不倫相手と結婚して幸せになる4つのパターン

不倫成就を目指す途中どうしても、「不倫相手と結婚して、本当に幸せになれるのかな?」と不安になってしまいます。
相手のことを好きなはずなのに、結婚して幸せになれるかどうか心配になってしまうのは、心の中に「不倫は幸せになれない恋」という先入観があったり、「相手の家族を離婚させてしまった私が、幸せになれるはずがない」という罪悪感からくるネガティブな感情に捉われてしまうからです。

しかし相思相愛の恋人と結婚して、幸せになれないはずはありません。
どんなことをクリアすれば、不倫相手と幸せな結婚が出来るのでしょうか?
4つのパターンをご紹介致します。

不倫の事実を誰にも(配偶者にも)バレずに円満離婚

不倫相手と再婚する為に今の配偶者とは離婚する…というカップルの場合、特に「不倫バレ」しないように細心の注意を払う必要があります。
配偶者がどうしても離婚に納得しない場合、新しい恋人がいることを告げて離婚を迫るパターンもありますが、それではどうしても慰謝料を請求されてしまいますし、不倫の恋人は配偶者とその関係者から深い「恨み」を買う可能性があります。

幸せな結婚をするには、不倫バレしないように徹底的に気を付けること。
離婚成立後に出会い、惹かれあった2人であるかのように周りに思わせなければいけません。
離婚が成立したあとであれば、どんな恋愛をしても誰も文句は言いませんし、結婚だって祝福してもらえます。
皆に祝福される幸せな結婚をしたいのであれば、絶対に不倫バレしないこと、そして円満に離婚すること!この2点が重要です。

知人が居ない町へ思い切って引っ越しをする

不倫が原因で離婚に至ったことを周囲の人間に知られると、どうしてもその街には住みづらくなってしまいます。
晴れて夫婦となった2人にはすでに、「略奪愛」「不倫」という言葉は相応しくないものですが、周りはそうは思ってくれません。
「あそこのご夫婦、不倫だったらしいよ」なんて変な噂を立てられるくらいなら、一層のこと思い切って遠くへ引っ越しをしてしまいましょう。

元配偶者が近くに住んでいる等、居心地の悪さを感じるのであれば、新しい土地で2人だけの生活を始めた方がよほど幸せになれます。
元家族のことも不倫恋愛中の切なさや辛さも全て古い街に置き捨てて、心機一転、夫婦2人きりでお互いと向き合う幸せな家庭を築きましょう。

不倫

結婚後の「共通の目標」を持っている

恋愛中、明確な「将来のビジョン」を持たないまま離婚し、結婚にまで至ってしまった不倫カップルは、その後苦労する傾向にあります。
「離婚成立し、結婚する」ということ自体が最大の目標になってしまっていて、その後2人がどんな夫婦になりたいのか、どんな家庭を築きたいのかという事が全くイメージ出来ていないのです。

「結婚したのはいいけれど、今度は自分が不倫されないか不安」「想像していた結婚生活と、なんだかちょっと違う」と結婚生活に対する違和感を持ってしまうのはその為。
結婚を決意する前までに、「夫婦としての共通の目標」「理想とする家庭像」をよく話し合っておくことをお勧めします。
「子供は2人以上欲しい」とか「○年後までに貯金をこれだけ作ろう」とか、「家を建てよう」等、夫婦としての具体的な目標を持っているカップルは、幸せな夫婦になれます。
結婚をゴールにしてしまうと、燃え尽き症候群になってしまうかもしれないので注意しましょう。

お互いの存在を認め合い、欠点を埋め合える関係

どちらかが相手に依存し、頼り切っている関係の不倫カップルは、残念ですが結婚後上手くいきません。
お付き合い中であれば、どれだけ頼られても我儘を言われてもある程度受け止めることが出来るかもしれませんが、夫婦として生活を共にするようになるとそうは行きません。

「依存されること」を重荷に感じるようになり、相手の存在を鬱陶しく思い始め、これまでのように許し続けることが出来なくなってしまいます。
依存をしている方も、お付き合い中は何でも言うことを聞いてくれていた恋人が、結婚後は急に態度を変えて厳しくなった、冷たくなったと感じ、お互いの気持ちがすれ違ってしまうのです。

結婚後もお付き合い中と変わらず幸せなカップルであり続ける為には、お互いに自立すること
その上で自分に足りない部分を埋めて、支えてくれる恋人が理想です。
「恋人」であるうちはお互いの良い部分だけを見ていれば良いのですが、夫婦となるとそうはいきません。
お互いのダメな部分も全て認め、助け合っていける2人こそが幸せになれるのです。

むすび

いかがでしたか?「不倫恋愛を乗り越えてようやく結婚したのに、何故か幸せだと思えない」と感じてしまうカップルは、結婚前に「結婚さえすれば幸せになれる」と思い込んでいたのが原因です。
結婚して幸せになる為に、「結婚後の2人」について具体的なイメージを持ちましょう。

女性は「彼にとってどんな妻になりたいのか」男性は「夫としてどんなふうに妻を愛し続けていきたいのか」、2人で話し合ってアイディアを出し合いましょう。
結婚に向けてポジティブなイメージが膨らめば、離婚の為の面倒な手続きに対するモチベーションも上がります。
不倫恋愛を成就させ、大好きな人と幸せな結婚生活を送って下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。