不倫は純愛

彼をイライラさせる不倫女の嫉妬4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、嫉妬には2種類あります。
1つ目は「ポジティブな嫉妬」、自分より優れている相手や、ライバル関係にある人を、実力を付けて追い抜こうとする気持ちです。
2つ目は「ネガティブな嫉妬」、これは相手に対して恨みや妬みを感じ、「あんな奴、不幸になれば良いのに」と呪う気持ちを持つことです。
不倫中はどうしてもマイナス感情に囚われて、「ネガティブな嫉妬」を心に持ってしまいがち。
彼をイライラさせるほどの「ネガティブな嫉妬」の内容にはどのようなものがあるでしょうか?

「彼を家族のもとに帰したくない」強い独占欲

デートの最後、女性に「もうちょっと一緒に居たいなぁ」と可愛くオネダリされるくらいなら胸がキュンとしますが、それ以上の独占欲を見せつけられるとイライラしてしまいます。
「私の事好きとか言うくせに、結局は家に帰るんだよね」とか「無理して私とご飯なんて食べなくていいよ、家に帰ったら奥さんが準備してるんでしょう?」と、相手の家庭を憎むような発言をしてはいけません。

自分に家庭があることで、恋人である彼女に悲しかったり悔しい思いをさせていることは、男性も十分理解しています。
出来る限り彼女にそれを意識させないように振る舞っているのに、彼女の方が家庭に敵意を持ち、独占欲を剥きだしにしては台無しです。
彼を自分の方に引き付けておきたいのであれば、独占欲よりも「ちょっとしたワガママやオネダリ」等、小悪魔的な態度でアピールした方が効果的です。

既婚子持ち女性の幸せを素直に祝福できない、僻み

嫉妬の対象を、彼の家庭ではなく「既婚者全般」に向けてしまうのも、女性の悪い癖です。
自分の将来への不満や、不倫をしていることの不安を、「嫉妬」という形で周りにぶつけてしまいます。

「彼の子供と同じくらいの年ごろの子供」を見ただけで、勝手に「彼も休日は、あんな子のパパをやっているんだろうな」と妄想して落ち込んだり、結婚している人を見て「既婚者なんて、皆不幸せになればいい」「あそこの家の旦那さんだって、不倫しているに違い」と僻むのは、あまりにみっともない行為です。
他人は他人、自分は自分!なのです。
他人の幸せに嫉妬して僻むのではく、もっと優しい気持ちで素直に人の幸せを祝福する、冷静な心を持ちましょう。

「私は愛されていない」と決めつけて自分を追い詰める

不倫をしていると、「自分への自信」を無くしてしまうことが沢山あります。
将来に対する不安、既婚者とお付き合いをしている後ろめたさ、独身者ではなく既婚者を好きになってしまった切なさなど、「どうして私はこうなんだろう」と、ネガティブになってしまうんです。
自分に自信を持てなくて、「こんな私が、彼に本気で愛されているわけない、どうせいつかフラれるに決まってる」と、「恋愛」そのものに嫉妬しまうんです。

本気で恋愛を楽しむ様子が無い彼女を見て、彼はイライラせずにはいられません。
何故なら、既婚男性は本気で彼女のことを愛しているから。
本気で愛しているからこそ不倫関係を続けているのに、どうして彼女はいつも悲しそうで、「愛されてない」なんて言うのだろうと、悲しくて腹が立つのです。
「愛してくれて、一緒に居てくれてありがとう!」と笑顔を見せてくれる女性の方が可愛いし、一緒に居て嬉しいに決まっています。
彼の為にも自分に自信を持って、笑顔を心がけましょう。

なんとかして相手を陥れようとする、ストーカー型嫉妬

「嫉妬心」は、行き過ぎると他人への「攻撃」に変わります。
奥さんさえいなければ彼は私と結婚してくれるのに、とか、彼が帰る家なんて燃えてなくなればいいのに、と考えてしまう強烈な感情です。
彼のことを愛しすぎて、彼と家族をなんとかして引き離すことは出来ないかとストーカーの真似の様な事を始めてしまうこともあるのです。

そんなことをするのは勿論、彼には迷惑なことですし、イライラどころか激怒させてしまいます。
相手の家族のことが気になるのは仕方のないことですが、結局無視しておくのが一番良い方法です。
奥さんに嫉妬しそうになっても、「私と彼は愛し合っているのだから、奥さんなんて関係ない」と強く思って下さい。
「不倫」はあくまで、2人だけの世界なのですから。

むすび

例えば、「彼の奥さんに負けないくらい、彼のことを大切にしよう」とか「この前結婚した友人くらい、私も幸せになろう」と、プラス感情を込めた嫉妬なら何の問題もありません。

自分や他人を苦しめるような嫉妬は、誰にも良い思いをさせません。
不倫中は色んな感情が心の中に沸いてきて、心の中をぐるぐるかき混ぜられるような複雑な気持ちになりますが、その中から少しでも「優しい気持ち」「大事にしたい感情」に注目するようにすれば、心は楽になります。
彼に長く愛される女になるには、他人に嫉妬している場合ではありません。
もっと彼の傍にいること、もっと愛情を伝えあう事に力を注いで下さいね。
彼をイライラさせるのではなく、ニコニコ笑顔を沢山プレゼント出来る素敵な恋人になれるよう、頑張って下さい。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事