妥当だということ!
よく覚えて下さいね。

相手の「脅し」に抵抗する手段

慰謝料請求の話し合い中に、相手があなたを脅すような言葉を言ってくるかもしれません。
「ご実家や会社に報告するけど、いいの?」「あなたの人生をめちゃくちゃにしてやる!」などの場合です。
不倫を周囲に暴露されることが恐ろしくて、妻の言い分を全て飲んで場を収めたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、妻の要求を全て受け入れていてはキリがありませんし、あなたがとても対応できないような無理難題を押し付けられるかもしれません。
あまりにも相手の脅し、脅迫が行き過ぎる場合は、弁護士に相談することを考えてみて下さい。

あなたが一人で対応するよりも、弁護士や行政書士など「第三者の立場」から話し合いに加わってもらった方が、あなたも妻も冷静に物事を考えられるようになります。

妻から脅しや脅迫を受けた場合は、「その内容を書面にして頂けますか?少し検討してお返事させて頂きたいと思います」と、一旦持ち帰らせてもらうようお願いしましょう。
決して、その場で慌てて返事をしてしまってはいけません。

払いきれないほど高額な慰謝料はNO!値下げ交渉を成功させるコツ

一人でとても払いきれないほど高額な慰謝料、または相場を大きく超えた法外な金額を提示された場合は、値下げ交渉を試みましょう。
金額を吹っ掛けてくる妻は、あなたが値下げを提案してくることは想定済みなので、まず話は聞いてもらえるはずです。

この時相手に訴えるべきなのは、現在のあなたの全ての資産、収入です。
自分の立場ではとても払いきれない、借金をしてもとても返せる当てがない、だからどうか減額してもらえないだろうかと「現実」を明示した上でお願いをしましょう。
ただ「こんな金額払えません!」と言うよりも、不倫の事実については十分反省しており、その上で支払い能力が足りないから無理だ、ということを説明すれば納得してもらうことが出来ます。

正しい対応で、早期解決を目指す!

相手の妻から慰謝料請求をされて、パニックにならない女性はいません。
覚悟していたこととはいえ、いざその立場になるととても自分一人では対処するほどの勇気は持てず、絶望的な気持ちになるでしょう。

しかし、妻から慰謝料請求された時こそ心を強くして下さい。
慰謝料に関しての話し合いは長引くほど精神的に辛いものになっていくので、出来る限り冷静に、素早く対処しましょう。

金額自体は結局「相場」あたりに落ち着くことになりますので、後はあなたがどれほど謝罪の気持ちを相手に伝えることが出来るかにかかっています。
落ち込み過ぎたり、逆に妻を恨んだりせず、冷静な気持ちで淡々と対応して下さいね。

むすび

相手方が請求してくる慰謝料の金額が高額なのは、「それだけ大変なことをしたのだという自覚を持ち、反省して欲しい」「こちらが被った被害の大きさを理解して欲しい」と、ようは不倫をした女性からの「心からの謝罪と反省」を求める気持ちが大きいからです。

決して、「とにかくお金をもらいたい」というわけではないのですから、こちらが誠実な対応をし、不倫の事実を反省しているという態度を見せれば、相手に納得してもらうことは可能なのです。

慰謝料請求の交渉は感情的にならず、またお互いのやり取りの証拠が残るよう、書面でやり取りをすることをお勧めします。
無事に、早期解決しますよう応援しております。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事