不倫は純愛

不倫中、既読スルーされやすいLINEの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手に既読スルーをされると不安な気持ちになります。
未読であれば、まだ携帯を触ってないのかもしれないと諦めることが出来ますが、内容を読んだうえでスルーしていると分かる既読スルーは、心に大きなダメージを受けます。

「何か気に障るような内容を送ったかな?」「もしかして奥さんにLINEを見られちゃったのかな?」と、心配はどんどんエスカレート。
既読スルーが原因でケンカになってしまうカップルは多いんです。
恋人にこれ以上既読スルーされないように、既読スルーされやすいLINEの特徴を学び、より返信率の高いLINEを送りましょう。

今何してる?は返信しづらい

ふとした時間、相手は今何をしてるのかな?と気になって送ってしまうLINE。
簡単な、答えやすい質問を送っているつもりかもしれませんが、「今何してる?」に対する返事は、実はとーっても難しいんです。

特に既婚者は、まさか不倫相手に「子供と遊んでるよ」とか「妻の手料理を食べてるよ」なんて返事が出来るわけがありませんし、「ぼーっとしてる」「何もしてないよ」と答えるのも内容が無さ過ぎて送るのに気が引けてしまいます。

つまらない返信しか出来ないからと、悪気があるわけではないのですがそのまま放置してしまうというわけ。
返信率を上げる為には、会話が広がりやすくなるように「今何してる?私は○○のテレビ見てるよ!」など、自分がやっていることを付け加えて送りましょう。

仕事や生活の愚痴は重い

仕事や生活の中で辛いことがあった時、恋人に愚痴を聞いて欲しい、慰めて欲しいと思いますよね。
でも、LINEでの愚痴って聞く方はとっても辛いんです。

ポンポンと画面に表示される愚痴を見ていると「いつまで続くんだろう」と鬱陶しく感じてしまいます。
愚痴を聞いて欲しいのであれば、LINEよりも電話がお勧め。
もしくは、「ちょっとツライことがあって、今度話を聞いて欲しいな…」と切なげな文章を送ると、必ず返信が貰えますので試してみてください。

uranaiadb1

中身のない長文は読みたくない

リズムよく文章を送れるのがLINEの良い所ですが、何度も携帯に通知を出すのは不倫バレの危険が高まるかもしれないと、長い文章をまとめて送ってしまう。
相手の事を気遣っているからこそですが、スマホの小さな画面で、しかもラインの小さな吹き出しに表示される長文を全部読むのは面倒です。

あまりにも長い長文は、画面を開きはしたものの「後で読めばいいや」と放置されてしまいます。
LINEで送るメッセージは、短く分かりやすく、を心掛けましょう。

なんで返事くれないの?は返事をする気がもっとなくなる
あまりにも既読スルーが続くと、「どうして返事くれないの?」「もしかして何かあったの?」「スタンプでも良いから送って」と督促をかけたくなります。
その時の気分はどうですか?
イライラして、相手を責めたい気持ちでLINEを送ってしまっているはずです。
そしてその気持ちは、必ず相手にも伝わっています。

怒っている相手にメッセージを送るのは、当然乗り気になれません。
あなたが督促のラインを送れば送るほど相手は「返信したくない」「面倒な相手だな」とネガティブな感情を募らせてしまいます。
相手からの返信が無い時は、諦めて他の事をして過ごしましょう。
どうしても返信をして欲しいときは、可愛らしいスタンプで返信をオネダリしてみたり、可愛い動物や綺麗な空の写真を送ると反応をもらえるかもしれません。

忙しい、疲れてる、タイミングが悪い

頻繁に既読スルーをされてしまうのが悩み、という方は、単純にLINEを送るタイミングを間違えている可能性があります。
相手が、返信したくても出来ない時間帯にメッセージを送ってしまってはいませんか?
仕事が終わった後でも、家族と一緒に居る時間帯や、食事中はスマホを触れない、という既婚者は意外に多いんです。

また、1人きりでいる時間でも、「映画を見ている時は邪魔をされたくない」「集中して本を読みたい」というタイプの人はLINEに気付いても返信をしません。
毎日既読スルーされてしまう、という方は、LINEを送る時間を変えてみましょう。

または、「○時頃って忙しい?何時くらいだったらLINEしてもいい?」と正直に相手に聞いてみましょう。
既読マークがついている以上、相手もLINEのことは意識しています。
1人で悩まず、素直に相談してみることで、解決する方法は必ず見つかります♪

むすび

男性は、既読マークを付けたことで「メッセージを読んだことは相手に伝わったはず」と軽く考え、返信することに拘っていない場合もあります。
既読スルーをずっと気にして不満を溜めてケンカになるくらいなら、早めに相手に気持ちを伝えましょう。

また、自分自身が「既読スルーされない内容」を送るように工夫したり努力することも大切です。
「返信したくなるLINE」であれば、相手は理由なく既読スルーしたりはしません。
LINEを上手に使って、ラブラブの不倫恋愛を楽しみましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事