既婚男性が「癒されるなぁ」と感じる不倫相手からのメール、LINE

不倫中、メールやLINEをどう使うかはとても重要です。
2人きりになるチャンスになかなか恵まれない不倫カップルの場合、メールやLINEで連絡を取り合って話をするほうが、デートの時間よりずっと長いということもあるでしょう。
不倫相手を喜ばせ、「不倫をしていて本当に良かった」と思ってもらうためには、メールやLINEを上手に利用し、相手が癒される内容を送りましょう。

心の中を見抜いているような内容

「この人を恋人に選んで良かった!」と感じるのはどんな瞬間でしょうか?
それは、自分が愛されていると実感出来た時、つまり相手と自分がしっかり通じあっていると感じた時です。
そこで、メールやLINEを自分に「都合の良い時」「送りたい時」に送るのではなく、たまには恋人の気持ちに寄り添った内容を「相手に合わせたタイミング」で送るように工夫しましょう。

具体的には、相手の日頃の様子を観察し、暇そうに見えた時に「構って欲しいな」と送ったり、忙しそうな時は連絡を控え、機嫌が良さそうな時は「今日はいつもよりなんだか素敵に見えます」など、恋人が「自分の気持ちを見抜かれている」と感じるようなメッセージを送ることです。
気にかけてもらえていることを実感し、嬉しい気分になります。

落ち込んでいる時の素早いフォロー

相手が落ち込んでいるように見えたり、体調が悪そうに見えたら、すぐに励ましメールを送りましょう。
難しいことは考えずに、「大丈夫?」「辛そうなので心配です」など、簡潔に気持ちを伝える一言だけでOK。

「どんな風に慰めよう」と考え過ぎて時間を開けてしまうよりも、タイムリーに相手の気持ちを支えようとすることが重要です。
相手が愚痴や弱音を言いたいようであれば、思いきり吐き出させてあげましょう。
言葉をかけるだけではなく、聞き役に回ってあげるのも恋人としての重要な役割です。

気分転換をさせてあげる

相手がイライラしていたり、機嫌が悪そうに見えている時、どう接して良いか分からずに見て見ぬふりをしてしまったり、なんのメッセージも送らないというのはいけません。
イライラしている様子の相手にこそ、あえて明るく接し、相手の気分転換をさせてあげましょう。

「この前のデート、とても楽しかったですね!来週から公開の映画、もし都合が会えば一緒に行ってもらえたら嬉しいです」など、気分転換になるような楽しい予定に誘ってみると喜んでもらえますよ。

不倫

いつでも止められる、重くない短文

何も用事がない時にメールやLINEを送るのは難しいですよね。
相手にとって重荷にならず、逆に癒されるようなメッセージを送りたいけれど、なかなか思い付くものではありません。

そんなときは、長文ではなく単文で、相手のタイミングで返信出来る軽い内容のメッセージを送りましょう。
「今日、会社の自動販売機に新しいコーヒーが入っていたので飲んでみました。とても美味しかったので、○○さんも今度試してみて下さい。」
等、いつ返信してもよくて、それでいて自分のことを気遣ってくれるメッセージには心が癒されます。

返事がないからと言って何通も連続で送ったり、返事を督促してはダメ。
送る内容が何も思い付かないときは、「おはようございます、今日もお仕事頑張りましょう!」「おやすみなさい、1日お疲れ様でした^^」等の挨拶メールでも大丈夫。
恋人から朝晩に来るメールに、男性は安心感と癒しを得ることが出来ます。

相手の気持ちに寄り添う言葉

メールやLINEで愚痴を吐き出している恋人の心を癒すには、自分の意見を押し付けてはいけません。
あくまで相手の話を聞くことを目的として、返信は基本的に「分かるよ」「そうだよね」「それで、どうなったの?」と、相手がメッセージを続けやすいような相づちを送りましょう。

直接会って話をしていれば表情や仕草で気持ちが伝わりますが、メールではそうはいかないので、しっかりと返信することが重要です。
相槌がなくなると「会話が終わってしまった」「もう読んでくれていないのかな」と相手をがっかりさせてしまうかもしれないので、マメに返信してあげて下さい。

ラブラブメールはメリハリをつける

相手ともっと親しく、ラブラブになるためにメールやLINEを上手く利用しましょう。
しかし、ずっとイチャイチャメールばかりを送り続けられると、男性は鬱陶しいと感じ始めてしまいます。
ラブ4割、日常6割が黄金比率。
メリハリをつけたやり取りを心がけ、相手を飽きさせないようにしましょう。

むすび

メールやLINEを使う時は、不倫バレをしないように徹底的に気をつけましょう。
名前やアイコンを偽装するのは勿論、通知は切る、読んだらすぐ消す等の工作をしておくのは当たり前です。
不倫バレしそうだと1度でも不安になってしまうと、恋人からの着信を「怖い」と感じるようになってしまいます。
そうなったら、癒しどころではありませんよね。

不倫バレ対策をきっちりとって、相手がメールを欲しがっているタイミングを見抜いて、あなたらしいメールを送信しましょう。
不倫相手を癒してあげる、最高のメッセージを沢山送ってあげて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。