不倫に溺れやすい女性の特徴と結末

女性の中には、「ダメだと分かっているのに、いつも既婚者にばかり夢中になってしまう」というタイプが居ます。
独身同士の恋愛のように「結婚」に縛られないので、恋愛そのものに集中出来るのが不倫恋愛の良いところ。
不倫を楽しんだ後、女性はどのような結末を迎えるのでしょうか?
ついつい不倫に溺れてしまう女性の特徴と、その結末をご紹介致します。

家庭に不満を持つ主婦のW不倫はHAPPY END間違いなし

不倫バレしにくく、幸せな結末を迎えられる可能性が最も高いのは、やっぱりW不倫です。
お互いに家庭があるから生活リズムも似ているし、互いの家庭を壊すつもりはないので、不倫バレへの警戒度が高く、無理なデートをしたり相手の家庭に酷い嫉妬をしたりはしません。
「家族とでは味わえないトキメキや、ドキドキ感を楽しんでいる」カップルが多く、安心安全に不倫を楽しんでいます。

不倫相手とのお付き合いを続けているうちに、家族への感謝の気持ちを再確認し、自分の家庭への愛情を取り戻すことだってあるんです。
お互いの立場を尊重しながらお付き合いが出来るW不倫はお別れの時もトラブルになりにくく、適度な距離感を維持したまま最後まで「純愛」を貫くことが出来ます。

男性に流されやすく押しに弱い女性は「理想の不倫」を楽しめる

不倫は、独身女性が既婚男性を誘うよりも、既婚男性の方が積極的に女性へアプローチをかけ、不倫関係を開始する、というパターンの方が圧倒的に多いんです。
その時ターゲットになりやすいのは、「男性に流されやすい大人しい女性」です。
無理に誘われてNOと言えなくて、「好きだ、愛してる」と愛の言葉を言われ続けて自分もなんとなくそんな気分になってしまい、なし崩し的に不倫が始まります。

一見すると既婚男性に弄ばれてしまっているように見えますが、実際はそうでもありません。
世間一般がイメージする「理想の不倫」はほとんどがこの形なんです。
既婚男性と、独身女性が期間限定の禁断の恋を楽しむ…切ないドラマのようでとてもロマンティックです。
やがて来る別れの時に女性が涙を流すことがあっても、その涙は「切なくて美しい、忘れられない恋の思い出」として一生記憶に残るものになるはずです。

不倫

気が強いギャンブル好きは略奪成功する可能性高し

恋に一途で相手に対して強気に攻めることが出来る女性は、不倫に溺れやすいのと同時に略奪成功しやすいのも特徴です。
「勝つまで続ける」というギャンブル思考は、恋愛においてとてつもない力を発揮することが出来るからです。
勝負事にハマりやすい女性は、「勝ちに向かっていく」イメージを持つことが出来るので、ネガティブにならず、「妻から略奪する為にはどのように恋愛を進めていくべきか」をしっかり考えて行動します。

彼の家庭が離婚するように周到に仕込み、また彼の心を自分に向けておく為の努力を怠りません。
恋に夢中になりすぎているように見えて、頭の中は冷静で居られるのが強みです。
不倫の略奪愛を成功させる為には、相手をひたすらに想い続けるパッションと、計画性、行動力が必要です。
不倫を始めたと思ったらあっという間に彼と妻を離婚させ、いつの間にか自分が彼の妻として幸せになっていたりします。

「恋に恋する女」は泥沼不倫一直線!?

恋愛依存症で、常に恋人が傍に居てくれないと落ち着かないし、「理想の恋愛」を追い続けるあまり妄想を彼に押し付けたり、自分の欲望を我慢できないという性格の女性は不倫を泥沼化させてしまうかも!?
不倫恋愛を良い形で続けて行くためには、相手と自分との間に「適度な温度と距離感」がなければいけません。
一方が他方のことを好き過ぎる、愛情の重さに差がありすぎる等の場合、必ずどちらかに「負荷」がかかります。

それらの摩擦が原因で関係が終わればまだ良いのかもしれませんが、「恋に恋する女」は破局を受け入れられず、ストーカー化したり不倫関係を周囲にバラしてしまう等、「マイナスの方向」に自分の力を使ってしまいます。
「私だけ不幸になるなんて許せない、どうせなら彼の家庭も道ずれにしてやる!」と考えがちなこのタイプの女性と不倫をする時は、男性は彼女の心を必要以上に傷つけないよう細心の注意が必要です。
また、女性自身も「不倫のルール」をしっかり守り、相手の負担になる付き合い方はしないよう心掛けましょう。

むすび

「不倫に溺れやすい」と言っても様々なタイプがあり、女性の性格によってその結末も全く違うものになってくるということが分かって頂けたと思います。
不幸な恋愛、ハマればハマるほど泥沼化していくというイメージの強い不倫ですが、実際はそうでもなくて「ハマりやすいからこそ不倫に向いている」というタイプの女性もいるのです。

他にも、性欲が強い既婚女性も不倫に溺れやすいですが、その場合は「セフレ以上不倫未満」で男性との絶妙な関係を楽しんでいることが多いようです。
どんな恋愛をするかは人それぞれ!他人と比べたりせず、自分らしく楽しい不倫をして、納得できる結末を迎えることが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。