既婚男性への恋!自分から告白した方がいい?待つ?

既婚男性への片想い、是非実らせて不倫をしたいと思っても、気持ちを伝えないことには始まりません。
自分から告白するかどうか悩みますよね。

「もしかしたら、待っていれば彼の方から告白してくれるかもしれない」という期待もあります。
でも男性のタイプによっては、両思いであっても告白してくれない人もいるんです。
相手男性のタイプとタイミングを見極めて、告白するかどうか決めましょう!

告白する?される?ラブラブ不倫が出来るのは

そもそも不倫恋愛において、告白するのとされるのとではどちらがよりラブラブな不倫が出来るのでしょうか。
勿論、相手男性の方から告白してきてもらった方が女性にとっては有利な点が多いかもしれません。
既婚男性が女性に告白をする時は、「この愛を、もう隠してはいられない」と思うほど熱烈な愛情がある場合が多いものです。

また、不倫恋愛の場合、どちらがお付き合いのイニシアチブを取るかというのは重要です。
既婚男性の方から不倫恋愛を申し込んだ場合は女性が主導権を握れる可能性が高いので、「自分のペースで不倫を楽しみたい」と考えている女性は告白されるのを待っていた方がいいかもしれません。

しかし、必ずしも告白されなければラブラブになれないという訳ではありません。
勇気を出して自分に告白してくれた女性には、男性は愛着が沸き、信頼を寄せます。
お互いに信じあい、長くじっくり愛情を育む不倫をしたいと思う女性は思いきって告白するのが良いでしょう。

男性のタイプによって告白してくる可能性を考える

男性の性格や考え方、また家庭の状況によって「告白してくれるかどうか」は変わってきます。

浮気や不倫に慣れていて、女の子と遊ぶことが大好きな男性は、好きになった女性には積極的に告白をします。
結婚したばかりで、友達が多く、結婚後もしょっちゅう遊びに出掛けているような社交的な彼も、不倫の恋に前向き。

お付き合いしたい女性を見つけたら、自分から告白することが出来ます。
真面目で実直、家庭のことを大切に考えている男性が告白する可能性は50%くらい。
真面目ゆえに、自分の心の奥底にある恋愛感情を隠し続けることが苦手です。

何かのきっかけや良いタイミングがあれば、告白します。
大人しく控えめな草食系男性は、自分から告白することはほぼありません。
女性から告白されるのを待っています。

あなたが好きになった男性は、どのタイプでしたか?

「告白して欲しい」サインの出し方

好きになった相手が積極的に告白出来るタイプだと分かったら、早速「告白して欲しい」とサインを出しましょう。
既婚男性は、「ダメで元々」の告白はしません。
相手も自分に気があり、両思いになれる可能性があると感じた女性にのみ気持ちを伝えます。

彼に自分の気持ちをさりげなく伝える為には、ボディタッチを増やします。
挨拶する時に優しく肩を叩く、ありがちですが「何か付いているよ」とゴミを取ってあげるふりをして体に触る、など、工夫をしながら何度もボディタッチをしましょう。

どんな男性でも、女性に触れられたらドキドキしますし、無防備に自分の体に触れてくる女性を「脈あり」だと感じるものです。
どんな男性にでも気安く触れるわけではなく、「○○さんと一緒にいる時は不思議と緊張しない」と、「特別」であることを強調するのも忘れずに。

既婚者への告白は、タイミングが命!

告白はやっぱり男性の方からしてもらいたいのが本音ですよね。
しばらくの間は「告白して欲しいサイン」を出し続け、彼が告白してくれるのを待ちましょう。
でも、彼が自分から告白しないタイプだったり、そうでなくてもなかなか告白してくれない時は、思いきって女性の方から気持ちを伝えます。

既婚男性への告白を成功させるためには、タイミングが命!
まず、彼の家庭環境をチェック。
家族の具合が悪い時や、トラブルが起きている時は彼が冷静になれないので告白は避けましょう。
仕事で忙しい時や、趣味に夢中になっている期間も「不倫」をリアルに考えることが難しい時期なのでNG。
彼自身が心身共に安定していて、不倫することを前向きに考えてくれそうなタイミングを探して下さいね。

むすび

せっかく好きになった相手なのですから、なんのアクションもせずに諦めてしまうなんてもったいない。
「あなたのことが好きだから、是非告白して欲しい」というアピールを積極的にしましょう。

相手がなかなか告白してくれないようであれば、思いきって自分から告白しちゃって下さい。
もし告白を受け入れてもらえなくても、落ち込む必要はありません。
告白は1度目よりも、2度目の方がずっと成功率が高いんです。

告白したことをきっかけで男性は必ず女性のことを強く意識するようになりますし、不倫に興味を持ってくれます。
勇気を出して告白をしなければ、なにも始まらないまま終わってしまいます。
自分の中に芽生えた恋心に気づかないふりをしたり、簡単に諦めようとしてはダメ!
自分の気持ちに正直になって、幸せを掴みとりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。