不倫は純愛

不倫デートがいつも割り勘!モヤモヤする気持ちを彼に上手に伝える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚男性とのデート代、どちらが支払っていますか?
お小遣い制でお財布をやりくりしている男性には、1度のデートでも結構負担に感じたりするもの。
ちょっとくらいだったら、支払いを手伝ってあげたくなりますよね。

でも、特に理由を聞かされていないのに毎回デート代が割り勘となると、心がなんだかモヤモヤしてしまうのも正直な女心。
デート代の割り勘について、あなたはどう思いますか?

モヤモヤするのはどうして?まずは自分の気持ちを整理する

彼のことを「ケチ!」とまでは思わないし、デート代は絶対に全額男性が出すべき!と考えているわけではなくても、いざ割り勘にされると納得できないような気持ちがしてしまうのはなぜでしょうか?
それには、女性特有の考え方が影響しているのかも。

まず、お金に対する感覚は人それぞれ違います。
同じ1000円のランチを食べるときに、「こんなにお洒落なランチなら、1000円払ってもいい」と満足できる人がいれば、「確かに見映えはいいけど、1000円払ってこれっぽっちじゃお腹いっぱいにならないよ」と不満に思う人もいます。
ようは、その代金で自分が精神的満足を得られるかどうかが、支払いをするかどうか決めるポイントになります。

「デート代を負担してくれないということは、私にお金を使うことを惜しいと思っているの?」「私への愛はそんなものなの?」と疑問を感じずにはいられません。

また、「友達は毎回彼氏に奢ってもらっているのに、私はそうじゃない」となると、なんだか友達カップルの方がラブラブなように思えてしまうことも。
お金に執着しているわけではなくても割り勘デートにモヤモヤしてしまうのは、女性なら誰でもある感情です。

uranaiadb1

割り勘デートにもメリットはある

デート代を割り勘にすることにはメリットもあります。
2人でお金を出し合うことで、単純にお財布が2つになるので、1人がデート代を負担するよりもちょっと豪華なデートが出来ます。

また、彼に支払いを任せるとなると、ちょっと遠慮してしまったり「なにかお返しをしなければいけない」というプレッシャーを感じたりしてしまいますが、割り勘であればそんな心配はありません。
「自分の分は自分で支払う」ので、彼に気を使ったり引け目を感じることなくデートを楽しめます。

もし2人がお別れすることになった時、それまでのデート代をすべて彼が支払っていたとなると、「今までさんざん金を使ってきたのに、勝手に別れるなんて言うな」と責められたり、「別れるんだったら、今までのデート代を返せ」なんて言われる可能性がないわけでもありません。
割り勘にしておけば、それらのお金のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

オゴらない男性の本音とは

既婚男性との不倫関係は、基本的に女性の方が多くのリスクを背負います。
大好きな人とせっかくお付き合いが出来ても、結婚に結びつくかは分からない。
お付き合いをしている間にもし妊娠してしまったらどうしよう、という不安がある。
等、多くの心理的ストレスを抱え、大切な時間を彼の為に消費しながらお付き合いを継続しています。

デート代くらいは、男性に負担して欲しいのが本音ですよね。
そんな女性の気持ちを分かっているはずなのに、どうして割り勘デートをするのでしょうか?

もちろん、単純にお財布の中身が寂しいから、という場合もあります。
その他では、不倫相手女性と長くお付き合いを続けていきたいから、費用を抑えるためにあえて割り勘にしていることもあります。
お金のことでトラブルになるのは嫌だし、いつか妻と離婚をする時にまとまったお金が必要になるから、その為の貯金を作っているのかもしれません。

不倫を良い形で長く続けて行きたいから、あえて割り勘にしているというわけ。
注意したいのは、女性のことを軽く見ていて、お金をケチっている男性。
愛のない男性とのお付き合いは、一度考え直しましょう。

割り勘の理由をさりげなく聞いて、モヤモヤを解消!

彼が何を考えてデート代を割り勘にしているのかが分かれば、心のモヤモヤは解消出来ます。
割り勘の理由を聞く時は、あまり深刻な雰囲気は作らずサラッと聞いてしまいましょう。

「どうしていつも割り勘なの?なにか貯金をしているの?」くらいのさりげない聞き方で大丈夫。
なんの理由もなく割り勘にしていたなら、この時「気になるようだったら、これからは俺が払おうか」と言ってくれるはずなので、その言葉に甘えましょう。

お小遣いが少ないのか何か貯金をしているのか、彼が理由を教えてくれたらちゃんと納得し、これからも楽しいデートが出来るように気持ちを切り替えましょう。

むすび

割り勘デートにモヤモヤするなんて、私ってケチな女なのかな?なんて自信を無くす必要はありません。
多くの女性はデート代を男性に負担してもらうことを心のどこかで期待しているものです。
普段は割り勘デートでも、例えば付き合い始め記念日とか、女性のバースデーデートなど特別な機会の時は是非彼に奢ってもらって下さいね。

「お金を出す=愛」というわけではありませんが、特別な日のデートはやっぱりおもてなししてもらいたいもの。
彼にデート代を奢ってもらったら、必ず丁寧にお礼を言いましょう。

デートを楽しむこと、そしてしっかりお礼を言うことは、奢られる側のマナーです。
彼とのラブラブデートを楽しんで下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事