不倫は純愛

既婚男性の彼が喜ぶバレンタインチョコ、プレゼント。そして渡し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バレンタイン不倫相手

彼が既婚である以上、世の中のイベントは彼は家族にサービスする日です。
不倫には誕生日もクリスマスもないと思え!が鉄則ですが、バレンタインは違います。

既婚男性にチョコを渡してはいけない、なんていうルールはありません。
年に一度、彼に堂々とプレゼントを渡すことが出来る日なのです!

男性にとってバレンタインは重要なイベント!

これは実際に男性陣に聞いた話なのですが、「女が思うよりも、男はバレンタインに期待しているし、気合も入れている!」のだそう。

とにかくこの日にチョコレートを沢山もらうのが男性にとってのステータスらしく、人に自慢出来るし、自分の自信に繋がるのだそうです。

「本命チョコのみ貰えればいい」なんていうのは嘘!義理でもなんでもいい!とにかく沢山チョコレートが欲しいから、遠慮せずにバンバン持ってきて!と言っていました。

バレンタインなんて子供っぽいかな、不倫相手からのチョコなんて嬉しくないかも?なんて悩む必要はありません。
もちろん、チョコレートを渡しましょう!

不倫相手が喜ぶバレンタインチョコ、NGチョコ

バレンタインデーNGチョコ

uranaiadb1
市販品のチョコレートであれば、どんなものでも喜ばれます。
有名な海外のチョコレートであっても、「取引先の営業の子がくれた」と言えば済みます。

しかし、あまりに高価すぎるものは奥さんから「どんな子から貰ったの?」と怪しまれるかもしれませんので、5千円以上するような高級チョコを送る場合は注意が必要です。

「職場でバレンタインチョコ争奪ジャンケン大会があって勝ち取ったんだ」等、上手い言い訳をあなたが考えて彼にアドバイスしてあげて下さい。

男性は嘘が下手ですので、あなたが一緒に考えてあげた方が良いでしょう。
また、手作りしても構いませんが、あまり気合いが入りすぎたラッピングで渡すと、これも奥さんに怪しまれます。

彼に持ち帰ってもらうなら「会社の女の子が大量に作って社内で配ったチョコ」に見えるよう、簡単なラッピングにしておく工夫が必要です。

可能であれば、渡したその場で彼に食べてもらうのが一番かもしれませんね。
味の感想も聞けますし、手作りのものを彼に食べてもらい、直接その反応を見る感動が味わえます!

バレンタインにおすすめプレゼント

チョコレート以外になにか残るものをプレゼントしたい、と考えるのであれば、是非彼が仕事で使えるような小物を選んで下さい。

家に持って帰らず、職場に置いておけるものがお勧めです。
ちょっと高価なボールペンや、お洒落な電卓など良いでしょう。

また、ハンカチ程度であればチョコレートのおまけについていても自然ですが、ネクタイは本命プレゼントっぽいし、奥さんに訝しがられますのでNGです。

不倫相手からホワイトデーのお返しはくるか?

ホワイトデーお返し

uranaiadb1
ホワイトデーのお返しが彼からあるかどうか…それは彼次第だと思って、あまり期待しない方が良いかもしれません。

会社の子からもらった、と彼が奥さんに言ってしまうと、しっかり者の奥さんが「お返し用」のお菓子を彼に持たせてしまい、あなたは彼の奥さんからお返しをもらう…というあまり嬉しくない事態になってしまうかもしれません。

どうしてもお返しが欲しいのであればホワイトデーが近い日に彼とデートをし、そこで彼におねだりをして買ってもらう方が良いでしょう。

バレンタインであれなんであれ、プレゼントは見返りを期待して相手に渡すものではありません。
日頃の感謝と、自分の愛情を彼に伝えることを目的に、バレンタインチョコをプレゼントして下さい。

豆知識。バレンタイン前日は「愛人の日」

カナダの既婚者向けSNSサイトが、日本の不倫カップルに向けてアンケートを行うと、バレンタイン前日の2月13日にデートをする不倫カップルが多いことが分かったそうです。

この事から、2月13日が「愛人の日」と呼ばれているのだとか。
ちなみに2000年にも同様のアンケートをカナダで行ってみたところ、カナダの不倫カップルもやはり2月13日にデートをするそうです。

愛人の日は英語でMistress Day(ミストレスデー)です。
言わずもがなmistressは愛人、と言う意味の単語。
Valentine’s-DayのValentineは、キリスト教の聖人の名前です。
なんだか随分差がある気もしますが。

まだこの「愛人の日」は一般的にはあまり知られていませんが、バレンタインに彼を奥さんに譲るのであれば、あなたは開き直って「愛人の日」に彼とデートをするのも一興かもしれません。

むすび

クリスマス・年末年始と彼が家族サービスに勤しみ、寂しい思いをしてしまった不倫女性にとって、バレンタインは久しぶりに彼に尽くすことが出来る嬉しいイベントです。

もし彼とベッドインするチャンスがありそうなら、いつもより少し大胆にアピールできる下着をつけてみたりすると、きっと彼も喜んでくれるはず。

愛情をたっぷり込めて、バレンタインを楽しんで下さいね!

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事