お金持ちなのに不倫下手な残念男5パターン

「愛があればお金なんていらない」とは言いつつも、やはり不倫にはお金がかかります。
お金はあって困るものではありませんし、お金持ちの男性とリッチなデートをするのは楽しいものです。
でも折角お金を持っていても「使い方」が下手だったり本人の性格次第によっては、お金がトラブルの元になってしまうかもしれません。

お金持ちであることをやたらと自慢する

お金を持っていることは確かに魅力的ですが、その事を本人から自慢されると嫌な気分がするものです。
例えば「安物は持ちたくない」とか「食事は高級レストランでしかしたくない」と言われてしまうと、「我儘」「価値観が合わない」と思わずにはいられません。

お金は「力」ですが、それを相手にひけらかしたり自慢するのは自尊心が強く、また相手の気持ちを考えられない我儘な男性の悪い癖です。
ただ、この手の男性はおだてられると調子に乗る性格でもあるので、何か買って欲しいものがある時は彼を褒めながら上手にオネダリすると上手くいくでしょう!

お金の使い方が下手で、無駄が多い

折角お金を持っていても、使い方が下手な男性っているんですよね。
自分が無駄な出費をしていることに気付けず、欲しいと思ったものを次々買ってしまったり、やたら気前が良くて人に奢ったりプレゼントをすることが好きだけど、そのプレゼントがイマイチ相手の好みに合っていない等々。

このような男性は目先の出来事に心を奪われやすく、何事にも集中力が無いのが特徴です。
浮気性の気があるので、不倫相手以外にも他に恋人がいるかもしれません。
また考えが浅く、不倫の証拠をうっかり家に持ってしまうこともあるので注意しましょう。

自分自身の魅力ではなく、お金の力に頼った恋愛をする

恋人がお金持ちなのは、女性にとって嬉しいことです。
高級レストランに連れて行ってくれたり、自分では手が届かないような高価な品物をプレゼントしてくれることもあるでしょう。
しかし、彼から本当に受け取りたいのは金銭ではなく心からの「愛情」です。
お金持ち男性の中には、お金を沢山使えば彼女は喜ぶはずだ、沢山貢げばそれだけ彼女の心は自分に向くはずだと勘違いしてしまっている人が居ます。

女性からしてみてば、経済力をアピールするよりも、もっと自分への愛を態度で示して欲しい、本気で好きなのは私だけだと言葉で言って欲しいと物足りない気持ちがしてしまうんです。
不倫恋愛を楽しく続けて行くためには、お互いの気持ちを寄り添わせ、愛情と信頼を伝えあうことが何より重要。
お金の力に頼ってばかりの不倫は、いずれ2人の気持ちがすれ違う結果になってしまうかもしれません。

お金持ちなのにケチ

「お金持ちは、ケチでお金を使わないからお金持ちなのだ」と言う言葉は、確かに一理あります。
どんなに経済的に恵まれた人でも、お金を使い続けていればいつかお金に困る日が来るかもしれません。
しかし、あまりにも節約が過ぎるお金持ち男性は女性に不信感を与えます。

お金を持っているのに恋人である彼女にケチな態度を取り続けていると、「もしかして私にお金を使うことを勿体ないと思っているの?」「結局私は家族の次、二番手だから、お金を使うには値しないということ?」と不満を持たれても仕方がありません。
相手がお金持ちだと分かっていれば、多少の贅沢を期待してしまうのは女性の性です。
お金と愛情、どちらもバランス良く女性に与えるコツを掴んで欲しいものです。

お金の管理を全て妻に任せている

男性の中には給料を全て妻に渡し、全ての管理を任せているという方もいます。
確かにお金はあればあるほど管理が大変になって来るものですから、家族に任せてしまった方が楽です。
しかし、不倫の恋人がいるのであれば、金銭のほとんどが妻の管理下にあるという事実は将来的に不利になってしまう場合があります。

例えば、真剣に不倫の恋人と結婚を考えた時、や様々なシーンで恋人を援助したいと考えた時、お金の都合を付けるのが面倒になります。
お金の使用用途を妻に説明しなければいけなくなった時、つじつまが合わなくなると不倫を疑われてしまうかもしれません。
折角しっかりお金を稼いでいるのですから、不倫恋愛を思いっきり楽しめるくらいのお金は手元に持っていてもらいたいですよね。

むすび

お金はあればあるほど幸せだと思ってしまいがちですが、結局大事なのはお金の使い方です。
使い方次第では毒にも薬にもなるのがお金です。
もしあなたの恋人がお金の使い方が苦手で、不倫をする上で残念に思うのであれば、彼のプライドを傷つけない程度の優しい言葉でそっとアドバイスをしてあげて下さい。

お金持ちの男性は基本的に自分に自信を持っており、女性に自分の間違いを指摘されるとナーバスになってしまうことがあるので、そうならないようしっかり言葉を選んで丁寧に彼に伝えましょう。
お金を上手に使って、不倫のお付き合いを今よりもっと楽しんじゃいましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。