このまま不倫相手で終わるなんて嫌だ!奥さんよりも愛される方法が知りたい

現実的には、不倫カップルは成就するよりも残念ながらいずれお別れを迎えるカップルの方が多いものです。
しかし、叶わない恋だとしても、大好きな彼の事をそう簡単に諦めるなんて出来ませんよね。
何とかして彼の奥さんよりも愛されたいと考えるのは当たり前のことです。

しかし、彼の妻と美しさや優しさ、主婦力や金銭力の「スペック」で張り合っても仕方ありません。
女性は結婚する時、相手の条件やスペックを重視するものですが、男性は「愛情」を一番に考えます。

「自分の妻としてより相応しい女性」とではなく、「ずっと愛していける女性」と結婚したいと望むのが男性なのです。

大切なのは、奥さんよりも強く情熱的に彼に愛される事。
自分と奥さんのスペックを比べるのではなく、「愛され度」を高めることを目標にしましょう。
彼に、より愛される女性になる為の基本テクニックから応用編までをご紹介します。

嫉妬やイライラは愛を遠ざける

いくら奥さんに勝ちたいと言っても、無理に張り合ったり、嫉妬心を丸出しにしてはいけません。
嫉妬をする女性は、男性にとって鬱陶しいものなんです。
彼の家庭を壊そうとするのではなく、彼の方から自主的に家庭を手放すように仕向けなければいけません。

その為には、まずはイライラするのを止め、どんな時でも余裕がある様に振る舞いましょう。
単純なことではありますが、幸せな瞬間を沢山積み重ねることで彼とのラブラブ度は増していきます。

ムッとした顔の女性よりも、ニコニコとした笑顔の女性の方が魅力的なのは当たり前のことです。
どんなデートでも精一杯楽しみ、恋人と一緒に居られることを目いっぱい喜びましょう。

恋の駆け引きはマスト!「押した」あとは必ず「引く」

彼に好かれたいからと言って、しつこくアピールし過ぎてもいけません。
グイグイ系のアピールばかりでは男性が疲れてしまいますし、「愛される」ことに慣れて女性を追いかけることを止めてしまいます。

恋愛には積極さが必要ですが、「強気な性格に見えて、実は控えめで奥ゆかしい」女性が一番男心をくすぐります。

男性を無理矢理コントロールしようとするのではなく、思い切り甘えたり、少しつれなくしてみたり、甘辛のバランスを常に意識して、彼が追いかけたくなる女性になる様に心掛けましょう。

奥さんよりも彼を愛しているという覚悟を見せる

「奥さんよりも愛されたい」という気持ちは、照れたりせずに彼に素直に表現するべきです。
「もっと私を見て欲しい」「奥さんよりも愛されたい」と本気の愛を見せつけちゃいましょう。

男性は女性からの「本気の愛」に弱いもので、自分を愛してくれる女性には冷たく出来ないものです。
貴方の事を一生愛します!と告げることで、きっと彼の心を動かすことが出来ます。
彼の失敗や裏切りすらも許してあげる、一途な気持ちをアピールして下さいね。

「泣き技」で彼の心をゲット

女性が男性の心をゲットする為の一番の武器と言えば、「涙」です。
涙を効果的に使って、男性のハートを揺さぶりましょう。

積極的に泣きたいのは、感動する出来事があった時、彼に何かしてもらって嬉しかった時、彼に会えなくて寂しくなってしまった時です。
彼とのデートで本気で嬉しいことがあった時は、感謝の気持ちも込めて涙を一筋流してみましょう。

嬉しい時に流す涙はキラキラと輝いて美しく、女性の純粋さと可憐さを表します。
泣くほど喜んでくれるあなたの姿を見て、彼は「もっと喜ばせたい」「何かしてあげたい」と思うはずですよ。

彼となかなか会えなくて、寂しくて辛い時も、我慢せずに泣きながら気持ちを伝えましょう。
「泣くほど辛い思いをさせてしまった」と彼に罪悪感を与えることが出来ますし、「それほどあなたの事を想っている」という本気の愛が伝わります。

涙を我慢して強がる女性よりも、ちょっと頼りなくて泣き虫なか弱い女性の方が男性の庇護欲を掻き立てます。
泣く時は涙をボロボロと流してしまうと男性が慌ててしまうので、2、3筋の涙がそっと流れるくらいが理想です。

いつまでも泣き続けると、男性が女性を泣かせた悪者のように見えてしまい、男性を困らせてしまいます。
少しだけ涙を流し、後は潤んだ瞳を彼に見せながらお喋りをすると効果抜群です。

むすび

結局のところ、女としてどれだけ愛してもらえるかが不倫成就の鍵となります。
子供がいるとか、地位や立場があるなど、離婚しづらい条件があるとしても、妻よりも不倫の恋人の方を本気で愛してしまった男性は、離婚をせずにはいられません。
本物の純愛で結ばれたカップルには、必ず幸せな結末が待っているものなんです。

彼の心を自分に向かせようとするあまり、独りよがりになってしまったり、自分の気持ちを押し付け過ぎて彼を困らせたりすることの無いように気を付けて下さいね。
自分自身の事を客観的に観察して、彼にとって魅力的な女性になれているか、彼の気持ちがしっかりと自分に向けられているかどうかを常にチェックして下さい。

「不倫の恋人」で終わるのではなく、彼の一生のパートナーとして寄り添うことが出来るように、もっともっと愛される女性になりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。