誘ったもん勝ち!?既婚男性が「今すぐベッドイン」したくなるエッチの誘い方

エッチがしたくなるのは男性だけではありません。
女性も勿論「今夜は彼とシたい」「エッチしてほしい」そう思うことはありますよね。

しかし、エッチのお誘いというのは女性からはなかなか言い出しづらいもの。
直接「抱いて下さい」と言うのが一番良いのかもしれないけれど、その一言がなかなか言えない…。

自分から誘って、もし断られたらその後気まずくなってしまいそうだし…。

でも大丈夫!このページを読めばそんな悩みは吹き飛んでしまいます。
今夜是非使ってみて欲しい、「絶対に断られないエッチの誘い方」教えます。

不倫エッチなら、女性から誘うのも全然アリ!

既婚者である彼を、自分から誘うのはやっぱりダメ?
女性からベッドに誘うなんて、はしたないと思われるかも。

なんて思っていませんか?

そんなことは全くありません。

むしろ家庭がある分、既婚男性の方からこそ誘いにくいものなのです。
「奥さんがあるくせに、なんて思われないかな?」と彼も気にしています。
女性から誘ってもらうことで、彼は「待っていました!」とばかりにがっついてくるかもしれません。

不倫

男の人はやっぱり鈍感、遠回しな誘い方では通じないかも…

とは言ったものの、遠回しな言い方ではなかなか分かってくれないのが男性。
私の友人が、彼を誘うつもりで、ラブホテルの前で「なんだか今日は疲れちゃったなあ…」と彼の袖を引っ張りながら言ってみたのですが、彼は「疲れるほど連れ回してゴメンね、今日はもう帰ろうか!」とその場でタクシーを呼んでしまったそうなのです。

ラブホテルの前まで行っておいて、まさか!と思うかもしれませんが、実話。
男性はそれほど鈍感なのです。

セクシーなファッションで彼の視覚を刺激

彼をベッドに誘うなら、直接的な表現が一番!
特に、普段あまり肌を露出させる服を着たことが無い方が行うと効果は抜群です。

思い切り胸が開いた服を着て、胸元をちらつかせながら、「今日、一番セクシーな下着付けて来たんだ♪」と一言。

または下着のラインが見えそうなほどタイトなスカートを履き、彼にお尻を見せて「ライン見えてない?」等と無邪気に聞いてみましょう。

少し恥ずかしいと思っても、勇気を出して!

これくらいしないと、相手には分かってもらえないかもしれません。
でもあまり刺激的にし過ぎると、その場で押し倒されてしまうかもしれませんので、アピールの場所には気を付けて…!

不倫

お酒は不倫の強い味方

まだ不倫を始めて日が浅く、彼が不倫エッチに対して罪悪感があるようであれば、ここは1つ「お酒の力」を借りましょう。

「酔ってしまった」という言葉は、不倫カップルにとって強い味方です!

「酔い過ぎちゃった…ちょっと休憩しよう?」とラブホに誘い、「酔っちゃったから勢いで」と言い訳をして彼を押し倒してしまっても全然OK。

彼の方も、「お互い酔っぱらっちゃったんだから、仕方ないよな」と自分の行為に言い訳をすることが出来ます。
一線を越える為の勇気がなかなか出ない…という2人には、お酒が強い力になってくれますよ!

彼が「したくなる」ボディタッチとは?

言葉でオネダリするのはなんだか恥ずかしい…と思うのなら、ボディタッチがお勧め。
でも、むやみやたらに触ればいいわけではありません。

効果的なのは「首筋・二の腕の内側・腰・太ももの内側」です。
具体的には、彼の肩に寄りかかるようにして体を密着させ、彼の耳元で囁くように話をすると一撃です。

横になれる2人きりの場所に居るなら、膝枕をお願いして彼の足をさすったりするのもOK。

しかし、ここでも男性は鈍感なことがあります。
ちょっと触っただけでは分かってくれないかも?すぐには諦めずに、彼に優しく語り掛けながら、そっと撫で続けて下さいね。

不倫

言葉はナシ!キスでエッチをおねだり

エッチを誘うキスとして一番効果的なのは、当然ディープキスです。

「あなたが欲しい!」という熱い思いを込めて彼にキスをすれば、もうそのままベッドになだれ込むこと間違いなし。
この場合はほとんどタイミングなんて関係ありません。

あなたがシたいと思ったタイミングで、彼にディープキスを迫ってみましょう!
でも、自分からディープキスなんて勇気が出ない…という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にお勧めなのは「耳へのキス」です。
女性と同じように、耳が性感帯と言う男性は多いもの。

彼に抱き着きながら、チュッチュとリップ音を混ぜながらキスをしてみて下さい。
あっという間に彼もその気になってしまうでしょう。

むすび

いかがでしたか?
あなたが試してみたい方法はありましたでしょうか。
ここに紹介した方法は、どんな男性でも効果的だと思いますので、あなたが「これなら出来るかも!」と思う方法を是非試してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。