不倫は純愛

「恋愛温度差」が違う彼との不倫、どうすれば上手くいく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私ばっかり彼のことを好きなような気がする…」なんてこと、よくありますよね。
彼に会いたい気持ちが大きすぎて、でも会えなくて、自分だけが空回りをしているような虚しい気持ちになってしまいます。
どんなカップルでも、「恋愛温度差がぴったり一致してる」なんてことはありません。
恋愛温度差があるカップルが長くラブラブでいる為には、どんなお付き合いを心掛ければ良いでしょうか?

連絡頻度の差を、恋愛温度差と勘違い?

そもそも、恋愛温度差とはなんなのでしょうか。
愛し合っているはずなのに、どうして「彼が私を思う気持ちよりも、私が彼を愛している気持ちの方が圧倒的に大きい」なんて思ってしまうのでしょうか。

当然ですが、愛情の形や大きさは目に見えないものです。
そこで多くの女性は、「愛情の度合い」「連絡の頻度」で測っています。
沢山連絡をくれる彼は私のことが好き、そうでない彼は冷たい、愛が足りない。
そんな風に決めつけているのではないのでしょうか。

しかし不倫恋愛だという事は関係なく、ほとんどの男性は女性ほど連絡がマメではありません。
男性と女性の「連絡頻度の差」「恋愛温度差」と勘違いしている場合もあります。

恋愛温度が低い方に合わせる

連絡が少ないだけではなく、デート中の態度やスキンシップの多さ、「好き」と言われる回数が少ないことで恋愛温度差があると感じているカップル。
この場合、ラブラブ度が低い恋人をなんとかしようと、無理矢理に迫ったり、恋愛テンションを上げさせようとしても上手くはいきません。
あなたの熱が上がれば上がるほど、付き合っている恋人は冷めてしまいます。

それよりも、無理なくリラックスしてお付き合いを継続できるよう、温度が低い恋人に合わせてみましょう。
多少ストレスを感じることがあるかもしれませんが、そこはぐっと我慢!
あなたの温度が下がることで、逆に恋人の恋愛熱が上がることもあります。

uranaiadb1

不安な気持ちを思い切って告白する

恋愛温度差の何が辛いかと言えば、「自分ばかりが恋人を愛していて、相手は自分の事を愛していないのではと不安になる」と考えてしまうことですよね。
相手は自分の事を、それほど愛していないんじゃないか…という不安は、不倫中は大きなストレスになってしまいます。
自分1人でそんな気持ちを抱え続けることに限界を感じたら、思い切って相手に相談してみましょう。

ただし、言い方には気を付けて!「どうしてあんまり連絡くれないの?私の事を好きじゃないの?」なんて、相手を責めるような言い方はダメ。
連絡をマメに出来ないだけで自分の感情を疑われてしまっては、相手はショックを受けます。
意地を張ったりカッコつけたりせず、素直な気持ちで「あんまりイチャイチャしてもらえなくて、寂しい、不安な気持ちがする」と伝えて下さい。

恋愛温度差が生まれてしまう原因の1つに「お互いの気持ちを伝え合うことが出来ていない」ということもあります。
意志の疎通がしっかり出来れば、恋愛温度差は縮まるはずです。

冷静になるために「冷却期間」をとる

恋愛温度差がありすぎて、どうしてもモヤモヤする!というカップルは、思い切って冷却期間を取りましょう。
上がり過ぎた熱を冷ます為に、お互いに少し距離を置いてみます。

相手に夢中になり過ぎて、周りのことが見えなくなってしまっているかもしれませんし、一旦気持ちを落ち着けることは必要です。
心が落ち着いたところで改めて、これからどんな風に付き合っていきたいのかを恋人と真剣に話し合ってみましょう。

温度差を受け入れる

お互いにマイペースな性格で、恋愛温度差はどうにもならないかもしれない…と思うのなら、開き直って恋愛温度差を受け入れてしまうのもアリです。
「私は恋人とイチャイチャしたいタイプだけど、彼はドライな人だから、その差は仕方ないよね」と諦めてしまうと意外に気持ちが楽になったりするものです。

決して愛情が少ないわけではなく、愛情の表現方法が違うだけだと思えば受け入れられるはずです。
恋愛温度差を気にし過ぎてどちらかが無理をするよりも、受け入れてお互い自然体でお付き合いをするように心掛けた方が結果的に上手くいきます。
今は2人の気持ちに差があるとしても、永遠にそのままではありません。
人の気持ちは時間の経過や環境によってどんどん変化していくものですので、長く付き合い続けていればいつか恋愛温度差は今よりもなくなっていきますよ。

むすび

「用事が無ければ連絡する必要はない」と考える人も多く、メールや電話がないだけで恋人の恋愛温度が低いと決めつけてはいけません。
また、自分の感情を表現するのが苦手な人も「恋愛温度が低い」と思われてしまいやすいもの。

メールや電話の内容だけではなく、実際に会って、デートしている時の態度を良く観察して相手からの「愛」を上手に受け取りましょう。
相手からのちょっとした愛情表現でも喜ぶことが出来るようになれば、上手く付き合っていけるようになりますよ。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事