長続きする不倫カップルLINE(ライン)の特徴

スマホを持っているほとんどの人が利用している、便利なアプリが「LINE」です。
短い文章をポンポンと送ってリズミカルにやり取りをするのは、目の前で話をしているような臨場感があって楽しいですよね。
長続きする不倫カップルと、そうでないカップルとでは「LINE」の使い方が違います。
今回は、長続きする不倫カップルに共通するLINEの特徴をご紹介致しますので、是非参考にして下さいね。

用事がある時だけLINEする

メール以上に気軽に送れるLINEですから、つい朝の「おはよう」「おやすみ」なんて一言を送りたくなってしまいますよね。
「今、家を出たよ」「仕事終わった!今から帰る」なんて近況報告だって出来ちゃいます。
細かい連絡を沢山した方が、相手との距離が縮まるように感じるかもしれませんが、実はその逆。
長続きするカップルほど、「用事がある時」しか連絡をしないものなのです。

相手にメッセージを送りやすいのは良いことですが、LINEでのやりとりにばかり頼り過ぎると「きちんと顔を見て自分の気持ちを伝える」ことを止めてしまいます。
LINEメッセージを沢山送るとそれだけ相手の家族に不倫バレしやすくなってしまいますし、「頻繁にLINEメッセージを送ることが日課になっている」というカップルは、LINEを使うタイミングを改めて考え直してみて下さい。

既読無視を気にしない

こちらが送ったメッセージを相手が画面で開くと、送った側には「既読」のマークが付きます。
相手が文章を確認したことが分かるので、とても便利な機能です。
しかし中には、「既読マークがついたにも関わらず返信がない」という状況に苛立ってしまう人がいます。

メッセージを読んでも返事がないというのはつまり、「了解」だという事です。
相手から送られた内容に対して訂正したいことや言いたいことがあれば必ず返事があります。
「既読無視」を許せないのは、「相手から何かメッセージをもらいたい」という気持ちが強すぎるんです。
相手を束縛しようとしたり、何かを強く欲求しようとするカップルは長続きしません。
LINEを使っていても、返事のあるなしにこだわらない「アッサリ系」のカップルの方が長く仲良しでいられるのです。

冗談や文句を言えるのは仲良しの証拠

「今日のネクタイ、派手で目立ってましたよ!」「今日ランチしたお店、イマイチでしたね…」と相手と嫌がらせない程度の冗談や文句を言えるのは、お互いに信頼関係がある証拠です。
堅苦しすぎるやり取りや、本音ではないメッセージをいくら送りあっても2人の関係は近づきません。

LINEメッセージで甘え合ったり、「愛してるよ」「好きだよ」と直接的な愛情表現を送り過ぎると、万が一誰かに中身を見られた時に言い訳が出来ませんし、そのような表現は相手と一緒に居る時に目を見て伝えあうべきものです。
不倫相手とは、LINEでふざけ合えるくらいの信頼関係と愛情を築いて下さいね。

短い文章で分かりあえる

長続きするカップルのLINEは、短い内容でもお互いに不満に思うことはないし、言いたいことは十分に伝わるものです。
分かりやすく具体的にご紹介しましょう。

長続きしないカップルのLINEは
「こんばんは☆まだ起きてるかな?明日のデート超楽しみだよ!20時に○○のお店で間違いなかったよね?何着ていこうか、悩んじゃうっ」
と、確認したいこと以上の内容をダラダラと書いてしまいます。
良い関係をキープしながら長い間付き合える不倫カップルのLINEは以下の通りです。
「明日20時いつものとこ」
「OK」

これだけで充分です。
長すぎるメッセージを送っていないか、恋人とのLINEの履歴を読み直してみましょう!

これだけは守って!不倫バレしないためのLINEルール

LINEは便利で楽しいツールですが、その特性上他の人に見られやすく、LINEを奥さんに見られて不倫バレしたカップルは少なくありません。
不倫バレしないための最低限のLINEルールをお教え致しますので、参考にして下さいね。

・メッセージを画面に表示させない為に「通知オフ」
・相手の名前は「○○主任」もしくは「経理 ○○」等、仕事関係風に変更する
・トークが終わったら履歴は即消去
・LINE以外にもスマホゲームアプリをダウンロードする

最後のゲームをダウンロードするというのは、しょっちゅうスマホを手に取っても「最近、ゲームにハマっていて、それをやってるんだよ」と誤魔化す為に使えるからです。
ゲームもLINEもしない人がスマホをずっと手に持っていたら、怪しまれて当然。
以上の4つは、どんなに面倒くさくてもLINEを利用する限りは絶対に守りましょう。

むすび

LINE以外にも、最近は便利なSNSが沢山ありますが、SNSはどうしても利用するほどに「不倫バレ」しやすくなってしまいます。
普段から頻繁に使っていて、慣れているSNSほど家族にはマークされていますし、不倫を疑う時にはまずそのSNSから調べられてしまいます。
妻にちょっと怪しまれているなと感じたら、LINEで連絡を取りあうのは中断して「PCメール」を使うなど工夫をしてみて下さい。
LINEに限らず、SNSは上手に利用して、不倫を楽しんじゃってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。