不倫は純愛

「不倫相手を信じられない病」の治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不倫相手を信じる」って、どうしてこんなにも難しいのでしょうか?
「妻とはもうずっと長い間セックスしていない」「すでに家庭内別居状態」「出来るなら今すぐにでも離婚したい」「愛しているのはお前だけ」…彼が言ってくれる言葉はどれも嬉しくて、「本当だったらいいのに」と思うけれど、心の底から信じることはどうしても出来ない。
彼のことを信じられなくて申し訳ないし、「どうせ嘘に決まってる」なんて決めつけてしまうひねくれた自分の性格が嫌になる…。
今回は、そんな悩みを抱える女性に是非読んでもらいたい、「不倫相手を信じられない病の治し方」です。

なぜ信じられないのか、どこが疑わしいのか整理する

まず、彼の言葉の何もかもが信じられない、というわけではありませんよね。
彼に言われた言葉の中で、特にどのようなものが信じられないのか、そしてどうして信じられないのかを書き出して整理してみましょう。

例えば「家庭内別居状態とは言うけれど、仕事が終わるといつも真っ直ぐ家に帰っていくし、本当は家族のことが好きなんじゃないかと思う」とか「愛しているのは私だけだと言ってくれるけど、社内の若い女の子に話しかけられてニヤニヤして」等、相手のことを信じられない理由をまとめてみます。
すると、「自分の思い込みや勘違いで、相手を勝手に疑っていた」という事実に気付くことが出来ます。
家に早く帰るのは、子供が起きているうちに帰りたいからかもしれないし、若い女性に声をかけられて嬉しくない男性は居ません。
「彼が嘘をついている」と決めつけていた自分の単純さに気づく事が出来ますよ。

信じられないのは「傷つきたくないから」

彼を疑うのは自分の勝手な決めつけが原因だと分かっても、それでも彼を信じられないのは何故でしょう。
それは、「信じることが怖いから」です。
自分の真心から相手のことを愛し、信じていたのに、裏切られたとなると人は傷つきます。
「信じて裏切られて傷つく位なら、最初から信じない方が良い」という保険を自分にかけているのです。
臆病なのは自分のせいなのに、それを「相手が悪い、嘘を吐いているに違いない」と決めつけて逃げるなんて、あまりに相手が気の毒だとは思いませんか?
大好きな恋人に信じてもらうことが出来ず、相手の方こそ傷つき、あなたに失望しているに違いありません。
2人の関係を本当に大切なものだと思うのであれば、「恋人を信じる勇気」を持ちましょう。

uranaiadb1

昔の出来事を引き摺らない

「どうしても恋人の事を信じられない」と頑なになってしまう人に共通している特徴は、「昔の出来事にこだわり過ぎる」という事です。
すでに過ぎ去り、解決したはずの出来事をいつまでも引きずってしまいます。
「前にデートの約束をキャンセルされたことがあるから、今回もきっとダメになるに違いない」「年末に離婚するって言ってたのに、忙しいなんて言い訳して結局ダメだった」と、嫌だと感じた出来事を何度も思い出しては落ち込む癖があるんです。

そんな人は、是非、今現在の彼をしつこく観察してみて下さい。
過去のイメージに捉われず、今の彼はどんな様子なのか注目してみましょう。
そうすれば「約束の時間ぴったりに来てくれた」「私が前に言った発言を覚えてくれていた」「メールの返事を丁寧に返してくれた」等、彼の信頼度を上げる出来事が見つかるはずです。
コツコツと彼の「良い部分」を探すことで、少しずつ相手を信じられるようになりますよ。

セルフイメージを高め、自分に自信を持つ

不倫相手を信じられないのは、自分に自信がないからかもしれません。
「美人じゃないし、頭も良くないし、キャリアがあるわけでもない、こんな私が彼に愛されるはずがない」と思い込んでいるんです。
セルフイメージを改善し、「彼に愛されている」と自信を持つことで、相手を信じる力が沸いてきます。

セルフイメージを高める為には、自分が目標とする人を設定するのが最も手っ取り早い方法です。
憧れの女優さんでもいいし、身近にいる尊敬する先輩でも、美人で有名な友達でもOKです。
あの人のようになりたい、近づきたいという気持ちで、モチベーションを高めましょう。
自分自身でやってみた「努力」は、例え結果が出るのに時間がかかっても、必ず自信に繋がります。

むすび

人を疑うこと自体は、決して悪いことではありません。
周囲の人間が言うこと全てを信用してしまったら、必ず危険な目に合います。
疑うというのは、自分自身を守る為に必要なことでもあるのです。
ただし、恋人に対しては、信じることが出来なければ始まりません。

傷ついたり、失敗しても良いから、まずは恋人を信じてみる!という大きな気持ちを持ちましょう。
不倫相手を疑ってしまう気持ちを作り出しているのは、他ならない自分自身なのです。
相手を信用することが出来なければ、相手にも自分を信じてもらえないものです。
彼とのお付き合いをこれからも続けていきたいのであれば、彼を疑ってしまう自分の心を無くす努力をしましょう。
2人が信頼し合い、長く続くカップルになりますよう、応援しています。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事