不倫は純愛

私って重い!?不倫恋愛依存度チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、男性よりも女性の方が恋愛依存症にかかりやすいと言われています。
不倫に限らず恋愛に依存するというのは、恋人である異性の事を必要以上に求め、まるで相手が自分の一部であるかのように思い込むなど恋人そのものに依存してしまったり、セックスが無ければ愛を感じることが出来ない、不安になってしまう、などセックスに依存してしまうという意味です。

愛情がある以上、相手の事を大切に思うのは当たり前のことではありますが、依存が強くなりすぎると、お互いの生活に悪い影響を及ぼしてしまいます。
不倫を楽しむのは良いことですが、相手や自分の負担になるような依存は止めましょう。

あなたとあなたの恋人は、大丈夫ですか?
不倫依存になってしまっていないか、チェックしてみて下さいね。

恋人以外の人と出掛けるのは、時間とお金が勿体ないと感じる

友人や家族と出掛ける時に、「このお金で彼とデートしたかった」「こんな暇があるなら、彼にメールを送りたいのに」と思ってしまうことはありませんか?
自分の生活や周囲の人間を差し置いて、何よりも不倫相手を優先してしまうのは、相手に強く依存している証拠です。

自分磨きの為にお金を使ったり、友達とリラックスした時間を過ごすことも、自分の為に必ず必要な事。
魅力的な人間になる為には、恋人以外の人との出会いや時間も大切にしなければいけません。

「自分の全て」を不倫につぎ込んでしまうことの無いよう、感情をコントロールしましょう。

相手を本当の意味で支えられるのは自分だと思っている

弱気な態度を見せたり、不安定になっている恋人を見て、一層愛しさが増したり、「この人を救えるのは私だけだ」と本気で考えた事はありますか?

「彼には私が居ないとダメ」「私だけが彼に必要」なんて考えるのは、ちょっと行き過ぎです。
依存し合うような関係は、絶対に長続きしません。
お互いに自立し、きちんとした社会生活を送れる人間でなければ不倫は出来ないんです。

恋人の事を「悪い男」だと思うのに、どうしても離れられない

人間、誰しも欠点はあるものですが、あなたの恋人はいかがでしょうか。
誰がどう見ても「酷い男」だし、自分でも別れた方が良いと心のどこかで感じているのに何故か別れられない…なんてことはありませんか。

金銭トラブル、暴力、二股、酷い嘘などを繰り返され、その度に心も体もボロボロになってしまい、「別れた方が楽になれる」と思うのにそれでも離れられないというのは、心と体が彼、もしくは不倫そのものに依存してしまっているからです。

不倫相手と距離を取って他の男性と付き合ってみたり、一旦不倫をお休みして友達と遊ぶ時間を多く作るなど気持ちをリフレッシュしてから、改めて恋人と向き合ってみましょう。

「不倫は絶対にダメ」と言われるとイライラする

自分が不倫恋愛をしていることを受け止めてくれる人は、なかなか周りには居ないものです。
芸能人の不倫ニュースや、不倫映画等が話題に上がった時、「不倫するなんてあり得ない」「不倫男は皆ゲス!」と友達が言っているのを聞いて、あなたはどんな気分がするでしょうか。

イライラして悲しくなり、つい「そんなことないよ、不倫は純愛なんだよ」「でも、本当に好きなら不倫だっていいんじゃない?」と言い返したい!と思ったことはありませんか?

考えただけなら良いのですが、実際にその場で言い返してしまった!という人は不倫依存度がかなり高めです。
自分が不倫にのめり込みすぎているから、「言い返したい」欲求が我慢できないほど盛り上がってしまったんです。
依存を抑え、相手の話を聞き流す冷静な気持ちをキープしましょう。

uranaiadb1

セックスが無いと、愛されている実感を得られない

不倫相手の恋人とデートをして、セックス無しで家に帰されそうになった時、あなたはどう感じるでしょうか。
セックス無しのデートを物足りなく感じたり、飽きられたのかと不安になった方は、どうしようもなく不倫に依存してしまっているかもしれません。

セックス中、彼が自分で気持ちよくなってくれているのか不安で、自分が気持ちよくなることに集中出来ない…と思ったことがあるのではないでしょうか。

また、恋人が喜ぶなら、生でセックスしても良いと考えていたり、生セックスをしてもらうためにピルを飲んでいる、なんてことはありませんか?

セックスで相手に尽し過ぎてしまうのは、愛されているかどうか、常に不安に思ってしまうから。
相手からの「愛」に飢えるのは、不倫相手に強烈に依存していることが原因です。
彼と積極的に会話をし、セックス以外の方法で「愛されている実感」を探してみることから始めましょう。

むすび

依存してしまう程相手を強烈に愛してしまうのは、「愛され続けたい」という気持ちが強すぎることが原因です。
「愛される」ことが心地良く、癒しや安心感を得られると思うようになると、「もっともっと愛されたい!」「ずっと愛されたい!」と思い、依存が始まります。

恋人に愛されたいと願うのは当たり前のことですが、自分自身や、自分の大切なものを犠牲にしてまで不倫にのめり込まないよう注意して下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事