不倫は純愛

略奪成功!結婚式を挙げる?挙げない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼を元妻から略奪成功。
晴れてカップルになった2人が結婚するとなれば、当然、結婚式を挙げたいと思いますよね。

でも、いざ結婚式を挙げるとなると、彼の実家はどう感じるのかなとか、周りの友人や知人は略奪婚についてどう思っているのか等、色々なことが気になって結婚式を挙げることを躊躇してしまいます。
今回は、不倫略奪婚の場合、結婚式を挙げた方がいいのかどうか、また、皆に祝福される結婚式を執り行う為にはどのような事に注意すればよいのかをご紹介いたします。

不倫略奪婚、結婚式を挙げてもいいの?

まず悩むのは、そもそも結婚式を挙げて良いものかどうかということです。
略奪の末の結婚であることは、どんなに隠してもいずれ周りにバレてしまいます。
他人の家庭を壊させておいて自分が幸せになろうとすることへの罪悪感や、彼の元家族の心情を考えるとどうしても結婚式を挙げることを「不謹慎」な事のように感じることもあるでしょう。

しかし新しい門出を迎えた二人が、かつての元家族に後ろ向きに引っ張られる必要はありません。
過去を乗り越え、これからは二人で手を取り合って未来に向かって進んで行かなければならないのです。
結婚式は夫婦になった二人の姿をお披露目すると共に、これから先を二人で愛し合い助け合いながら生きていくという誓いを立てる場所なのです。
けじめをつけるためにも、彼と力を合わせて是非結婚式を成功させて下さいね。

出席者はどう選ぶ?

結婚式の雰囲気を悪くしたくないと思うのであれば、誰を招待するのかということはとても重要です。
略奪結婚式を良く思わない人や、彼の元家族と関係があった人は招待してはいけません。

もし彼と知り合ったのが職場内であるなら、職場関係の人間は一切招待しないことをお勧めします。
例え結婚前にあなたが退職していたとしても、「もしかして、不倫関係だったんじゃないの?」と勘ぐられてしまうからです。

折角の結婚式なのに、皆がひそひそと噂話をしていたら悲しい気持ちがしてしまいますよね。
本当に信頼できる、あなたのことを心から祝福してくれる親しい人のみを招待出来れば充分です。

uranaiadb1

フォトウエディング、2人だけの結婚式、家族のみ、選択肢は色々ある

それでもどうしても式に来てくれそうな人は居ない、豪華な披露宴を行うのにはどうしても抵抗がある、子連れの結婚式を周りにどう思われるのか不安…という方でも諦めないで。
幼い頃からずっと憧れてきたウエディングドレスを、悲しい理由で諦めてはいけません。

最近ではごく親しい身内のみに参列してもらって結婚式のみを執り行うカップルや、いっそのこと誰も招待せずに本当に二人きりで上げるカップル、または実際に結婚式をする本物のチャペルで記念撮影をするのみの「フォトウエディング」を利用するなど、様々な形で結婚式が行われています。

結婚式をするからには沢山の人を招待して披露宴を行わなければいけない等、堅苦しい考えに囚われる必要はありません。
二人が満足し、無理なく行える範囲内で幸せな結婚式を挙げることが出来れば、それだけで十分二人の思い出になるのです。

何より、どんな形であれ「ウエディングドレスを着て彼の隣に立つ」というのは女性に大きな感動と「愛する人と結ばれた」という実感を与えてくれます。
諦めずに、あなたと彼の理想を実現できるプランを色々探してみて下さいね。

幸せを感じられる結婚式を挙げるには

誰かの反対を押し切って、とか片方の意見だけで無理やり執り行うような結婚式は後になって沢山後悔することになります。
結婚式を計画し、当日を無事終えるまでは、二人が夫婦になって初めて行うとても大きな「共同作業」です。
お互いの意見を出し合いながら「幸せだった」「やって良かった」と思えるような結婚式を挙げることで、相手への信頼を深め、二人の結びつきがより強くなるのです。

不倫カップルが結婚式を無事終えるためには、とにかく「不安にならないこと」が大事。
「結婚式は本当に上手くいくのだろうか」「招待客は皆来てくれるだろうか」「周りに何か言われたりするのでは?」なんて沢山の心配事を抱えたままでは、当日の花嫁の表情が暗くなってしまいます。

不安に感じることや、自信がないことに関しては一人で溜め込んだりせず、その都度パートナーに打ち明けてしっかり話し合って下さい。
一人で考えている間は深刻になってしまいがちですが、二人で話しているうちに自然と心が軽くなります。
勿論、結婚式がより良いものになるよう、アイディアを出し合いながら準備を進めて下さいね。
結婚式の準備はやることも多くて大変ですが、それらを一つずつクリアしていくことが「幸せな結婚式」に一歩ずつ近づいていくということなんです。

むすび

女性なら誰しも、真っ白なウエディングドレスへの憧れがあります。
「不倫」という言葉にいつまでも振り回されず2人で前を向いて歩いていく為に、「結婚式」は気持ちを切り替える良いきっかけになってくれるはず。
「結婚式を挙げたい」という気持ちを諦めず、彼に相談しながら理想の結婚式を模索してみて下さい。
あなた自身が一番笑顔になれる、素敵な結婚式を挙げて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事