不倫は純愛

不倫中の女性が「やっぱり奥さんと離婚する気なんてないんだ」と確信する5つの瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本気じゃなくても、不倫相手の女性を自分に引き留めておくために「妻とは離婚するから待っていて欲しい」とつい彼女に言ってしまう男性がいます。
本当は妻との関係はそんなに悪くないし、離婚の可能性なんてないのだけど、そう言っておいた方が彼女も嬉しいだろうし、誤魔化していれば何とかなるだろう…と甘く考えているのでしょう。

でも、男性の「嘘」はほとんど女性にバレてしまうものです。
今回は、不倫中の女性が「奥さんと離婚するなんて、嘘なんだ!」と確信する5つの瞬間をご紹介します。

奥さんに子供が出来た

奥さんに一人目、または二人目の子供が出来たと知ると、女性は「彼の嘘」を確信します。

「妻との仲は冷え切っているけど、セックスは義務としてやっている」なんて嘘はギリギリ通じますが、子作りをしているとなると流石に話は変わります。
妻に子供を産ませるということは、当たり前ですが「これからも結婚生活を続けて行く」という男の決意そのものです。
不倫相手女性はこの瞬間、彼との結婚はあり得ないのだと理解します。

子供の入学

不倫相手の子供が幼稚園や小学校に入学するまでに離婚が成立しなかったら、不倫相手女性はガッカリします。
不倫相手女性にとって、一番迷惑をかけたくないのはやっぱり「相手の子供」です。
自分と彼がお付き合いをすることで子供が感じる辛さを、少しでも少なくしてあげたいと誰でも思っています。
そこで大事になるのが「離婚のタイミング」なのです。

小学校入学前の子供がいるのであれば、出来ることなら入学前に離婚を成立させ、小学校に通いだしてすぐに名字が変わるような事態は避けたいと望んでいます。
彼の方から、「子供が小学校に上がる前には、離婚を成立させておきたい」と言われていることもあるでしょう。
それを裏切られた時、「離婚のタイミング」を完全に逃してしまい、いつになるのか分からないと絶望的な気持ちがします。

約束を何度もドタキャンされた時

決定的な出来事がなくても、何度も繰り返して約束を破る彼のことは信頼出来なくなります。
「火曜日、19時からデートね」「22時から電話しようね」こんな小さな約束すら守ってくれないような彼が、「離婚」なんて大変なことを自分の為に叶えてくれるはずがない、と考えるからです。

彼女に自分の事を信用させるためには、どんなに小さな約束でも必ず守ること。
女性は「愛しい彼が言うのなら、どんなことでも信じてあげたい」と思っています。
そんな彼女の健気な気持ちを裏切ることなく、小さくても大切な約束を大切に守るよう心がけて欲しいものです。

「どうしても会いたい時」に会ってくれなかった

不倫相手の彼に極端に依存し、「妻とは離婚する」という約束をほとんど妄信に近い形で信じ込んでいるし、「自分にとって、彼は絶対に必要な存在」「離れるなんて絶対に無理」「一人では生きていけない」と、言葉に出してしまうタイプの女性がいます。

そんな女性でも、一瞬で「奥さんと離婚する気なんてないのね!」と確信する瞬間があります。
それは、「今だけはどうしても、彼に会いたい」と思った時に「無理だよ」と彼にフラれてしまった時です。

この手の女性は、「彼が一番」と言いつつも、実は一番大切なのは「自分の心」なのです。
不倫恋愛は気持ちが不安定になりやすく、激しく落ち込んでしまったり、心が締め付けられるように苦しくなって涙が止まらなくなったり、悪いことばかり考えて、「こんなに辛いなら、もう死んじゃいたい」とさえ思ってしまうことがあるんです。

自分が本当に、一番辛くなった瞬間、無理だとは分かりつつも、それでも「私がこんなに苦しんでいるのだから、彼ならきっと来てくれるはず」と期待を持ってしまうんです。
その期待が裏切られてしまうと、「彼にとって、私は大切な存在じゃないんだ、やっぱり家族が一番なんだ」と気持ちが冷めてしまうのです。

親兄弟の話を聞いてくれない

男性にとって、「不倫相手女性の家族」の話は耳が痛いことがあるでしょう。
彼女は「いずれ結婚して、あなたの家族になるのだから、知っておいてね」という気持ちで話をするのかもしれませんが、男性にその気がなければ、非常に気まずい話題です。

男性が露骨に彼女の家族についての話題を嫌がったり、興味がなさそうな態度を取っていれば、その雰囲気は必ず彼女に伝わります。
そして「離婚する気がない」ことを察してしまうのです。

むすび

「妻とは別れて、お前と結婚する」と言われれば、そりゃ誰でも嬉しいものです。
でもその言葉を信じ続け、やがて嘘だと確信してしまう女性の気持ちを、男性に考えてみて欲しいものです。
妻と離婚出来そうにないのであれば、正直にそう言うべきです。
「フラれたくない」なんて我儘な理由で、未来の彼女を悲しませてしまう嘘は吐かないで下さい。

例え期間限定でも、将来結婚は出来なくても、男性に魅力があり、2人が強い愛情で結ばれていれば、これからも良いお付き合いは続いていきます。
男性が思うよりもずっと、女性の愛は深いのですから。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事