「ひと夏限定不倫」のススメ

夏…とにかく暑くて、女性には厳しい季節です。
折角時間をかけてメイクやヘアセットをしても汗ですぐ崩れるし、絶対に日焼けしたくないから日傘や羽織、グローブまでつけて日差しを完全にシャットアウトしなくちゃいけなくて、お洒落をする気なんて起きないから、外に出るのなんて億劫ですよね。

でも、そんなツライ季節を乗り越える為にこそ、恋をしてみませんか?
涼しいからって、家の中に閉じ籠っていてもつまらないですよね。
夏の日差しに負けないくらいアチチな、不倫・浮気を楽しんじゃいましょう。

暑い夏!恋をしたくなるのはどうして?

夏は恋の季節です。
学生でも社会人でも、「夏休みまでには恋人が欲しい!」と皆口を揃えて言います。

外に出ることすら面倒なのに、どうして夏になると恋がしたくなってしまうのでしょうか?
それは、やっぱり何といっても夏はイベントが多いから。
花火、海、プール、BBQ、長期休暇を利用しての旅行。
他の季節では出来ない楽しいイベントが盛り沢山です。

水着や浴衣等、夏ならではの装いをするのもテンションが上がりますよね。
素敵な恋人とイベントに出掛けて、ドキドキするような体験や、ワクワクするような楽しい思い出を作りたいと思うのは当然のことです。
夏をもっと楽しむ為に、恋をしましょう。

期間限定だからこそ燃えるし、良い思い出になる

折角恋をするのに、「ひと夏限定」なんて期間を区切るなんて勿体なくない?すぐに終わってしまう恋をする理由って何?と不思議に思う方もいるかもしれません。

独身同士であるなら「ひと夏限定」は確かに勿体ないですが、不倫、浮気の関係ならひと夏限定の恋はむしろ都合が良いと言えます。
真剣に相手を略奪しようと思うのでなければ、不倫の恋は「期間限定」であるべきです。

恋人に一途になるのは大切なことですが、独身女性が不倫を長く続けていると次第に自分の将来に対してネガティブになっていきます。
不倫のお付き合いが長くなるほど、「他の男性を見るのが怖い」「結婚と言う言葉を聞くのが嫌」と恋愛や結婚に対して自信を失い、苦手意識を持ってしまうのです。

2~3か月のお付き合いだと決まっているのであれば、「短い間だからこそ、思いっきりやろう」「とにかく挑戦してみよう」という前向きな気持ちで不倫と向き合うことが出来ます。
夏の打ち上げ花火のようにパッと開いてすぐに散り、心に鮮やかな思い出を残す…それが「ひと夏限定不倫」の風情です。

不倫

ひと夏限定不倫ってどんなの?エピソード

[エピソード1]
社内の人間を集めて、BBQ!昼間からお酒を飲んで、皆すっかり上機嫌。
日が落ちてきた頃、ずっと憧れていた上司といつの間にか二人きりに。
彼の顔が赤く染まっているのは、夕焼けのせいか酔いのせいか、それとも…?
夏の間、何度となくホテルに誘われて、沢山「愛してる」「君が好き」と言ってくれて、優しく抱いてくれた。
でも、奥さんとは別れる気がないみたいだし、私も彼と結婚したいなんて思ってない。
今だけ、この夏だけ一緒に居られるだけで幸せ。
夏の終わり、いつの間にか蝉の声が聞こえなくなったのと同じように、彼からのメールも来なくなった。
職場で彼を見る度に夏の出来事を思い出して、今度は私の顔が赤くなってしまう。

[エピソード2]
夏休み、帰省してきた皆を集めて、同窓会が開かれた。
懐かしい友達の中に、あの頃好きだった彼の姿も。
照れながら見せてくれた携帯の待ち受けは、小さな女の子…奥さんとも上手くやっているみたい。
2次会が終わった時、彼が私の手をそっと握って囁いた言葉は…
「昔を思い出したよ、高校の頃、君のことをずっと見てた」
そのままホテルで彼とセックスして、まるで夢のようだったけれど、お盆が終わるのと同時に彼は奥さんと子供と一緒にまた遠くへ行ってしまった。
来年の夏が待ち遠しい、また彼が帰ってきますように…。

秋風が吹くのと同時に…正しい恋の終わらせ方

ひと夏の恋と決めていても、いざ別れるとなると寂しいし離れがたい気持ちがするものです。
勿論、双方が納得出来るのであればそのままお付き合いを継続しても良いのですが、もともと「この夏の間だけ」と決めていたのであれば、一度お別れすることをお勧めします。

自分の気持ちの整理を付け、相手にも受け入れてもらうために、何かしらの「別れの理由」を作ることをお勧めします。
「仕事に集中したいから」「新しい習い事を始めたいから」と、前向きな理由を言ってお別れをして下さい。
一旦別れてしまっても、別れ際に揉めたことがなければ復縁は簡単です。
彼と離れている間を自分がどのように感じるのか、不倫恋愛をした感想はどうだったのかを良く考えて、「また彼とお付き合いをしたい!」と思ったら、今度は真剣に、長く続く不倫恋愛を目指して下さい。

むすび

本気で不倫をするのは怖くても、「ひと夏限定」と決めていれば思い切って飛び込む勇気を持てるのではありませんか?
お付き合いをしてみて初めて分かる相手の魅力も沢山あるはずです。
「不倫恋愛」に挑戦して、心を焦がす熱い夏にしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。