不倫は純愛

「どっちでもいいよ」が口癖な既婚男性の本音を知る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これからどうする?」と聞いても「どっちでもいいよ」「なんでもいいよ」と言ってはっきりとした答えをくれない彼。

選択権を与えられるのは嬉しいけど、彼は本当にそれでいいの?実は考えるのが面倒臭くて、私に「お任せ」しちゃってるだけなんじゃないの?と感じてしまいますよね。
2人のことなんだから、私の意見だけじゃなくてちゃんと2人で話し合って決めたい、と、あなたが不満に感じるのは当たり前です。
今回は「どっちでもいいよ」口癖の彼の本音を聞き出す方法をお教え致します。

「どっちでもいい」は、彼女に決めて欲しいという意味

まず、男性が言う「どっちでもいいよ」という言葉は、「本当になんでもいい」という訳ではありません。
例えばランチを決める時に、昨日食べたのと同じメニューは嫌だし、苦手な食べ物だってあるでしょう。

しかし、そんな気持ちがあっても尚、「彼女がなにか食べたいものがあるのなら、自分も同じものを食べよう」という決意の現れが「なんでも良いよ」なのです。
つまり、本当は自分の選択肢が全くないわけではないけど、今回は彼女に決めて欲しい、というのが本音です。
決して、考えるのが面倒だから女性に丸投げしているといわけではないことを理解してあげてくださいね。

彼の本音を知る為に、質問の仕方を変えてみる

どうせなら彼の意見も聞きたい、自分だけで決めるのではなく、彼にもきちんと考えて欲しい、という時は、質問の仕方を変えましょう。
「ランチ、どうする?」「次、どこに行く?」というふんわりした質問では、彼はまた「どっちでもいいよ」と言ってしまいます。
彼に「どっちでもいい/なんでもいい」と言わせないためには、「考えさせる」ことがコツです。
考えさせるとはつまり、イメージさせるということ。

例えば、デートでどこにいくのか話し合いたい時は「次のデートどこに行く?」ではなく、「先週のデート、とっても楽しかったね!冬はイルミネーションで町中がキラキラしているから、お散歩するだけでもワクワクするよね。ねえ、次のデートはどこに行く?」と質問をするんです。
前のデートの感想を語る、つまり前回のデートを思い出すことで、「次はどんなデートをしたいか」というイメージに繋がります。
「夜景は綺麗だったけど寒かったよね、次は暖かい場所に行こうか」「前回のデートで見つけたお洒落なお店に入ってみようか」と、彼の方から具体的な意見が出るはず。
是非試してみてください。

イエス、ノーで答えられる簡単な質問を沢山する

「どっちでもいいよ」が口癖になっている男性の中には、確かに「考えるのが面倒だから彼女に一任する」という人もいます。
そんな相手に、無理に考えさせようとしても上手くいきません。
そこで、イエス/ノーや2択で答えられる簡単な質問を繰り返すことで、彼に「考える癖」をつけてもらうことから始めましょう。

「ランチ、なに食べたい?」「なんでもいいよ」「じゃあ、麺とご飯だったらどっちがいい?」「ご飯かな」「丼と定食だったらどっちがいい?」「定食がいいな」という風に、彼の頭の中を少しずつ聞いていく方法です。
こうすれば、あなたの意見と彼の意見、両方を上手く取り入れた結論が出せますし、根気よく続けていくことで、彼も「どっちでもいい」ではなく、最初から自分の考えを伝えることが出来るようになるはずです。

遠回しな言い方では伝わらない!男性には常に直球勝負

「どっちでもいいいよ」を繰り返し続けていると、いずれ2人の気持ちがどこかですれ違ってたり、誤解することがあるかもしれません。
「なんでもいいよ」という男性の言い方に不満を感じたら、まずはその気持ちを彼に伝えましょう。

「私の意見を尊重してくれるのは嬉しいけど、私もあなたの考えていることが知りたいから、一緒に考えてください」と、分かりやすい言葉で伝えましょう。
彼に対するあなたの真摯な気持ちが必ず伝わりますし、「一緒に考えて、話し合って決めていきたい」というあなたの姿勢を見て、彼はあなたへの信頼をいっそう強くするはずです。

既婚男性との恋愛を上手く盛り上げていくためには、どちらかの独りよがりになるのではなく、2人の気持ちをよく話し合いながら出来る限りすれ違うことを少なくお付き合いを続けていかなければいけません。
遠回しな言い方では男性にはなかなか上手く伝わらないこともあるので、男性に気持ちを打ち明ける時は常に「直球勝負」を心がけましょう。

むすび

女性は「言葉の言い方」「言い回し」の細かい部分を気にすることが多いですが、男性は実際それほど気にしていません。
心の中で感じたことを頭のなかで整理せずに、そのまま口から出してしまうことだってあるんです。
女性が、男性の言葉を「言い方が冷たい」「そっけない」と感じてしまうのはそのためかも。

言葉が原因でお互いの心がすれ違うことのないように気を付けましょう。
お互いの本音をしっかり聞く、という姿勢をキープすることが大事。
どんなことでも本音で話し合える、ラブラブカップルを目指しましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事