不倫は純愛

【衝撃事実】付き合っている彼に、実は妻子がいた時の乗り越え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚男性が女性に恋のアプローチをかける際、稀に自分が既婚者であることを内緒にしている場合があります。
女性からしてみれば、勿論独身だと思っていて、いずれは結婚するかもと考えていた恋人が既婚者だったなんて、大変なショックです。

初めから不倫だと分かっていて相手と付き合い始めるのと、付き合い始めてから「実は既婚者で、この関係は不倫なんだ」と知らされるのとでは大違い!
しかし、相手のことを本当に好きなのであれば、その衝撃を乗り越えてお付き合いを継続させたいですよね。
お付き合いしている彼に実は妻子が居た!というショックから回復するには、どうすれば良いのでしょうか。

既婚であることを秘密にしていた理由を聞く

彼から「実は妻子がいる」という告白を受けた時、あまりの衝撃に思考停止してしまうかもしれません。
しかし女性がどれだけ彼を責めても恨んでも、彼に妻子がいるという事実は変えられません。
それよりも、彼と自分の関係についてのみ考えるように集中し、「どうして今まで隠していたのか?」という理由を聞きましょう。

妻子の存在を隠していたわけではないけど、2人の関係が恋仲に発展していくうちに言いづらくなってしまったのかもしれないし、女性のことを本当に魅力的に感じたからどうしてもお付き合いをしたくて、妻子持ちという事実を言えなかったのかもしれません。
少なからず「女性に良い風に思われたい、警戒されたくない」という下心があったことは間違いありませんが、裏を返せば、既婚という事実を言えなくなるほど、心を奪われてしまったということです。
それだけあなたのことが魅力的だったということ。
彼の本心をしっかり聞くことが出来れば、あなたの心も少しは「納得」を得ることが出来るはずです。

自分の正直な気持ちを彼に伝える

彼に妻子がいると知ってしまっても、彼のことが大好き過ぎてしまうと「そんな大切なことを黙っているなんて、酷い」「結婚したいと思っていたのに、裏切られた」と彼を責めるような言葉が言えなくなってしまいます。
彼を酷く責めるようなことを言って、嫌われてしまったらどうしよう、しつこい女だと思われてフラれたら悲しい、と考えてしまうからです。

でも、その正直な気持ちは全て彼に伝えるべきです。
それはあなた自身が「自分の気持ちを彼に伝えることが出来た」と満足する為でもありますし、「彼女の素直な気持ちを受け止める」と彼のケジメの為でもあります。
彼が既婚である、と正直な告白をした以上、これからの2人は「不倫関係」であるということに対して真正面から向き合い、覚悟を決める必要があります。
彼が既婚だという事実を知った上で自分がどう感じたのか、相手に対してどういう感情を持ったのか、素直な心の内を打ち明けましょう。

彼との将来を具体的にイメージしてみる

妻子の存在を知ってしまった女性は、「彼との関係を続けるかどうか」深い悩みを抱えることになります。
自分の心を決める時、どうやって決めれば良いのか分からなくなってしまいますよね。
「彼のことは好きだけど、不倫はツライ」「妻子がある人とお付き合いをする意味が分からない」と混乱してしまうでしょう。

そこで考えて欲しいのは、「将来、彼とどのような関係になりたいのか」です。
お付き合いをここで終了して、「あくまでお友達として関係を終える」のか、「不倫恋愛をし、友達よりも深い絆と愛情で結ばれた2人になりたい」のか「彼との愛を貫き、いずれは奥さんから略奪したい」のかイメージしてみて下さい。

妻子持ちの彼をこれ以上本気で好きになることは出来ないと思うのであれば恋心を諦めても良いですが、本当に愛しているから今更自分の気持ちを止めることは出来ない、将来的にもっと彼と愛し合える仲になりたい!と思うのであれば、不倫恋愛に挑戦する覚悟を持ちましょう。
彼と一緒に居ることで「愛と幸せ」を感じることが出来るかどうかが、心を決めるヒントになります。

「不倫恋愛の続け方」を話し合う

どんな苦しみや悲しみでも、1人で乗り越えるのは難しいんです。
必ず2人で話し合い、助け合って乗り越えていくようにしましょう。
どんなふうにお付き合いをすれば周りに不倫バレすることなく関係を続けて行けるのか、今よりももっとお互いの信頼を強いものにする為にはどんな気持ちでいるべきかを2人で話し合ってみて下さい。

妻子持ちであることを秘密にされてはいたけれど、彼は自分のことを本当に愛してくれているし、これからの関係もきっと上手く続けていける!という自信を持つことが出来れば、それは「ショックを乗り越える力」になります。
1人きりで悩んだりせずに、自分の気持ちや意見を彼にきちんと伝えながら解決方法を探して下さいね。

むすび

不倫に限らず、恋愛のゴールは「結婚」ではありません。
一番大好きだと思える人と心から愛し合うのは何にも代えがたい幸せですし、例え立場や身分がどうであっても、2人きりでいる間は「恋人同士」であることに間違いありません。

「妻子持ち」「不倫」という言葉のインパクトばかり気にするのではなく、「彼と自分」の関係についてもっと集中して考えてみて下さい。
愛し合っている男と女の関係は、全て「純愛」です。
自分自身の気持ちや彼の愛情を見失うことなく、「純愛」を大切にして下さい。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事