不倫は純愛

不倫のお付き合いから「ツライ・苦しい」を無くす3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫を始めたばかりの頃は、憧れの人と結ばれたことに気持ちが舞い上がり、メールが1通届くだけで心が弾み、デートともなればその度に天にも昇るような幸福を感じていたはずです。

初めは楽しかったはずなのに、お付き合いが続いて行くうちに「望み」「理想との矛盾」が出て来て、「不倫は辛い」と感じるようになってしまいます。
普通の恋愛をしていても様々な悩みやトラブルは尽きず苦しむことは多いのに、大好きな人と自由恋愛が出来ない不倫が「もっと辛い」のは当たり前。

これからも不倫を続けて行くために、自分の心を苦しめる「辛さ」を少しでも失くし、忘れる工夫をしましょう。

どうして不倫はこんなに辛いのか

「辛さ」に立ち向かう為には、まず「何が辛いのか」「辛さの正体は何なのか」と冷静に分析しなければいけません。
不倫の辛さはどんなところにあるのか、改めて整理してみましょう。

まず、不倫をしていて一番の悩みは「会いたい時に会えない」という部分でしょう。
会えないどころか、メール1通送るのにも気を遣ってしまいます。

次に、恋人を自分のモノに出来ない切なさ、もどかしさ。
相手もしくは自分に家族が居る以上、2人が世間的に結ばれる事はありません。
結局は家族優先で、自分との関係は二の次。
不倫である以上それは仕方ないと分かっていても、やはり「愛する人に、一番に愛されたい」と望むのは当然の気持ちです。

そして最後に、「ゴールが無い」という辛さ。
不倫を長く続けたとして、結局2人の関係は何か変わるのか?そして、いつか不倫関係が終わった後、2人の間に何か残るの?何のために不倫をしているのか分からない、という「向かうべきゴールが分からない」という不安が、大きな悩みとなってあなたの心を重くしているはずです。

今回は特にこの3つの辛さを無くす方法をアドバイス致します。

とにかくマメに連絡をする

「会えない」切なさと、「フラれてしまうのでは?」という不安で苦しむ心を救うことには、とにかくマメに連絡を取るしかありません。
メール1通、LINEメッセージ1つ等、短くても良いから、出来れば毎日連絡を取ることでメンタルは安定します。

付き合い始めの頃は、少しでも時間やチャンスがあれば恋人と甘いメッセージを送りあっていたはず。
その頃と比べてメッセージのラブラブ度が下がってしまったことも、あなたの心を苦しめている原因の1つです。

しかし、例えメッセージのラブラブ度が下がってしまっても、毎日1言でも良いから心がこもったメッセージをもらうことが出来れば、「繋がっている」という安心を感じることが出来ます。
「どんなに短くても良いから、心を込めたとっておきのメッセージを、毎日1通は送りあおうね」と約束してもらいましょう。

恋人を「他人」だと理解する、期待し過ぎない

相手が自分のモノにならなくて辛い、と感じる人は、「恋人を独占したい」「恋人=自分の全て」だと思い込む気持ちが強い傾向にあります。
「私はこんなに寂しいと思っているのに、彼は平気なの?」
「私がこんなに辛いのに、どうして分かってくれないの?」
こんな風に、自分と相手の気持ちがイコールでないことに納得できないタイプです。

大前提として、恋人と自分は全く違う人間であることを改めて認識しましょう。
自分の願いが、同じように恋人の願いだとは考えない事。
「恋人だから○○してくれるはず」「愛しているなら○○してくれるはず」と、勝手な期待をするのも止めましょう。

男性にとって、「○○なはず」と期待されることは「重い」んです。
恋人から嬉しいメールやプレゼントをもらった時に「恋人なんだから、これくらいしてくれて当たり前」と思うのではなく、「彼から、愛のサプライズだ!」と考えるようにして下さいね。

uranaiadb1

「潮時」の条件を決めておく

不倫のゴールが分からなくて辛い、自分達の恋愛がどうなるのか分からなくて不安、という方は、「不倫の潮時」をあらかじめ決めておきましょう。

不倫にハマり過ぎている人は、「この恋こそ私の人生」と思い詰めてしまいがちですが、不倫に限らず、「恋愛」は人生の全てではありません。

不倫にはゴールがありません、だから、自分で決めるしかないんです。
例えば普通の恋愛でも、「30歳になっても彼がプロポーズしてくれなかったら、別れよう」とか「遠距離恋愛になったら耐えられないから、サヨナラしよう」「別れのキッカケ」を決めることがありますよね。

同じように、「何が起きたら不倫を止めるのか」を決めておきましょう。
例えば、「来年の私の誕生日までに彼が離婚してくれなかったら、別れる」「奥さんに不倫を疑われたら別れる」「奥さんが妊娠したら別れる」
もしくは不倫と並行して合コンや婚活をして、「彼以外の恋人が出来たら別れる!」と決めておくのも良いですね。

「いつまでこの関係を続けるのか」をハッキリさせておくことで気持ちは楽になりますし、別れたくないと2人が本気で思うのであれば、離婚話を進めるきっかけにもなりますよ。

むすび

自分の心の中にある「辛さ」を何とかしたいと思った時、相手に頼ってはいけません。
自分自身の気持ちは、自分の力で決着をつけるしかありません。
相手に振り回されたり、運に頼っているようでは、時間が経ったら結局まだ同じ「辛さ」を繰り返すことになります。

不倫を続ける以上、「辛さ」を完全に無くすことは出来ないかもしれません。
でも、「辛さ」を上手に受け流しながら、それ以上に沢山の「幸せ」を見つけて、楽しみながら不倫を続けて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事