不倫は純愛

どうして止められないの?女性が不倫を続ける4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫はリスクが大きいし、ずっと付き合っていても相手と結婚出来る可能性は低いかもしれないし、不倫バレしないように神経を使うのは本当に疲れるし、辛いことも多いのに、なぜ止められないのでしょうか。

実は、不倫をやっている当人達も、「止めた方がいいと分かっているのに、どうしても止められない、何故か別れられない」と不思議に思っています。
恋人と離れられないと感じるのは当たり前のことですが、「ダメだと分かっているのに止められない」不倫恋愛ならではの理由について考えてみましょう。
一度ハマると抜け出せない、不倫恋愛の特別な魅力が見つかります。

「不倫のスリル」から得られる興奮を忘れられない

相手の家族や周囲の友人達から隠れて、2人でこっそりメールをしたり、デートで抱き合うドキドキ感。
背徳感やスリルがあって、普通に抱き合うよりも何倍も興奮します。
ルールを破って悪いことをし、ドキドキしたけど楽しかった!という経験は誰にでもあるはずです。
スリルから得られる興奮は、1度味わうと忘れられません。

不倫をおしまいにして、今度は不倫ではない恋人を作ったとしても、「なんだか普通でつまらない」「楽すぎて退屈」と思ってしまうんです。
一度でも不倫を経験すると、不倫をすることの罪悪感や抵抗は徐々に薄れ、ワクワクや興奮を求める気持ちが強くなっていきます。
不倫をすると、他の恋愛では満足出来なくなってしまうんです。

恋人を失うのが怖い、寂しいと感じる

不倫なんて止めなくちゃいけないと思っていても、いざ本当に恋人とお別れすることを真剣に考えてみると不安になります。
手間もかかるしリスクがあるし、決して簡単ではない不倫恋愛なのに、不倫をしていない自分、恋人と別れて1人きりになった自分を想像すると、とても孤独で寂しい気持ちになってしまうんです。

不倫恋愛が楽しくて充実しているほど、この感情は強くなります。
不倫相手と別れることを決めたとしても、不倫中の楽しかった出来事を思い出し、すぐに復縁します。
同じ人と何度も別れたり付き合ったりを繰り返すことも。
不倫は特別なトキメキと興奮が得られる恋愛です。
過去の思い出を美化する癖がある人が、特にこのタイプに当てはまります。

特別な自分でありたいという欲求がある

「不倫」という他の人とは違う、特別な恋愛をしている優越感に酔うタイプの女性もいます。
誰にも言えない関係ではありますが、「奥さんがいる男性を虜にしている」「結婚後も男性にモテる」という事実は女性の気分をアゲます。

自分がまるで物語の主人公になったような感覚を得ることが出来るんです。
ネガティブな方向では、「悲劇のヒロインになりたい」「辛い恋愛をすることで可哀想な自分になりたい」と考えている場合も。
このタイプの女性は「他人から自分がどう思われているか」に固執し、か弱く、頼りない女だということをアピールして手軽に周囲の気を引きたい、構ってもらいたいと思っています。

不倫恋愛ではわざと「もう別れる」「愛されている自信が持てない」などと言って、不倫を終わらせたいように振る舞って男性の愛を試すことがありますが、実際は男性への依存度が高く、不倫を止められません。
自分本意でわがままな不倫をし、相手を振り回すことのないように注意しましょう。

略奪愛に憧れる

人のものと自分のものを並べて、どちらがより優れているか見比べてしまう癖がある人は不倫をなかなか止められません。
男性への愛があるからというよりも、「相手の奥さんから旦那を奪い取ってやりたい」という闘争心が強くなるので、略奪成功するまでは不倫を卒業しません。

元々自分に自信がある性格ですが、不倫をすることで「既婚男性も私に夢中になる」「あの奥さんよりも私の方が優れている」と実感して、より自信を強めます。
男性や不倫への依存度はそれほど高くなく、色々な恋愛に挑戦してみたい、自分の可能性を試してみたいという強いパワーをもつ女性です。

むすび

不倫は女性のさまざまな欲求を満たしてくれる恋愛だということが分かって頂けたと思います。
不倫を止められない理由は人それぞれですが、不倫恋愛をすることで、どこか自分の心が満たされたり、理想の自分に近づくことが出来ています。
自分の心を満たしてくれる関係ではあるけれど、不倫は許されないことだから早く清算しなくちゃいけない、もしバレたら大変なことになるから、その前になんとかしなくちゃいけない、と焦る気持ちになることがあるかもしれません。

でも、「別れなくちゃいけない」という曖昧な感情で相手を振り回してはいけません。
不倫関係を永遠に続けるのは実はとっても難しいことで、どんなカップルもいずれ何らかの形でゴールを迎えます。

今焦らなくても、不倫の終わりは自然に訪れます。
不倫は、出来る時に思いっきり楽しんでおくべき。
「止めたくても止められない」なんてマイナス方向に考えるのではなく、自分にとって不倫が楽しい理由はなんなのか、不倫恋愛のどこに魅力を感じているのかを意識することで、より良い不倫関係を追求出来るようになりますよ。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事