男性が不倫相手と同棲を考える瞬間6つ

「不倫相手と結婚することを前提に、同棲を始めたい」と、真剣に不倫をしているカップルなら誰しもが一度は考えることです。
しかし、既婚者が家を出て恋人と同棲生活をスタートさせるタイミングを掴むのはとても難しいこと。
どんなタイミングで相手に「一緒に住んで欲しい」と伝えるべきか悩みますよね。

そこで今回は、男性が不倫相手と同棲を考える6つのきっかけをご紹介致します。
タイミングを上手く掴んで、恋人とのラブラブ同棲生活を始めちゃいましょう。

家族とケンカをした

既婚者が家族とケンカをして、家に帰りづらくなった時。
または配偶者を怒らせて、「もう顔も見たくない!」と追いだされた時、男性は恋人を頼りたい気持ちになります。
自分を受け止めて癒してくれる優しい彼女と、このまま一緒になってしまいたい…と思わずにはいられないのです。
もし彼が家族と不仲になり、「しばらく家に帰りたくない」と言いだしたら、是非自分の所に来るよう声をかけてあげて下さい。

転勤が決まった

今の家から離れた遠い場所に転勤が決まった時。
家族の決断は2つに1つ、家族全員で夫の仕事先に引っ越しをするか、それとも夫が単身赴任になるか、です。
しかし子供の学校の都合だったり、近所に住む両親の介護生活を送っている家庭などは簡単には引っ越すことが出来ず、夫が単身赴任になるケースが少なくありません。
いずれ離婚をし、不倫相手と結ばれたいと思っているカップルには絶好のチャンス。
思い切って家族と自分を切り離し、恋人と一緒に新しい生活を始める良いきっかけです。

恋人が生活に困っている

恋人が収入を失い、自活できない環境に追い込まれた時、またはしつこいストーカーに毎晩怖い思いをさせられていると知った時、男性はたまらなく「彼女を守ってあげたい」と思うものです。
家族のことがなんとなく心配で、なかなか離婚を決意出来なかった彼でも、愛おしい自分の恋人が大変な目に合っていると知れば黙っては居られません。
離婚を前向きに進めて行くため、また彼女を守る為に同棲を決意します。

不倫がバレた

家族に不倫の事実がバレてしまった時、男性が取る行動は「誤魔化す」「開き直る」かのどちらかです。
そして後者を選んだ場合は、いっそのことこのまま離婚をスムーズに進めて行くため、また、恋人に対する自分の気持ちが真剣であることを妻に分からせる為に、家族から離れて同棲生活をスタートさせます。

一度本気で離婚を決意してしまえば、それ以上家族と一緒に居るメリットはないのです。
不倫が相手家族にバレてしまったとしても、落ち込んだり絶望してはいけません。
そのことがきっかけで、不倫関係が一気に「本気の恋人」に発展することもあるんですよ。

恋人の部屋に通い続けているうちに、そのまま

既婚男性と不倫をしている相手が独身女性であり、また一人暮らしをしている場合などは、彼女に家を男性が訪れてお家デートを楽しむこともあるでしょう。
愛しい人の部屋というのは、男性にとってとても落ち着く空間です。
誰にも邪魔をされず、2人だけで愛を思う存分語り合えることを彼は嬉しく思っています。

彼女の部屋に頻繁に通い詰めるうちに自分の家に帰ることを面倒だと感じ初め、そのまま転がり込んでしまうパターンもなくはありません。
まだ子供が居ない新婚夫が不倫をする場合、いきなり夫が姿を消し、妻が知らない不倫相手といつの間にか結ばれてしまったというのはよくある話です。

恋人の部屋の更新時期

不倫カップルの2人が真剣に不倫の成就を考えている場合、一人暮らしをしている恋人の部屋の更新時期は良いきっかけになります。
本気で結婚したいと思っているのであれば、更新料を支払って今の部屋に住み続けることを「勿体ない」と感じるからです。

「来年の春、部屋の更新なの」「そうなんだ、じゃあそれまでに、2人で住む新しい部屋を探さないとね」なんて、意外にさらっと同棲が決まっちゃったりするんです。
彼と同棲を始めるきっかけを探しているのであれば、今住んでいる部屋の更新時期をチェックしてさりげなく彼に伝えましょう。
男性が心を決めるきっかけなんて、ほんのちょっとした出来事で充分なのです。

むすび

同棲を始める為に、タイミングを上手く掴むのは必要なことです。
お互いに「同棲をしてみたい」「そろそろ本気で離婚に向けて動き始めたい」と前向きな気持ちになっている時に、今回ご紹介したようなチャンスを見つけて同棲を提案してみましょう。

上手く同棲をスタートさせることが出来れば、後は離婚まで一直線!
不倫の恋が成就するまで、あと少しです。
恋人の気持ちを掴み、タイミングを上手く測る為には、ちょっとした相談事や悩みでも正直に伝えあうこと。
2人でいる時間を大事にし、「もし同棲したらきっと楽しいだろうな」とポジティブな気持ちを持ちましょう。
「大好きな人とずっと一緒に居たい」というあなたの願いが叶うよう、応援しています。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。