夫に離婚を決意させる妻の言動

何年も一緒に居れば、夫婦喧嘩をすることは何度もあります。
親しい仲だからこそ、他の相手には言えないような文句や悪口を言うことも出来ます。
つい感情が高ぶり、言葉が激しくなって「離婚しよう」なんて言葉が出てしまったりすることもあるでしょう。
言葉が出ただけでなく、「本当に離婚しちゃおうかな」とつい考えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、本当に離婚したいわけではないのなら、どんなに頭にきても「絶対に言ってはいけない一言」があります。
あなたが言ってしまったその一言で、夫は離婚を決意してしまうかも。

夫の実家をけなす発言

「お義母さんとは気が合わない」「実家でどんな教育を受けてきたの?」等、相手の育ちや実家をけなす発言はこの上なく失礼です。
男性は「実家にベタベタする態度」を見せることはあまりありませんが、自分の両親に対する尊敬や愛情の気持ちは、実は女性以上に持っているものなのです。

自分の家庭を持って、改めて親に対する感謝や尊敬の気持ちを強く感じているのです。
パートナーという立場でありながら夫の実家を悪く言うなんて、夫は妻であるあなたを受け入れる気持ちを無くしてしまうかも。
どんなに義実家と気が合わないと思っても、気持ちの中に留めておくだけにしましょう。

仕事の愚痴、悩みを言おうとすると嫌がる

「家庭内に仕事を持ち込まない」のが、デキる男の条件と言われることがあります。
仕事が上手くいかないことで落ち込んだり、失敗した悔しさ等、ネガティブな気持ちを家庭に持ち帰っても誰も良い気持ちはしないからです。
しかし、仕事をしていればどうしても上手くいかないことや、イライラする出来事は多くあります。

会社の仲間に仕事の文句を言うわけにはいかないし、同性の友人に愚痴を言うのもカッコ悪くて出来ません。
だからどうしても気持ちの整理を上手く出来なかった時は、家族である妻に心中を打ち明けるしかないのです。
それなのに、妻に「仕事の話なんて聞きたくないわよ」と言われてしまったら…夫は「この妻は俺の味方になってはくれないのか」と失望せざるを得ません。

過去のケンカや失敗をいつまでも責める

夫婦間のちょっとしたいざこざやトラブルを、いつまでもしつこく責める妻の態度は、夫をうんざりさせます。
「あなたって、どうしていつもそうなの?」「どうしていつまでも変わらないの?」と、夫の頑張りや成長を全く認めようとしない台詞は禁句です。

一度終わって決着がついたはずのケンカを何度も持ち出すのがいけないのです。
妻は、夫に親切にしてもらったり助けてもらうことは「当然」だと感じてあまり覚えていないのに対し、夫にされて嫌だったことや、失敗してガッカリした出来事だけはいつまでも覚えている傾向があります。
相手にされて嫌だったことばかり記憶し、それをしつこく責めるようではお互いの関係は必ず破綻します。
夫が離婚を決意するのは時間の問題です。

不倫

仕事や収入に関する罵倒は、夫のプライドを傷つける

家計をしっかり管理するのも、妻としての役割。
子供に必要なお金や、家や車のローン、老後の生活設計など、お金の計算をするといつも頭が痛くなってしまうものです。
家計の内訳について夫と真剣に話し合うのは必要なことですが、ケンカをした時に「あなたの稼ぎが少ないから、毎月私が苦労をしている」「どうしていつまでも出世出来ないの?」等、収入や出世について責める言葉はNGです。

しっかり仕事をして、お金を稼ぐというのは夫のプライドです。
お互いに感情的になっている時に、相手のプライドを激しく傷つけるようなことを言うべきではありません。

「もう愛してない」愛情がなくなると夫婦は終わる

相手にどんなにイライラしても、もう一緒に居たくないと思っても、「あなたの事なんてもう愛してない」「結婚したのは失敗だった」と、愛情を無くしてしまったと宣言してはいけません。

長い夫婦生活を一緒に過ごす為には、「愛情」は絶対に必要不可欠なものなのです。
生活が苦しくても、ケンカをしても、奥底に相手への愛があるから乗り越えていけるのです。
それを失くしてしまったと口に出されたら、夫は夫婦関係が破綻したてしまったのだと理解し、「離婚」を決意してしまいます。

むすび

ケンカなんてしょっちゅうあることだし、言葉が荒くなるのもいつものことだし、今回もきっと仲直りできるだろうなんて妻が呑気に考えている間に、夫は妻から浴びせられた一言がどうしても許せなくて、「離婚」を心に決めてしまいます。
本気で離婚するつもりがないのであれば、ケンカをしている間は「家庭の雰囲気が悪くなっている無駄な時間」です。
少しでもその無駄な時間を短くするため、また、良い夫婦関係を永遠にキープする為に、ケンカをしても今回ご紹介した「NG言動」だけは絶対にとらないようにして下さい。

夫婦喧嘩は、出来るだけ早く仲直りをすること。
お互いに「自分から謝る勇気」を持って下さいね。
相手を大切だと思う気持ちと愛情が何より大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。