好きなのに疑ってしまうのはどうして?不倫相手を「信じる心」を強くする方法

あなたは、恋人の事を100%信じていると自信を持って言えますか?
恋人は絶対に自分に嘘を吐かないし、世界で一番自分の事を愛してくれているし、彼が他の女性に目移りするなんてあり得ない!と心の底から思っていますか?

自分が彼に親愛を捧げているように、彼も自分と真摯に向き合ってくれているはずだと、誰だって信じたいものです。
しかし実際は、恋人の事を考えれば考えるほど疑わずにはいられません。

「奥さんと家庭内別居状態だって言うのは、本当?」「週末、奥さんとエッチしたんじゃないの?」「エッチなお店に遊びに行ってるんじゃないの?」等々、彼のことが好きなのに疑わずにいられないのは何故でしょう。
恋人の事を信じ、もっとリラックスして恋愛を楽しむ為の方法をお教えいたします。

好きだからこそ疑わずにはいられない!複雑な女心

大嫌いな相手ならともかく、心の底から大好きな相手の言うことを信じられず、ウザがられると分かっているのに疑ってしまうのはどうしてなのでしょうか。
「本当なの?」「嘘を吐いているんじゃないの?」なんて思う程、自分自身は苦しくなるし、疑われた恋人も嫌な気持ちになってしまいます。

しかし、好きな相手の事を疑わずにはいられないのは、当然の女心!
興味がない相手のことならいちいち考えたりしませんし、「浮気をしているかも」なんて不安に思うこともありません。

相手の事が好きで、「独占したい」「この恋を叶えたい」と思うからこそ、ライバルの出現や彼の心変わりを不安に思って疑ってしまうんです。
「好き」と「疑う」感情は、心の中に常にセットで存在しています。

そもそも不倫相手の事を信じるのは無理!?

そもそも、「不倫」というお付き合いをしている以上、相手の事を完全に信じるのは無理です。

既婚者とお付き合いをしていると特に、「自分の家族を裏切って、外に恋人を作るような人なんだから、自分もいつ裏切られるか分からない」「本当に誠実な人なら、離婚をしてから新しい恋をするはず」と思わずにはいられないからです。

「家族に対して不誠実な人だ」「奥さんを騙している」と分かった上で恋をしているのですから、いつ自分が「騙される側」に回るのか心配になってしまうのは仕方のないことです。
疑うという感情を無くそうとするのではなく、「疑う」という気持ちよりも「信じる心」を強くすることで上手くバランスを取りましょう。

「信じる心」の作り方

「信じる心」を強くする為の具体的な方法をご紹介いたします。
当たり前ですが、「彼を信じる!」と自分に強く言い聞かせるしかありません。

自分自身に暗示をかける、と言っても良いでしょう。
他人とお付き合いをしていれば、疑いたくなったり、「信じられない」と思うような出来事に直面するのは良くあることです。

そんな時に、「もしかして?」とか「嘘を吐いているんじゃないの?」と思うのではなく、「彼が嘘を吐くはずない」と強く心に念じて下さい。
彼の言っていることを疑ったり、「騙されているかもしれない」という心配する気持ちは、心の中に置いているだけでどんどん大きくなってしまいます。
他人のことは、信じるよりも疑う方が簡単かもしれません。

しかし、「疑う」というのは相手と自分を苦しめる行為です。
「嘘を吐かれているかもしれない」と不安になると悲しみや苦しみを感じますし、疑われた方も嫌な気持ちになります。
勝手な思い込みで不安になるよりも、強い気持ちで彼の事を信じてしまった方がずっと楽ですし、2人の結びつきを強くします。

恋人の愛情を確かめる方法

恋人の事を信じる為には、「愛されている」という自信を持たなければいけません。
恋人から真剣に愛されているという確信があれば、「彼が私に嘘を吐くはずがない」「愛し合っているんだから、嘘を吐く必要なんてないはず」と思うことが出来ます。

恋人の愛情を確かめたいと思ったら、まずは愛情をきちんとした言葉で伝えてもらいましょう。
不倫の恋人達は2人の関係に罪悪感があり、「愛しているよ」「好きだよ」とはっきり言葉で出すことを躊躇ってしまいがちです。

しかし、「気持ち」というものは目に見えないものですから、やはり言葉にして表現してもらわなければ上手く伝わりません。
照れたり恥ずかしがったりすることなく、たまにはちゃんと言葉に出して気持ちを伝え合って下さいね。

どうしても愛情を言葉にしてくれない恋人には、逆に相手を不安にさせることで愛情を確かめてみましょう。
プチ音信不通になってみたり、既読無視をしてみたり、恋人以外の異性と親しげに話すなどして恋人の反応を伺って下さい。
きっと慌てて、愛情を示してくれるはずですよ。

むすび

恋人の事を疑ってしまうことを悪いことだと思う必要はありません。
好きだからこそ気にしてしまうし、不倫恋愛なのだから不安になるのは当たり前のことです。

しかし、「疑う」というのは恋人同士である2人、どちらにとっても負担のかかる気持ちです。
疑うよりも信じてしまった方がずっと楽だし、恋愛を楽しめるようになりますよ。

折角の恋愛なのですから、楽しまなければ損です。
彼からの愛情を沢山感じて、幸せな不倫をして下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。